sweatcoinの始め方を徹底攻略!登録方法から利用できる仮想通貨の買い方まで!怪しい?【2022年8月最新】

結論!仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめです!
コインチェック
  • 最短1日で口座開設可能!
  • 仮想通貨は500円から買える
  • 取扱通貨数は18種類!色々なコインが買える
  • アプリのダウンロード数No.1
  • 口座開設・取引所手数料が無料

\今すぐ無料で口座開設する/

無料で口座開設する

※解約はいつでもできます

Sweatcoinは「Move to Earn」という、歩いて仮想通貨を得られるアプリサービスです。

すでに30か国以上の国にユーザーがいて、日本では2022年の4月からリリースされています。

そこで今回はSweatcoinの特徴や始め方・稼ぎ方などを詳しく解説していきます。

目次

Sweatcoinとは

Sweatcoinは名前の通り「汗のコイン」です。これは、歩いて汗をかきながら稼ぐという意味が込められています。

元々は2016年にイギリス・ロンドンでローンチされて、2018年にはアメリカを中心に爆発的な人気を博しました。

プロジェクト名 Sweatcoin(スウェットコイン)
通貨(シンボル) SWEAT(SWC)
取引所 未上場
公式サイト Sweatcoin公式サイト

過去2019年の「ヘルス&フィットネス部門」においても長期間トップ10入りしているほどの知名度です。

Sweatcoinは、独自の仮想通貨が歩くだけで獲得できることです。

アプリをインストールしてバックグラウンドで起動し続けるだけで自動的に歩数カウントし、歩数をもとに計算された仮想通貨、SWC(=Sweatcoin)が入手できるという仕組み。

1000歩あるくと1SWC入手でき、1SWCの価値は交換方法にもよりますが5円程度。(2022年5月時点)

10000歩あるけば毎日10SWC入手でき(正確には手数料5%取られるので9.5SWCですが)、50円くらいに値します。

また、完全無料で遊べるのが特徴ですが、有料会員になるとコインの増え方が加速するというのも魅力です。

Sweatcoinの特徴・魅力

歩くだけで仮想通貨が獲得できる

Sweatcoinは歩いて仮想通貨を稼げるスマホアプリです。

仮想通貨のSWEATを発行しており、ユーザーは1,000歩、歩くごとに1SWCを獲得できる仕組みです。

しかし、SWEATは仮想通貨取引所に上場しておらず、価格がついていないので注意しましょう。

アプリには獲得したSWEATの数量が表示されていますが、獲得したSWEATが、日本円でどの程度の価値があるかは現時点では公表されていません。

SWEATが仮想通貨取引所へ上場すれば、日本円との取引もできるので、今後に期待です。

30カ国以上の国でアプリを提供している

Sweatcoinは日本やアメリカを始め、30カ国以上でアプリを提供しています。

iOSとAndroidの両方に対応しており、無料で使えるため、スマホを持っている人は誰でもSweatcoinを利用可能です。

また、アプリの評価は5段階中4.5とユーザーの満足度も高く、20カ国で健康系のアプリジャンルでダウンロード1位を獲得しています。

利用者も多いので安心して利用可能です。

獲得した仮想通貨で商品交換や寄付ができる

獲得した仮想通貨は、換金(PayPal)するだけでなく商品の交換や寄付も可能となっています。

2022年5月時点では、アプリに出店している数は600以上と豊富で、アプリやコスメ・生活雑貨など多岐に渡っています。

中には数量限定のものもあり、内容も頻繁に変わるのでこまめにチェックするのも楽しいです。

また有料アプリが無料で使える権利や有料のアクセサリーセットの定期購読権が無料になったりと、サービスをもっとお得に楽しむための交換も可能です。

2022年夏に上場予定

2022年5月時点では、一部のユーザーにのみ現金に変換できる状況ですが、2022年の夏に仮想通貨として上場が予定されており、「先行ユーザーが歩くことでしか獲得できないコイン」として高騰する可能性を秘めています。

Sweatcoinアプリ内で稼いだSWCを仮想通貨SWEATに交換できるようになります。

しかも、上場後に仮想通貨SWEATの価格が高騰すれば爆益も狙えます。

Sweatcoinの始め方

アプリをダウンロード

まず、Sweatcoinのスマホアプリをダウンロードしましょう。

iOS、Androidの両方に対応していますので、ご自身の使ってるスマホに合わせて、各アプリストアからダウンロードしてください。

公式サイトはURL:https://sweatco.in/i/yamabooです。

ここではiOSで説明していきます。

画面中央の「Accept Invite」をタップします。App Storeが開くので「入手」をタップします。ダウンロードが完了したら「開く」をタップ。

既存のヘルスアプリと連携

専用のアプリをダウンロードしたら、アプリを立ち上げて、指示に従って登録を進めましょう。

まず、アプリにサインインします。

次に、ヘルスケアなどの、すでにスマホに入っている歩数計算アプリと連携します。

指示に従って操作すれば自動的にアプリが連携しますので、操作は難しくありません。

以上で、Sweatcoinを使う準備は終了です。

ウォレットを作る

インストールが完了したら、続いてウォレットを作成していきます。ウォレットは仮想通貨SWEATを受け取るために必要になるので、最初の段階で作っておきましょう。

Sweatcoinのホーム画面を開いて少し下にスクロールします。「Sign up to claim」→「Learn more」→「NEXT」→「Get your wallet」の順番にタップ。

次にメールアドレスを入力し、利用規約にチェックを入れて、「Send me the code」をタップします。

「I understand 」をタップすると、入力したメールアドレス宛に「6桁の数字」が届くので、入力します。

「Congratulations!」と表示されればウォレットの作成が完了します。

スマホを持って歩く

アプリの準備・口座開設まで済んだら、あとはスマホをもって歩くだけです。

その際にアプリを起動させておく必要はありません。バッグやポケットに入れておくだけで自動的に歩数をカウントしてくれます。

また歩数に応じて自動的にSweatcoinがアプリ内のウォレットに保管されていくシステムです。

なお得たSWEATを日本円として取引する場合には、仮想通貨取引所を使う必要があります。

2022年5月時点では取引所に上場していないため、取引はできませんが2022年夏ごろに上場予定なので、今のうちに用意しておくといいでしょう。

Sweatcoinの稼ぎ方

歩く

1つ目は歩いて稼ぐ方法です。

Sweatcoinは、1,000歩ごとに1SWCを獲得できます。

アプリを立ち上げる必要はなく、スマホを持って歩くだけで歩数がカウントされます。

また、次の2つの方法で報酬をアップが可能です。

デイリー2倍ブーストを利用する

デイリー2倍ブースを利用すると、獲得する報酬が2倍になります。

たとえば、20分間で1,000歩、歩いた場合、通常の報酬は1SWCですが、デイリー2倍ブーストでは2SWCの報酬になります。

1日1回、自分のタイミングで20分間利用可能です。

プレミアム(有料)会員になる

Sweatcoinは、1ヶ月550円、または年間2,700円のプレミアム会員を導入しています。

プレミアム会員になると、通常は1,000歩で1SWCの報酬が、常時1,000歩で2SWCになります。

また、寄付をする際の寄付金額が2倍です。

ただし、2022年5月時点では1SWCの価格がわからないため、プレミアム会員になることで金銭的メリットがあるかは判断できませんのでご注意ください。

しかし、ゲーム内のショップやオークションでは「SWC」と物品が交換されています。

25ドル分の「Amazonギフト」が1250SWCで販売されているところから考えると、現状では日本円換算で「1SWC=2円」程度の価値であると推測されます。

招待する

友達招待を利用することで5Coinを獲得することが出来ます。

アプリのホーム画面から「友達を招待して5SWCをゲットしよう!」というバナーをタップします。

次に共有用のシートが表示されますので、ここから自分用の招待用URLをシェアすることが出来ます。

LINEでそのメッセージを受け取った場合は、このように表示され、このURLからダウンロード→登録を行った場合、URLを発行したユーザーに対して5SWCが発行されます。

デイリーリワードをクリアする

デイリーアワードとは、アプリ内に設置されたバナーをタップすることで動画広告が表示され、閲覧完了時にランダムでSWCの付与が行われる、というものです。

ホーム画面にある「デイリーワード」の枠には3つのリワードが横に並んでいます。「アンロックされました」のバナーをタップして、動画広告の再生が始まり、最後まで視聴するとSWCが獲得できます。

なお1SWCが1000歩という基準のため、時間がないユーザーはこのリワードを活用すると良いでしょう。

Sweatcoin(スウェットコイン)プレミアムに登録する

SWC獲得の効率を最も上げる手段としては、「Sweatcoin(スウェットコイン)プレミアム」に登録する、という手段があります。

この「Sweatcoin(スウェットコイン)プレミアム」は、1ヶ月550円、もしくは年間2,700円をアプリ内課金で支払うことで、歩数カウント2倍の効果を常時得ることが出来ます。

その他にも、寄付時に寄附金額が2倍になるなど自分以外にもメリットが発生することが特徴です。

ただし、このプレミアム金額は現時点で1SWCのレートが明らかでない分、どのくらいの利用料でもとが取れるのかが不明瞭なところもありますので、コストを支払ってでも効率を上げたい人のみにおすすめできる手段です。

即座に換金可能な仮想通貨を貯めたい場合

Sweatcoin(スウェットコイン)の場合、今夏に上場予定ではありますが、現時点では1コインあたりの価値がわからず、どれくらい頑張ればいいか分からないという人もいるでしょう。

その場合には「Bit Start(ビットスタート)」か、「Cheeese(チーズ)」といったポイ活アプリのダウンロードをお勧めします。

この2つのアプリは、アプリ内の作業で無料でビットコインを獲得できます。

なお「Bit Start(ビットスタート)」はアンケート案件などに加え、毎日「ビットコインが上がるか下がるか」の予想をするだけでビットコインの獲得が出来ます。

Cheeese(チーズ)」は、ニュース記事の閲覧をするだけでビットコインの獲得ができるアプリです。

Sweatcoinは現時点では、正確なレートなどが不明なので、楽しめる範囲・運動がてら使ってみる程度で継続してみるのがいいでしょう。

2022年夏ごろには上場が予定されているので、それまでに口座開設・ポイント集めなどをしておく程度で十分です。

獲得済みコインの確認方法

アプリTOPの下部右から2番目のアイコンをタップしましょう。

この「ウォレット」画面を確認することができます。この画面では、現在のSWCの残高を確認することが出来ます。

Sweatcoin(スウェットコイン)を商品・現金に変換する方法

商品への交換方法

貯まったSWCを商品へと交換するには、上の画像のアイコンをタップして、国名選択をして「国の選択を確定」をタップします。

その後、今現在SWCと交換できる商品の一覧をその詳細を確認することが出来ます。

現金に変換する方法

Sweatcoinを開始して間もない頃は、歩数やデイリーリワードをコツコツこなすことしか出来ませんが、友達紹介などを進めていくと、「インフルエンサープログラム」に招待され、利用できるようになります。

「プロモーションを開始」を確認すると「現金のリワード」が表示されれば現金化ができることが分かります。

条件として、一定数の友達紹介をすることで交換する権利が得られます。

現金リワードの一覧を確認してみると、友達紹介を行った数に応じて、所持しているコインと引き換えに25ドル~1000ドルまでの引き換えを行ってくれます。

ちなみに、1000ドルの引き換えに必要な友達紹介数は1667人で人数到達とともに引き換えを行う権利がアンロックされるという形になります。

例として100$のインセンティブを受け取る場合には以下の条件を満たす必要があります。

  • 招待人数:180人(分)
  • 引き換えSWC:900コイン

よって、2022年5月時点でのSWCのレートは

1SWC=14.28円

程度とみていいでしょう。ビットコインと比較するとそれよりは低いレート設定となりますが、上場後の値動きに注目です。

Sweatcoinは怪しくない?

Sweatcoin(スウェットコイン)については、ある程度信頼性に期待してもいいでしょう。

  1. 出資者(VC)が豪華
  2. 有名ブランドとパートナー提携
  3. 2016年にローンチされたプロジェクト

出資者(VC)が豪華

Sweatcoin(スウェットコイン)には、以下のような豪華メンバーが出資者として顔を揃えています。

  • SPARTAN
  • OKEx Blockdream Ventures
  • NEAR FOUNDATION
  • DO KWON(Terraの共同設立者の1人)

なおOKEx Blockdream Ventures」の親会社はOKXという大手の仮想通貨取引所です。

つまり仮想通貨SWEATの上場がOKXで行われる可能性が高いので、OKXの口座を開設しておくのも一つの手でしょう。

有名ブランドとパートナー提携

アプリ内で稼いだSWCは、有名ブランドの商品やサービスと交換ができます。

  • iPhone
  • Apple Watch
  • Netflixのサブスクリプション
  • アディダスのバウチャー

有名ブランドから商品を提供してもらえているのも安心材料の1つです。

2016年にローンチされた

Move to Earnというと、STEPNを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。これにより、世界中では「●● to Earn」といったプロジェクトが増えました。

それに伴い、当然のことではありますが詐欺的なプロジェクトも散見されているのは事実です。

しかしSweatcoinは、実は2016年にすでにローンチされたアプリで、5年以上も継続して運営されています。

世界中のユーザー数も6,500万人を超えて、STEPNよりも20倍以上のユーザー数を誇ります。

そのため、世界的にも有名であるSTEPNの流行に便乗したビジネスではないということが分かります。

SweatcoinとSTEPNとの比較・違い

Sweatcoinは無料でプレイできる

先ほども紹介した通り、Sweatcoinは初期費用が無料で始められます。

対してSTEPNは初期費用が日本円にして20万円ほどもかかってしまいます。

STEPNは、有料でNFTスニーカーを購入しないと始められないからです。そのため、初期費用が高いと感じてアプリのプレイをためらっている・諦めてしまった人にとっては、無料で始められるSweatcoinが適しているでしょう。

仮にあまり稼げないとしても、そもそも無料なのでリスクを感じることなく気軽に始められる点で魅力といえるのではないでしょうか。

ヘルスケアアプリとの連携のみOK

STEPNは計測を開始する際に、毎回STARTボタンを押す必要がありますが、Sweatcoinならバックグラウンドで勝手に歩数を計測してくれます。

アプリをインストールして最初にヘルスケアアプリと連携したら、あとはスマホを持ち歩くだけで勝手にコインが貯まっていきます。

さらにSTEPNは、ゲーム攻略方法によって稼ぎやすさも変わってくるので、普段あまりゲームをしない人にとってはハードルが高いと感じるかもしれません。

シンプルに1日の歩数を1万歩に近づけるだけなので、誰でも簡単に始められるのが特徴です。

Sweatcoinの始める際の注意点

アカウント名が本名に設定されていることも

Apple IDまたGoogleアカウントを本名で設定している方は、Sweatcoinの名前もそのまま本名で表示されてしまいます。

プライバシーの観点から、あまりよろしくないのでニックネームなどに変更しておきましょう。

変更手順は以下の通りです。

画面左上のアイコンをタップ→「Edit profile」をタップ。

名前のところに本名が表示されている場合は、ニックネームに変更して、「変更の保存」をタップすればOKです。

仮想通貨SWEATはだんだん稼ぎにくくなる

現状は、「1,000歩で1SWEAT」が稼げていますが、1年後には「1,500歩で1SWEAT」になるようです。

つまり段階的にSWEATが稼ぎにくくなるということです。

今はまだ「1,000歩で1SWEAT」が稼げているので、「STEPNに乗り遅れちゃったかもしれない」という方でも、Sweatcoinなら先行者利益が狙えます。

すでに解説した通り、5分もあれば始めることができるので、今のうちに参入して効率的にSWEATを稼いでいきましょう。

プロジェクトの破綻のリスク

これはSweatcoinだけに限りませんが、新しいMove to earnのプロジェクトが破綻してしまうというリスクはゼロではありません。

例として、2017年に仮想通貨が爆発的に注目された際に、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)という資金調達の方法が拡大しました。

新たなブロックチェーンのプロジェクトを開発する際に、プロジェクトの内容やトークンの特徴や展望をホワイトペーパーと呼ばれる文書で公表し、共感したユーザーにトークンを購入してもらうという仕組みです。

しかし、このICOの多くが詐欺だったために、多くの資産を失ってしまった投資家もいました。

もちろん詐欺ではなくても、運営状況の悪化によりプロジェクトが破綻し、預けた資産が返ってこないといったリスクは存在します。

Sweatcoinを含めたMove to Earnの将来性・注目度

結論からいえば、今後はもっと色々な種類のMove to Earnアプリが生まれるでしょう。

理由としては以下になります。

誰にでもプレイしやすいため、普及が進む

Move to Earnのゲームは歩いたり走ったりすることが基本のシンプルなゲームです。

中にはゲーム性が高くパズルを解くものもありますが、基本的に操作の難易度は高くありません。

健康のための散歩や日々の外出など、さまざまなシーンで日常にゲームを取り入れることも可能です。

開始へのハードルが比較的低いため、今後いっそう普及が進むことが考えられます。

「Play to earn」と「Move to earn」を比較した場合、注目されるのは、

  • 始めやすさ
  • 稼ぎやすさ

の2点でしょう。

この2点を比較した時に、サービスごとで違いはありますが、おそらく「Move to earn」の方にユーザーが流れる可能性が高いと考えられます。

その理由は、「Move to earn」は歩く・走るなど、仮想通貨を稼ぐ方法が非常に簡単なため、参入しやすい、また大方のPlay to earnとは違い、無料で始められるサービスが多い点です。

とはいえば稼ぎやすさの面でいえば「Move to earn」は、「Play to earn」より劣るでしょう。

「Play to earn」は初期費用を長期間で回収するモデルが多いですが、その分リターンも多くなりやすいです。

一方、「Move to earn」は、無料で始められるなど、参入障壁が低い分だけ、「Play to earn」ほど仮想通貨を稼ぐことは難しい可能性は高いです。

健康面と経済面のメリットで人気が高まる

リモートワークが普及し、在宅ワークをする人の数が増えました。

人々の運動不足が深刻な問題となりつつあります。

そんな中、Move to Earnのゲームは、外へ出て歩いたり走ったりすることで健康と報酬を両方を得ることができます。

健康と報酬の両方のメリットを享受できるMove to Earnのゲームの人気は、今後ますます高まることでしょう。

広告モデルでの収益性が可能

「Move to earn」では、無料版アプリのマネタイズ方法と同様に、広告モデルによる収益化が可能です。

「Play to earn」はあくまでゲームをプレイすることで仮想通貨を稼ぐこととなっており、ゲーム内で広告を表示することは、ユーザーエクスペリエンスの観点から避けられる傾向がありました。

一方、「Move to earn」の場合は、仮想通貨をさらに稼ぐオプションとして、広告を閲覧することで仮想通貨を付与する機能があります。

Sweatcoinでは、毎日3個まで広告を閲覧することで、SWEATを獲得できます。

ゲーム感覚で気軽に仮想通貨が稼げる

Move to earnが一番注目された理由は、ゲーム感覚で気軽に仮想通貨が稼げることでしょう。

ゲームという側面のみでいえば、「Play to earn」があります。しかし、ゲームに時間を費やす必要があるため、誰でもというハードルを下げることは難しいでしょう。

特に普段からゲームをする習慣がない・ゲームを趣味としてはいない人にとっては、あまりやってみたいと感じるものではないかもしれません。

Play to earnは、確かに仮想通貨は稼げるが、ゲーム自体は面白いものではないというのが大方の評価だと考えられます。

また、Play to earnは、仮想通貨の購入から、送金、ウォレットの準備など、始めるまでに色々と準備が必要な点も、参入ハードルを高くしたという可能性もあります。

Move to earnは、日常生活で誰もがする歩行を取り入れ、かつその中にゲーム性を持ちこんだ点が注目された理由だと考えられます。

歩くのであれば、自分の時間が制約されることはありませんし、アプリをインストールして歩いているだけで、仮想通貨がもらえるという感覚なので、Play to earnに比べて、心理的ハードルが低くなりやすくなります。

間接的な社会保障費の抑制に繋がる見込みもある

少し難しい話になるかもしれませんが、日本だけではなく世界中で社会保障費の負担の多さを社会問題として抱えています。

この社会問題に対してMove to earnの存在が期待されています。

  • 国民の運動不足などを解消することで、国民全体が健康になりやすくなる
  • その結果、発生するはずだった社会保障費を抑制できる可能性がある
  • さらに抑制したであろう社会保障費分を、仮想通貨としてユーザーに還元(付与)する

Move to earnのサービスによって、間接的に国民を健康にすることができ、その結果として社会保障費の抑制につながるという考えがあります。

個人の運動不足解消を目的とするだけでなく、社会保障費を節約できた分を仮想通貨で付与するという、今までのゲームにはなかった側面を持っています。

Sweatcoin以外のMove to earnのサービス

  1. STEPN(ステップン)
  2. Aglet(アグレット)
  3. Genopets(ジェノペッツ)
  4. DOSE(ドーズ)
  5. DEFIT(デイフィット)
  6. STEP(ステップ)
  7. WIRTUAL(ウィーチュアル)
  8. CALO RUN(カロラン)
  9. InuSport(イヌスポーツ)

中でもSTEPNの知名度が高いですが、初期費用が掛かる点でハードルが高い傾向にあります。

もし気軽に始めたいという場合には、SweatcoinやAglet・Genopets・dotmoovesなどがおすすめでしょう。

歩く以外にも走る・泳ぐといった色々なワークアウトで仮想通貨を得られるなら、WIRTUALもおすすめです。

WIRTUALは、スポーツブランドUNDER ARMERや、大手スマホメーカーのHUAWEI等といった、世界的な知名度も大きい企業からの支援を受けています。

もちろん自分が興味のあるものから始めるのが継続しやすいですが、スポンサーや換金できる仮想通貨の種類など色々な側面から、将来性を見ていくことも大切です。

まとめ

Sweatcoinは、STEPNと同様に歩くだけで仮想通貨も稼げる新しいジャンルのアプリです。

さらに初期費用も無料で、スマホのヘルスケアアプリと連動するだけで、後はスマホをもって歩くだけというシンプルなルールなのも始めやすい魅力といえるでしょう。

2022年5月時点ではまだ上場はされていませんが、夏ごろに上場が予定されているので、仮想通貨から現金化することももっとしやすくなるのではないでしょうか。

アプリのダウンロードも無料で行えるので、まずは気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

結論!仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめです!
コインチェック
  • 最短1日で口座開設可能!
  • 仮想通貨は500円から買える
  • 取扱通貨数は18種類!色々なコインが買える
  • アプリのダウンロード数No.1
  • 口座開設・取引所手数料が無料

\今すぐ無料で口座開設する/

無料で口座開設する

※解約はいつでもできます

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる