NFTCryptoPunksとは?買い方や特徴を徹底解剖!【2022年7月最新】

結論!仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめです!
コインチェック
  • 最短1日で口座開設可能!
  • 仮想通貨は500円から買える
  • 取扱通貨数は18種類!色々なコインが買える
  • アプリのダウンロード数No.1
  • 口座開設・取引所手数料が無料

\今すぐ無料で口座開設する/

無料で口座開設する

※解約はいつでもできます

CryptoPunks(クリプトパンク)というNFTアートをご存知でしょうか。

Larva Labs社のプロジェクトとして生まれたNFTアートの1つであり、イーサリアムのブロックチェーンを使った最も古いNFTの1つです。

今回はNFTの一つであるCryptoPunksについて詳細に解説していきます。

目次

CryptoPunksとは

まずはCryptoPunksについて基本事項を確認しておきましょう。

CryptoPunksとは

CryptoPunks(クリプトパンク)はLarva Labs社のプロジェクトから生まれたNFTアートです。

2017年にサービス開始されたイーサリアムのブロックチェーン上のNFTアートシリーズです。

CryptoPunksの特徴

どれも24✕24ピクセルに描かれたキャラクターのイラストで、古いゲームで使われていたドット絵と言われたほうがわかりやすい人もいるでしょう。

そのドット絵としてかなりシンプルな部類ではありますが、独特かつパンク・ロックの雰囲気のあるイラストになっています。

キャラクター数は10,000種にもなり、もちろん同じデザインのものは1つとしてないというのが特徴です。

CryptoPunksの価値

リリース当初はサービスの一環として無料配布すらされていましたが、仮想通貨を含む暗号資産への感心の高まりと共に価格は上昇を続けています

2021年8月には1個あたりの平均価格が199,069$と上昇を続けています。

CryptoPunksのNFTはその名前からパンクと呼ばれており、基本的には誰でも売買が可能です。

注意点としてはイーサリアムでの売買になりますので、仮想通貨取引ができる環境が必須です。

後の項でCryptoPunksの売買についても詳しく解説します。

NFTとは

CryptoPunksは冒頭でも紹介した通りNFTアートの1つです。

NFTはNon-Fungible Tokenの頭文字を取った略称で、日本語では非代替性トークンと呼ばれています。

非代替性トークンという名前だけ聞いてもピンとこない人は多いと思います。

NFTというデジタル資産

NFTはデジタル資産という分類になります。

現実世界に実在はしませんがデータとして存在している資産の1つです。

実体がないことを不安に感じる人も少なくはありませんが、場合によっては実在する資産よりも確実性が高い可能性もあります。

実在する資産価値のあるアート

実在するアート(美術品)で考えてみると、有名な名画は誰が書いたものかがわかっているものが多いと言えます。

そして贋作が出回ることもありますが、鑑定士によって真贋の鑑定をすればほとんどの場合が真贋が判明します。

そして所有者が居ても美術館などで管理・展示されていれば一般の人であってもその名画を見ることが可能です。

そして、その名画の写真や画像、複製画であれば誰でも手に入れることができるでしょう。

歴史に名を残すような名画であっても、現代の技術であれば写真やデータとして保存できてしまいます。

しかし、そうであってもオリジナルを所有したいと思う人がいるため高額な美術品が取引されています

実在しない資産価値のあるアート

NFTの場合は現実に物質として存在しないという点を除けば現実にある美術品とあまり違いはありません

NFTは所有者証明やその唯一性が保証されているデジタル資産です。

ブロックチェーン技術によって改ざんはほぼ不可能であり、その真贋に関しては実在する美術品よりも明確といえます。

また所有権などもはっきりしているため盗難被害という概念もありません。

NFTアート自体は公開されていれば所有者以外であっても見る事が可能ですし、画像であればもちろんスクリーンショットなどで同じものを保存することはできてしまいます

しかし、NFTの場合はアート自体に所有者証明などがあり、唯一性を示せるものであるためコピーではなくオリジナル品である証明が容易です。

CryptoPunksの売買

CryptoPunksは基本的に何かに使用するものではなく、アートとしての売買を行うのが基本になります。

シンプルに美術品をオンラインで売買すると考えればあまり難しいものではありません。

CryptoPunksの始め方

まずはCryptoPunksの公式サイトを見てみましょう

公式サイトは英語ですが、Googleの翻訳機能だけでも十分わかる内容です。

どのようなパンクがあるのかや、基本的な内容について記載されています。

まずはざっと目を通しておきましょう

MetaMask(メタマスク)の登録

CryptoPunksの公式サイトでも案内がありますが、まずはMetaMask(メタマスク)の登録が必要になります。

メタマスクは簡単に言ってしまえばイーサリアムの取引で使われる仮想通貨用のウォレット(財布)です。

パンクはイーサリアムのブロックチェーンを利用したものであるため、その売買にはイーサリアムが必須です。

そのイーサリアムを管理する財布としてメタマスクの登録を行いましょう。

基本的にはGoogleChromeのプラグインとして公式サイトからダウンロードし、ウォレットを作成するのが便利です。

アプリ版もありますのでスマートフォンで取引を行う場合はアプリ版を利用しましょう。

どちらの場合もパスワードの管理には細心の注意を払いましょう

ここでのパスワードはオフラインで管理するのがおすすめです。

Ethereum(イーサリアム)を購入する

メタマスクでウォレットの設定が終わったら実際にイーサリアムの購入に移ります。

ここで重要になってくるのが取引所選びです。

クリプトノートではおすすめの仮想通貨取引所などの記事もまとめているので参考にしてください

イーサリアムであれば国内ほとんどの仮想通貨取引所で取引は可能な銘柄ですので、手数料や取引量などを考慮して検討しましょう。

取引所を決めたらその取引所の口座を開設します。

口座の開設が完了すれば、あとはイーサリアムを実際に購入するだけです。

仮想通貨は外貨や株価などと同じで常に価格が変動し続けていますが、仮想通貨取引所によってもその価格が違うことがあります。

本格的にパンクの購入を検討している場合はイーサリアムの購入に適した仮想通貨取引所選びも重要です。

メタマスクへの送金を行う

購入したイーサリアムは先ほど登録したメタマスクに送金します。

簡単に言えば日本円と両替したイーサリアムというお金をメタマスクという財布に入れるという手順です。

それほど難しい手順ではありませんので、取引所ごとの送金方法に従って自分のメタマスクにイーサリアムを送金しましょう。

仮想通貨取引所によって出金にかかる手数料も違ってきます。

出金手数料に関しても常に一定という訳ではありませんので、他と比較して高いと感じたらイーサリアムを購入する仮想通貨取引所の変更も検討しましょう。

CryptoPunksで売買を開始する

メタマスクにログインした状態でCryptoPunksの公式サイトにアクセスをすると、メタマスクのプラグインを自動的に認識してくれます。

案内に従ってメタマスクとの連携が完了すればCryptoPunks公式サイトでパンクへの入札が可能になり売買が可能になります。

CryptoPunks公式サイトでパンクの検索を行い、気に入ったものがあれば入札をしてみましょう。

パンクの購入方法

パンクの購入は基本的に2つの方法があります。

パンクの即決購入

1つは単純に所有者が提示している販売金額で購入する方法です。

CryptoPunks公式サイトでパンクを確認する際にパンクの背景の色で状態の判別が可能で、パンクの背景が赤みのある茶色のような色になっているものが該当します。

最もシンプルな方法で、支払いが済めばその時点で取引完了となります。

純粋な購入であっても入札は可能なため、提示されている販売額より低い額の入札であっても所有者が了承すれば取引成立となります。

とりあえずパンクを所有してみたいという人に向いている購入方法です。

パンクへの入札

上記の購入でも少し触れましたが、パンクの購入希望者は販売中になっているパンクに入札して条件が合えば取引成立となります。

即決価格が提示されているもの以外に入札をして、オークション形式になっているものを購入するという手段もあります。

CryptoPunks公式サイトで確認した際にパンクの背景が紫色になっているものは現在入札者がいるパンクです。

入札者が居る状態で止まっているものであれば、現在の入札額以上の入札を行えば購入できる可能性があります

こちらの場合も所有者が納得した額になった時点で終了し、取引完了です。

欲しいと思ったパンクが入札中であれば挑戦してみましょう。

イーサリアムの取り扱いがある取引所

CryptoPunksの売買は先ほど解説した通りイーサリアムでのみ売買可能です。

どの仮想通貨取引所を選ぶかが大きな問題になるためイーサリアムとその売買可能な仮想通貨取引所についても解説していきます

イーサリアムの売買ができる取引所

イーサリアムが売買できる主な取引所の一部を紹介します。

  • Coincheck
  • bitFlyer
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン
  • BITPOINT
  • SBI VC Trade
  • Liquid by Quoine
  • LINEBITMAX
  • ビットバンク
  • Huobi Japan

これ以外であっても国内外問わず、仮想通貨取引所のほとんどで取引が可能です。

ほとんどの取引所で取引が可能であればあとは取引されている量や回数、各種の手数料や売買以外のサービスがポイントになってきます。

仮想通貨取引所ごとの違い

手数料は各仮想通貨取引所で大きく変わってくるため、細かくチェックしておきましょう。

取引手数料や出金手数料や入金手数料などが発生します。

またイーサリアムをパンクの売買のためにウォレットに移す際には送金手数料が必要になる場合もあります

仮想通貨は移動にお金がかかるケースがあるので、できるだけ手数料を抑える動かし方を意識しておくと良いでしょう

取引以外のサービスにも注目

仮想通貨取引所では売買以外にも仮想通貨に関わるサービスが多く提供されています

パンクの購入には直接関係ありませんが投資目的としてパンクの購入を考えていたり、仮想通貨の売買も考えている人には重要なポイントです。

パンク以外での利便性も考えて仮想通貨取引所を選びましょう。

イーサリアム自体が注目されている仮想通貨

仮想通貨といえばビットコインを思い浮かべる人が多いと思います。

実際、ビットコインは時価総額が最も高い仮想通貨としても有名です。

イーサリアムとは

そのビットコインに次ぐ代表的な仮想通貨の1つがイーサリアムです。

厳密にはイーサリアムというのはプラットフォーム名で、トークンの名称はイーサ(ETH)となっています。

しかし、ほとんどの場合プラットフォーム名をそのまま仮想通貨として表記されており、仮想通貨取引所でも「イーサリアム(ETH)」という形で表記されています。

イーサリアムはビットコインよりも取引にかかる時間が短く、大量の取引であってもスムーズに取引できるのがメリットです。

NFTのと関連性が強い

またイーサリアムは今回紹介しているCryptoPunksを始め、NFTの分野でも注目されているプラットフォームです。

NFTアートの売買もイーサリアムのブロックチェーンを利用しているものが少なくありません。

CryptoPunks以外のNFT売買を考えている場合であっても、売買で使う仮想通貨がイーサリアムとなるケースは多いです。

売買には取引所形式と販売所形式がある

仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する場合、取引所形式と販売所形式の2つの方法があります。

取引所形式

取引所形式の場合は仮想通貨を売却したいユーザーが取引所に売りの注文を出し、それを見た購入希望者が自分の条件にあった額であれば購入するという形です。

仮想通貨取引所は取引のための場の提供を行い、仲介する手数料をかけているという形です。

自分が納得した額で希望する仮想通貨を買えるのが長所です。

デメリットとしては仮想通貨取引所にもよりますが、若干複雑な取引になりがちということがあげられます。

販売所形式

販売所形式の場合は基本的に仮想通貨取引所から仮想通貨を購入する形になります。

売却したい人も同じように仮想通貨取引所に売却します。

表示されている価格を見て問題なければ購入するだけのシンプルな形式です。

パンクを購入するためにとりあえずイーサリアムを購入しようというだけであれば、販売所形式の方が簡単かつスムーズな方法です。

デメリットとしては取引所形式と比較して手数料が若干高めになりがちなことでしょう。

タイミングを見て売買を行う

パンクの価格はある程度変動を続けており、イーサリアムの価格も常に変動を続けています。

どうせ購入するならできるだけ安く買いたいというのは誰もが考えることでしょう。

仮想通貨は値上がりすることがあれば値下がりすることもあるので、タイミングを見計らってイーサリアムを購入しましょう

どうしても欲しいパンクがある場合、出品されている間に購入しなければいけないため早めに購入の必要があります。

しかし、投資目的などで特に銘柄を問わない場合は少し様子を見るのも1つの手です。

基本的に仮想通貨もNFTアートも値上がりの傾向にはありますが、世界情勢などによって大幅に下がる可能性もあります。

イーサリアムをある程度保有しておき、タイミングをみてパンクの購入を検討するのも良いでしょう。

同じように欲しいと思っているパンクが出品された際にすぐ購入できるように準備をしておくのも1つの手です。

CryptoPunksの将来性

CryptoPunksでパンクを購入する目的として、アートの一つとして価値を感じて購入する人もいると思います。

そういった人であれば価値に見合った価格であれば何も問題ないでしょう。

しかし、パンクというNFTアートを投資対象として見ている人の場合は話が違ってきます

ここでは投資対象としてのCryptoPunksの将来性について解説していきます。

CryptoPunksの売買例

パンクは10,000の種類があり、それぞれ違ったアートになっています。

希少性や人気によって価格も異なりますが、実際に売買された履歴は公式サイトから確認することが可能です。

CryptoPunk 5822

パンクの中でも#5822(パンクの名称に該当する番号)は最も高額な23,700,000$で売買が成立しました。

これは8,000ETHであり、日本円では約27億円に相当します。

10,000種あるパンクの中でもエイリアン(Alien)という属性を持ったパンクは9種しか存在せず、またバンダナの属性を持ったパンクでもあります。

公式サイトでも公表されていますが、売買が成立した価格が高い順のランキングをつけると上位3位までがエイリアンの属性をもったパンクです。

NFTは唯一性が保証されるデータでありますが、同時に希少であればあるほど価値が上がる傾向にあります。

CryptoPunk 5577

#5577のパンクは24種しかない類人猿(ape)の属性を持ったものです。

2022年の2月9日に成立した売買では販売価格が7,700,000ドル(約9億円)でした。

もう一つの属性であるカウボーイハットの属性を持つパンク自体も142種しかなく、希少なパンクの一つです。

価格としては全体で見ても過去4番目の高値となっています。

CryptoPunk 7085

#7085ブロンドのストレートヘア女性のパンクです。

女性のパンク自体は4000種弱あり、このパンクの場合は以下の4つの属性を持っています。

  • ストレートヘアブロンド
  • 女性
  • ビッグシェード
  • タバコ

2022年3月の販売価格では196,407$(約2,300万円)となっています。

先ほど紹介したエイリアンや類人猿に比べると価格は大分下がりますが、2021年8月時点でのパンク平均価格より若干下の価格です。

CryptoPunksの価値は上昇するのか

NFTアートの中でも最古ともいえるほど初期のシリーズであるCryptoPunksですが、価格としては現在でも上昇の傾向にあります。

売買例で紹介した#5822のパンクは2022年2月12日の価格であり、#5577のパンクも2022年の記録です。

希少性が高いパンクということもありますが、最高値が2022年になっても更新されているのは間違いありません。

現在でもパンクの売買は盛んに行われています。

開発元のLarva Labs社の評価

Larva Labs社は2人のアーティストが運営しているスタジオです。

CryptoPunks以外にはスマートフォン向けのゲームなどの開発も行っていました。

現在では新プロジェクトとして「Meebits(ミービッツ)」という3DキャラクターのNFTサービスが提供され始めています。

まだ新しいサービスですが既に注目が集まっているNFTです。

新たなコンテンツと合わせて注目されていく可能性がある

Meebitsも含めCryptoPunksの今後の動向にも注目が集まっています。

Meebitsに限らず、NFTアートは現在注目されている分野ということもあり様々な可能性に溢れています

またNFTは他のサービスと互換性を持つこともあり、アップデートによっては更に価値が上昇する可能性もあります

CryptoPunksのニュースや情報は欠かさずチェックしておきましょう。

投資対象としてのNFT

前の項でCryptoPunksの将来性について解説しましたが、CryptoPunks以外にもNFTは多く存在しています

CryptoPunksのパンクを投資対象として考えている人は他のNFTも検討してみましょう。

NFTへの期待

冒頭でNFTについては詳しく解説しましたが、NFTは仮想通貨と合わせて投資対象として非常に注目が集まっています。

実体がないデータ上の資産というものに不安を感じる人が減り始めたことや、世界的に有名な企業が投資目的でNFTを購入するケースを目の当たりにして全体的な意識が変わりつつあります。

実体がなくとも唯一性が保証されており、出所がよくわからない美術品と比較すれば価値が明確であり確かな投資対象です。

NFTと仮想通貨

そしてNFTの売買は仮想通貨を通して行いますが、仮想通貨自体も1つの投資対象です。

CryptoPunksを購入する場合はイーサリアムですが、イーサリアムの価値があがればパンクの価値も上昇する可能性が高いといえます。

仮想通貨自体が近年注目度が高まっている投資対象でもありますので、それと密接にからむNFTも同じような性質の投資対象となりつつあります

国境を超えた取引が容易

NFTの売買は仮想通貨で行うのが一般的ですが、これによって貨幣や国境を超えた取引が容易になっているという面もあります。

従来であれば海外との取引というのは言語や通貨の壁もあり、また実体のある商品の売買であれば商品を発送する都合もあり敷居が高いものでした。

しかし、NFTは実体がないため取引成立後も実体を移動する必要がありません

また取引で仮想通貨が使われる以上、仮想通貨を所持さえしていればいつでも売買が可能です。

メタバースとも関連性が高い

仮想通貨、NFTと並んで注目されつつあるものの中にメタバースがあります。

メタバースとは

メタバースはインタネット上の仮想空間のことで、実在はしない場所です。

しかし、ユーザーはそのメタバース内でアバターを使い第二の生活を送ったり、イベントに参加したり、買い物をしたりと自由に過ごすことができます

メタバース内でのコミュニケーションも手軽に行うことができ、自宅に居ながらメタバース上の会議室でオンライン会議を行うことも可能です。

メタバースとNFTの関係

NFTはメタバースと密接な関係があります。

一例を挙げると、メタバース内の土地がわかりやすいかもしれません。

メタバースは仮想空間ではありますが、その中のスペースにもそれぞれNFTとして所有権を持たせることも可能です。

メタバースによってはその土地をNFTとして売買しており、ユーザーはメタバース内のNFTとして土地を所有することができます。

これは土地に限ったものではなく、メタバース内の建物や自分のアバターが着用する服などがNFTとなっているメタバースも存在します。

オンラインゲームをプレイしたことがある人であればゲーム内の様々なものを自由に売買できるという感覚がわかりやすいかもしれません。

この場合、自分が所有するゲーム内の様々なアイテムがすべてNFTであり、ゲーム内通貨が対象となっている仮想通貨ということになります。

メタバース内でのNFT売買

メタバース内では先述のようにNFTを売買することができるものが多い傾向にあります。

ゲーム性を強く持っているメタバースであれば、そのアイテムとしてのNFTが売買されています。

コミュニケーション主体のメタバースであれば、メタバース内の土地や建物をはじめとする様々なものがNFTとして売買可能です。

NFTの希少性

メタバース内のNFTは仮想通貨と同じように上限数が定められており、それによって希少性が保たれています

欲しいと思った場合は他のユーザーから購入するしか方法がないため、価格が上昇する傾向にあります。

メタバースを広告の場として活用している企業も存在しますが、その場合はメタバース内でもユーザーが集中しやすい土地や建物に注目が集まります

そのメタバース内で一等地とも言える土地であれば非常に高額で取引されているケースも珍しくはなく、購入が難しい場合はレンタルという形で場所を借りれるケースもあります

唯一性と限定性が故に誰かから購入しなければ手に入らないという仕様のため、注目が集まりユーザー数が増えるほどメタバース内のNFTの価値は上昇するという環境です。

ゲームで使用されるNFT

NFTの中にはメタバースを用いたゲームで利用されるものも存在します。

ゲーム内のNFTアイテムであっても先ほどと同じように上限数が定められている場合がほとんどです。

サービス開始から時間が経っているゲームであればそのすべてのNFTに所有者が居る状態になっているということも珍しくありません

この場合も同じように他のユーザーから購入する以外の方法がありません

そのため強力な効果を持つNFTアイテムやカードは非常に高価で取引されているケースもあります。

売買で使われるのは仮想通貨

メタバースを含め、NFTの取引は仮想通貨で行われます

各NFTはどのプラットフォームのブロックチェーンを利用しているかで明確に線引きされるのが特徴です。

そのため、欲しいと思ったNFTが自分で所持している仮想通貨では購入できないということも珍しくありません。

複数の仮想通貨取引が可能な取引所

今所持している仮想通貨ではない仮想通貨が必要となる場合を考えるとスムーズに取引可能な仮想通貨取引所の口座を所持しておいた方が良いでしょう。

メジャーな仮想通貨であればほとんどの取引所で取引可能かつ、取引所形式でも販売所形式でも売買が可能です。

一方で知名度が比較的低いアルトコインなどの場合はそもそも取り扱いがない場合や、取引所形式では取引できない銘柄となっている場合も珍しくありません。

もちろん手数料などの取引にかかるコストも重要ではありますが、ある程度取扱銘柄数の多い仮想通貨取引所は利便性が高いといえます。

仮想通貨取引所の口座を作る際には費用だけでなく、利便性などにも着目して検討しましょう。

仮想通貨の運用方法

仮想通貨の価格が上昇すると同じブロックチェーンを利用しているNFTの価格も上昇することになります。

仮想通貨は短期保有で売買する人も少なくありませんが、長期保有で利益を狙う人も少なくありません

その際にただ保有するだけではなく、NFTとして保有するというのも1つの手です。

もちろん該当の仮想通貨の価格が上昇したから必ずNFTの価格が上昇するという訳ではありませんが、ただ保有しているだけより利益を増やせる可能性があります

仮想通貨の長期保有に関しては貸仮想通貨という方法もあります

どちらがより利益が出るかは場合によって異なりますので、同じ長期保有であっても様々な運用方法を検討することが重要です。

まとめ

今回は注目のNFTの1つ、CryptoPunksについて詳しく解説しました。

NFTアートの一つとして興味がある人も、投資対象として考えている人もまずは仮想通貨取引所で口座を開設してイーサリアムを購入しましょう

CryptoPunksのパンクの中には売買が行われていないナンバーもあるため、欲しいと思っているものがある場合は出品されるまで小まめにチェックしましょう。

仮想通貨と併せてCryptoPunksをNFTを投資対象と考えている場合様々な運用方法と比較することも重要です

結論!仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめです!
コインチェック
  • 最短1日で口座開設可能!
  • 仮想通貨は500円から買える
  • 取扱通貨数は18種類!色々なコインが買える
  • アプリのダウンロード数No.1
  • 口座開設・取引所手数料が無料

\今すぐ無料で口座開設する/

無料で口座開設する

※解約はいつでもできます

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる