liquid仮想通貨取引所の評判・口コミ!登録から入金方法・手数料まで徹底解剖【2022年7月最新】

結論!仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめです!
コインチェック
  • 最短1日で口座開設可能!
  • 仮想通貨は500円から買える
  • 取扱通貨数は18種類!色々なコインが買える
  • アプリのダウンロード数No.1
  • 口座開設・取引所手数料が無料

\今すぐ無料で口座開設する/

無料で口座開設する

※解約はいつでもできます

Liquid by FTXは、国内にある仮想通貨取引所の中でもセキュリティの高さに定評のあることで有名です。

そのため、初めて仮想通貨投資を行おうと考えている方も安心して利用できます。

ここではLiquid by FTXの口座開設方法や、メリット・取引可能な通貨など詳しく解説していきます。

目次

Liquid by FTXの特徴・メリット

ここではLiquid by FTXの特徴や独自のメリットなどを紹介していきます。

どの仮想通貨取引所を利用するか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

Liquid by FTXの基本情報

Liquid by FTXは、元々はシンガポールで生まれた仮想通貨取引所ですが、後に日本に移転しました。そのため現在は日本の仮想通貨取引所として日本での事業免許を取得しており、国内の投資家も安心して利用可能です。

取扱通貨数 5通貨
(BTC,ETH,BCH,QASH,XRP)
最低取引数量(BTC) 0.0001BTC(取引所)
取引手数料(販売所)
取引手数料(取引所) 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 700円
レバレッジ取引 最大2倍

日本円のほかにも色々な法定通貨とのペア取引が可能で、FXと融合させたような取引所がイメージしやすいのではないでしょうか。

国内トップレベルのビットコインの流動性で優れた約定力

liquidは15社以上の海外取引所と取引できるので、Binanceにも引け劣らない出来高が期待できます。

スプレッドの幅も狭く、ビットコインでの投資を考えている人にもおすすめの取引所です。

そのため、初心者の人はもちろんのこと仮想通貨投資に慣れた人にもユーザーが多いことで知られます。

現物取引の手数料が無料でスプレッドも狭い

Liquid by FTXは現物取引にかかる手数料が無料なのが特徴です。また、他の取引所と比較してスプレッドが狭いので、大きな利益を狙うこともできます。

ただし、出金手数料が高めに設定されているので注意しましょう。

初心者も安心の手厚いサポート

公式サイトのサポートページにも記載されている通り、メールでのサポートも受けられるので、初めての人でも安心して始められます。

業界最高水準のセキュリティーで安心・安全な取引

Liquid by FTXはセキュリティー対策にとても力を入れており、国内でもトップクラスのセキュリティを誇る取引所です。

国内でも多くの取引所がハッキング被害にあっている中、Liquid by FTXはありません。

さらに、顧客資産の分別管理や二段階認証、アカウントロック機能など何重にもセキュリティをかけることで安全性を高める努力をし続けています。

日本で唯一、顧客の資産をコールドウォレットで100%保管している仮想通貨取引所で、業界最高水準セキュリティーを誇っています。

国内で唯一のキャッシュ(QASH)の取り扱いがある

QASH(キャッシュ)はLiquidを運営するQuoine(コイン)が発行するトークンです。

取扱通貨自体は5種類と少ないですが、QASH(キャッシュ)への投資を考えている人はLiquid by FTXの口座を開設しましょう。

高機能ツールが使える

Liquid by FTXのツールは見やすいだけではなく、豊富なインジケーターも取り揃えています

ツールはパソコン版だけではなく、スマホ版のLiquid by FTXライト版アプリもあるので、場所を選ばず取引可能です。

レバレッジ取引ができる

レバレッジの倍率は2倍で、所有している資金(証拠金)の2倍まで取引可能です

少ない資金を有効に活用し、利益を大きくするにはレバレッジをかけるのが最も効果的ですので、少額取引で大きな利益を狙いやすい仕組みといえます。

Liquid by FTXがおすすめな人

  • できるだけ取引手数料を安く抑えたい人
  • コストにシビアな人
  • 仮想通貨を頻繁に売買をする人
  • さまざまな取引方法を求めている人

Liquid by FTXは、出来るだけ取引手数料を抑えたい人などが当てはまるでしょう。

取引手数料は通貨によっては無料になるので、取引回数が多い人にもってこいです。

仮想通貨取引所には、販売所のみの取引所と、販売所と取引所の2つの機能を持った取引所の2種類があります。

販売所は取引所に比べ、スプレッドが広く、手数料が無料でも顧客が支払うコストが高くなるという弱点がありました。

しかし、Liquid by FTXは取引所が主体なので、株式と同様に「板」情報を使った取引となるため、スプレッドをできるだけ小さくすることが可能です。

さらに、豊富な取引方法から選びたいという人のニーズもかなえてくれます。

またレバレッジ取引をしたい人にもLiquid by FTXは向いているでしょう。Liquid by FTXでは、ビットコイン、イーサリアム、リップルでレバレッジ取引が可能です。

取引のレバレッジは2倍で、通常の現物取引よりも大きな利益を狙えます。

また、少額でも自分の資金より大きな取引ができるという魅力もあります。

Liquid by FTXは、取り扱い通貨ペア数が多いので、自分の得意とする通貨ペア・投資性が高いと感じる通貨ペアを選んで利益を狙うこともできるからです。

Liquid by FTXがおすすめできない人

そもそも仮想通貨の種類を増やして、投資リスクを分散させたい人にはLiquid by FTXはあまりお勧めできないかもしれません。

それぞれの仮想通貨は異なる値動きをしています。そのため、そこで異なる性質の仮想通貨に幅広く投資をしてリスクを分散したいと考えている方にとっては、Liquid by FTXは物足りないと感じるかもしれません。

また、デモ口座で練習してから始めたいという方にもおすすめできないでしょう。Liquid by FTXにはデモ口座がないからです。

仮想通貨を初めて行う人・まだ慣れていない人にはLiquid by FTXは特におすすめです。

Liquid by FTXを利用する際の注意点

出金手数料が高い

Liquid by FTXの入金手数料は無料ですが、出金手数料は700円かかります。

この出金手数料の中には銀行手数料も含まれています。

これは、同業他社と比べると比較的高い手数料となるので、出金回数が多い人にとっては大きなデメリットとなるでしょう。

取り扱っている仮想通貨の銘柄が少ない

Liquid by FTXで取り扱っている仮想通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップル、キャッシュの5種類です。

しかし、時価総額1位のビットコインと2位のイーサリアム、日本で比較的知名度があるリップルを取り扱っているので、取り扱い銘柄に拘りのない方は問題ないと考える方も多いでしょう。

Liquid by FTXの口座開設方法

仮登録

公式サイトのトップページに、メールアドレスを登録するフォームがあるので、「日本」「個人アカウント」を選んで、自分のメールアドレスを入力して「無料で口座開設」をクリックしましょう。

入力したメールアドレス宛に、Liquid by FTXからメールがくるので、「本人情報を登録する」をクリックすると「お客様情報の登録画面」にジャンプします。

画面の指示に従って必要事項を入力するだけなのですぐに完了します。

二段階認証を設定

セキュリティ確保を目的とした「二段階認証」が必要となっています。

画面の指示に従っていくだけなので、こちらもすぐに完了します。

本人確認書類を提出

本人確認については、「かんたん本人確認」の利用がおすすめです。

スマホで本人確認書類を撮影し、自分の顔を自撮りするだけなのでその場で提出作業を完結することができます。

Liquid by FTXの手数料

  • 現物取引の手数料
  • 差金決済取引(レバレッジ取引)の手数料
  • クイック販売所の手数料
  • 入出金手数料

現物取引の手数料

現物取引の手数料は無料です。ただし、ビットコインや日本円、キャッシュが含まれないペアの場合は取引量の0.05%~0.1%の手数料がかかります

現物取引
ビットコイン/円
QASH絡みの通貨ペア
無料
ビットコイン/円以外でQASH絡みではないもの QASH支払いだと0.05%
QASH支払い以外だと0.1%

差金決済取引(レバレッジ取引)の手数料

差金決済取引(レバレッジ取引)をする際の取引手数料は無料です。

差金決済取引
全通貨ペア 無料
ポジション管理料 1日あたり0.1%
ロスカット手数料 0.2%

 

しかし、ポジションを維持するためのポジション管理料やロスカット手数料は有料なので、長期間ポジションを維持する場合は注意しましょう。

クイック販売所の手数料

クイック販売所を利用する際の取引手数料は無料ですが、スプレッド(購入価格と売却価格の差額)は顧客負担となります。

入出金手数料

入金手数料は、日本円や米ドルなどの法定通貨でも、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)であっても無料です。

ただし、先述した通り、出金の場合には日本円で700円、仮想通貨の場合はリップル以外は全て有料になります。

入出金手数料
ビットコイン(BTC) 0.0005 BTC
イーサリアム(ETH) 0.01 ETH
リップル(XRP) 0.25 XRP
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.001 BCH
キャッシュ(QASH) 40 QASH

とはいえ、入金手数料や現物取引の手数料、差金決済の取引手数料、クイック販売所の取引手数料が無料というのはとても魅力的でしょう。

手数料は、変更されることもあるので新規情報をチェックしておきましょう。

Liquid by FTXの入金方法

銀行振込

画面右上のアイコンから、「入金」を選択してください。

入金する通貨の種類を日本円である「JPY」に設定してください。

銀行振込の場合、ジャパンネット銀行で入金する方法と、住信SBIネット銀行で入金する方法があります。

ジャパンネット銀行で入金する場合は、「入金方法を選択」の「ジャパンネット銀行」の欄をクリックします。

住信SBIネット銀行で入金する場合は、その前に入金依頼を作成する必要があります。

入金額を入力し、「作成する」をクリックしてください。

すると入金IDが表示されるので、入金IDをお名前の前に入力して振込人名義として入金してください。

入金の確認がされると、完了メールがLiquidから届き、入金が完了します。

クイック入金

クイック入金の場合、コンビニ、銀行ATM、ネット銀行を介して24時間365日入金が可能です。

支払いを行う機関によって、入金の上限金額が設けられている点に注意しましょう。

まず銀行振込の時と同様に、「入金」をクリックし、日本円を入金するページを表示させてください。

左に「クイック入金する」と表示されているので、クリックしてください。

金額を入力し、先程と同じように②の「作成する」をクリック。すると入金依頼が作成されたと表示されるので、クイック入金ページへ」をクリックしてください。

入金する方法の箇所をクリックすると、それぞれの入金方法の詳細がわかります。

その入金する方法に従って入金を行ってください。

Liquid by FTXの取引方法

現在Liquidでは、取引所形式のみでの取引です。現物取引とは、暗号資産(仮想通貨)を購入し、価格が上昇した時に売ることで利益を出す方法です。

その中でも基本的な指値注文と成行注文の方法について解説します。

現物取引

指値注文

指値注文とは、自分でレートを決めて値段を指定し、注文を行う方法です。

トレードの箇所をクリックし、その後取引したい通貨ペアを選択します。

次に注文パネルで買い注文または売り注文を選択します。

指値」の箇所をクリックし、希望の数量と価格を入力します。

1番下の「買う」または「売る」ボタンを押すと確認画面になり、注文実行をクリックすれば、注文完了です。

成行注文

成行注文とは、取引板のレートで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法です。

成行注文の場合も左上のトレード画面から現物取引を選択し、取引ペアを選択します。

次に注文パネルで買い注文もしくは売り注文を選択します。

「成行」の箇所をクリックし、数量の欄に数量を入力します。

一番下の買うもしくは売るのボタンを選択すれば注文完了です。

レバレッジ取引

レバレッジ取引は、元手となる証拠金にレバレッジと呼ばれる倍率をかけた額を取引する方法です。

大きな額の取引ができる分、ハイリスク・ハイリターンな投資方法といえるでしょう。Liquidでは、現在レバレッジ倍率は2倍か4倍のどちらかで取引が行えます。

初心者の人の場合は慎重に行った方がいい取引方法です。

レバレッジ取引を行う場合、上図の左にある箇所をクリックして、「レバレッジ」を選択しましょう。

そして通貨ペアを選択します。ロングかショートを選択し、成行注文か指値注文かを選択しましょう。

レバレッジ倍率は、矢印のところをクリックすることで選択できます。

全て入力した後に注文ボタンを押して注文を確定させましょう。

Liquid by FTXの出金方法

日本円の出金方法について説明します。画面に表示されている出金の箇所を選択し、さらに入金の時と同様に日本円を選択してください。

なお、日本円を出金する場合、出金先の口座を登録する必要があります。

そのために「はじめる」の箇所をクリックしてください。

次に銀行名、支店名、口座名義等を入力し、確認のために口座の確認書類を提出しましょう。

以下の情報が記載されていれば問題ないとのことです。

  • 銀行名
  • 支店名(または支店番号)
  • 口座名義
  • 口座番号

これらの情報が記載された写真をアップロードしてください。

銀行口座を追加」をクリックすれば、登録完了です。

最後に出金手続きを行います。先ほど登録した口座名義を選択し、出金金額を選択し、二段階認証コードを入力してください。

「実行」をクリックすれば出金の申請が完了します。

Liquid by FTXの仮想通貨(暗号資産)の入出金手順

暗号資産(仮想通貨)の入金方法

Liquid by FTXに仮想通貨を入金する場合は、リップルとそれ以外の銘柄で入金方法が違うので注意しましょう。

BTC、ETH、BCH、QASHの場合

まず日本円を入金した時と同じ手順で、「入金」をクリックしましょう。

入金したい銘柄が表示された箇所をクリックし、入金する暗号資産(仮想通貨)の箇所をクリックして設定してください。

入金用のアドレスとQRコードが表示されるので、ウォレット等から入金を行ってください。

XRPの場合

リップル(XRP)の場合も、他の銘柄と入金方法はほとんど変わりませんが、リップルの場合宛先タグを入力する必要があります。

こちらを入力していなかった場合、入金されない場合があるので注意しましょう。それ以外の操作は、他の銘柄と同じです。

仮想通貨の出金方法

仮想通貨を出金する際は、全ての暗号資産(仮想通貨)で方法は同じです。ビットコイン(BTC)での出金方法を紹介します。

まずは日本円の出金と同様に、メニューの「出金」をクリックしましょう。

出金する仮想通貨を選択し、画面の「はじめる」の箇所をクリックしましょう。

出金先のアドレスと二段階認証コードを入力する画面になるため、そちらを入力し「アドレスを追加」をクリックしてください。

次に登録したメールアドレス宛に、確認トークンというパスワードのようなものが送られてくるので、画面にそれを入力し、「アドレスを承認する」をクリックしましょう。

出金数量と二段階認証コードを入力し、「実行」をクリックすれば、出金手続き完了です。

出金には通常20分程度かかるので、しばらくは待ちましょう。

Liquidのスマホアプリの使い方

Liquidの提供するスマホアプリも大変便利です。

入金方法

アプリをインストールして、「ログインする」をタップしてください。

次にログイン用のメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をタップしてください。

最後に二段階認証コードを入力すればログイン完了です。

パソコン版・アプリ版どちらも二段階認証が必要なので注意しましょう。

日本円を入金する場合は、画面左の矢印にあるメニューをタップし、「入金」をタップします。

日本円の場合、右の画面にある「JPYの入金申請をする」をタップしてください。

日本円の入金方法は、ブラウザの場合とほとんど同じです。

入金方法と入金額を入力して、入金を進めてください。暗号資産(仮想通貨)の場合、銘柄を選択して入金申請を行うと、入金先のアドレスが表示されるのでこちらに入金してください。

出金方法

日本円及び暗号資産(仮想通貨)を出金する場合は、メニューから出金を選択してください。

日本円を出勤する場合は、日本円を選択し、「JPYを出金する」をタップしましょう。

口座を登録していない場合は、「銀行口座を登録する」をタップしてください。

ブラウザの時と同様に銀行口座の情報を入力し、確認書類をアップロードし、「登録する」をタップしてください。

あとはブラウザの時と同様に、出金に必要な情報を入力すれば、出金申請が完了します。

取引方法

現物取引

現物取引を行うために、まずは取引画面に移行しましょう。

取引画面は、アプリを起動した直後に現れるチャートの画面の下にあります。

指値注文」「成行注文」の画面から注文方法を選んで、数量などを入力すれば完了です。

レバレッジ取引

レバレッジ取引の方法も先程とほとんど同じです。

先ほどのログイン後の画面で、右下の箇所をクリックし、レバレッジ取引の画面に移動してください。

表示に従って取引を行ってください。

そもそも仮想通貨って?

仮想通貨とは、インターネット上に存在する通貨のことです。日本円や米ドルなどの法定通貨とは異なり、国によって価値が保証されているわけではありません。そのため、価格が変動しやすく、ハイリスク・ハイリターンの投資対象として注目を集めています。

電子マネーと仮想通貨が混同されることがありますが、電子マネーは、法定通貨が電子データ化されているにすぎません。法定通貨による裏付けがない仮想通貨は、電子マネーとはまったく異なる存在です。

世界で初めての仮想通貨であるビットコインは、ブロックチェーンという高いセキュリティ性を持った仕組みが採用された通貨で、後に誕生する仮想通貨もこの「ブロックチェーン技術」を採用しています。

また、仮想通貨は、法律上は「暗号資産」と呼ばれています。暗号資産は正確には仮想通貨を含むデータ資産の総称ですが、基本的に仮想通貨と暗号資産は同じものと考えて問題ありません。

仮想通貨投資で利益がでる仕組み

仮想通貨投資では、他の多くの投資法と同様に価格が低いときに仮想通貨を購入し、価格が高いときに売却して売却益を狙うことが一般的です。

そのため、一般的な株式などの投資方法と似ている側面が多いです。

また仮想通貨を保有しているだけで定期的に一定額の仮想通貨を受け取れるステーキングサービスもあります。

ちょうど、預金の利子がそれに近いです。さらに仮想通貨を貸し出し、年率に応じて貸借料を受け取る貸仮想通貨も広がりつつあります。

仮想通貨でできること

仮想通貨というと投資のイメージが先行していますが、実は決済や送金にも使えます。

手家電量販店のビックカメラをはじめ、仮想通貨決済を認めている企業はいくつもあります。

ただし、価格が低いときに仮想通貨を購入し、価格が上がってから決済に使うと、決済の時点で利益を享受したとして税金がかかる場合があります。決済したら、忘れずに税金の申告をしましょう。

仮想通貨を使えば、従来のような高い手数料を支払わなくても、簡単に海外送金ができます。このような暗号資産の特性を生かすことで、災害時に世界中から寄付を募ることも可能です。

仮想通貨を始める際の注意点

Liquid by FTXに限らず、仮想通貨の投資は誰でも簡単にスタートできる投資方法ではありますが、やはりお金を使った投資なので当然リスクは伴います。

余剰資金で始める

仮想通貨は、歴史も浅く、ハイリスク・ハイリターンな投資商品です。メディアでは成功者の話ばかりがクローズアップされがちですが、当然、投資判断を誤れば損失が発生します。

そのため、貯金残高のすべてを投資に回すのは絶対にやめましょう。

リスクを十分に理解し、数ヵ月分の生活費や臨時出費に備えるための費用をとり置いたうえで、余剰資金で投資することが大切です。

勉強をした上で始める

まったく知識がない状態で投資するのは危険です。仮想通貨に投資するなら、仮想通貨に関する基礎的な知識は押さえておきましょう。ビットコインやイーサリアムなど、投資したい仮想通貨について調べ、特徴や将来性を把握しておくことも大切です。

Liquid by FTXの勉強もさることながら、その他の仮想通貨取引所の仕組みなども調べた上で、自分にとってどの取引所が合っているのか・通貨ペアがあるかといった下調べは最低限必要だと思っておきましょう。

レバレッジ取引は慎重に

レバレッジ取引とは、元手の数倍の金額で取引することをいいます。

現物(げんぶつ)取引では、元手が50万円なら、取引できるのは元手と同額の50万円分です。しかし、レバレッジ取引でレバレッジを2倍に設定した場合は、元手が50万円でも100万円分の取引ができるという仕組みです。

そのため、少ない元手でも大きな取引を可能にし、同時に大きな利益を狙うこともできる方法です。

しかし、当然その分の損失も大きくなることを忘れてはいけません。

現物取引で十分な投資経験を積んでから、レバレッジ取引に移行しましょう。レバレッジ取引を始めても、最初はレバレッジを大きく設定せず、小さなレバレッジからスタートしましょう。

詐欺被害

仮想通貨投資に限らず、仮想通貨を使った詐欺も横行しているので注意しましょう。特に仮想通貨は投資商材の中でも新しいジャンルなので、良く分からない・難しそうと思っている人も多い傾向にあります。

そのため、知らない人につけこんだ詐欺被害が増加しています。以下のような詐欺被害が相次いでいます。

  • 入金後に入金額が反映されず業者と連絡がつかない。
  • ICOの仮想通貨を購入したがいつまで経っても上場しない。
  • 月利20%といわれて購入したが投資グループと連絡がつかず、役員が逮捕された。

まずは仮想通貨取引所で口座開設するときは、金融庁の登録を受けている業者かどうかを確認しましょう。

登録を受けた業者の名前は、金融庁のホームページで公開されています。登録を受けていない業者に、安易に資金を振り込むのは危険です。

仮想通貨取引所や仮想通貨交換業者を名乗る悪徳業者は、巧みな話術で近づいてきます。

資産盗難やハッキングリスクの理解

多くの仮想通貨で採用されているブロックチェーン技術は、強固なセキュリティを誇り、これまで一度も破られたことはないとされています。

ただし仮想通貨の仕組みそのものが破られなくても、仮想通貨取引所が攻撃されれば、盗難や流出が起こる可能性がなくなったわけではありません。

仮想通貨取引所が悪意あるハッカーの攻撃を受け、580億円相当の仮想通貨が流出する事件が起きたこともあります。

そのため、常に盗難やハッキングのリスクがあることを認識し、セキュリティ対策に注力している仮想通貨取引所で口座開設するとともに、二段階認証の設定など仮想通貨取引所が推奨するセキュリティ対策を行いましょう。

Liquid by FTXは、パソコン版・スマホ版どちらでも、二段階認証を採用しているので、セキュリティ対策もしっかりとしています。

まとめ

シンガポールで生まれた仮想通貨取引所ですが、現在は日本国内でトップのシェアを誇るLiquid by FTXは、初心者の人にも始めやすい・安全な仕組みがあります。

また口座開設に必要なものは投資に必要なお金と、仮想通貨取引所の口座だけととてもシンプルです。

さらに数百円~数千円程度から始められるので、余剰金からも気軽にチャレンジできるのが仮想通貨取引の魅力ともいえるでしょう。

ポケットマネーで気軽に買った仮想通貨が大きく値上がりして思わぬ臨時収入になったというケースもあります。

もし仮想通貨投資を検討しているのであれば、Liquid by FTXの利用をおすすめします。

結論!仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめです!
コインチェック
  • 最短1日で口座開設可能!
  • 仮想通貨は500円から買える
  • 取扱通貨数は18種類!色々なコインが買える
  • アプリのダウンロード数No.1
  • 口座開設・取引所手数料が無料

\今すぐ無料で口座開設する/

無料で口座開設する

※解約はいつでもできます

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる