手数料が安い仮想通貨取引所おすすめ人気ランキング【2022年7月最新】

結論!仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめです!
コインチェック
  • 最短1日で口座開設可能!
  • 仮想通貨は500円から買える
  • 取扱通貨数は18種類!色々なコインが買える
  • アプリのダウンロード数No.1
  • 口座開設・取引所手数料が無料

\今すぐ無料で口座開設する/

無料で口座開設する

※解約はいつでもできます

仮想通貨取引所は年々増えてきており、口座を持つ人も増えてきています

ひとまとめに仮想通貨といっても種類はすでに6,000種を超えています

仮想通貨取引所によって取引されている銘柄や銘柄数自体にも差がありますが、どの仮想通貨取引所が良いかということを考えると手数料が少しでも安い取引所にしたいものです。

今回の記事では仮想通貨取引の手数料という点での比較や、仮想通貨取引所ごとのメリットなどを紹介していきます。

新しく仮想通貨取引所を探している方は是非この記事を参考にしてください。

目次

仮想通貨取引所の手数料を含む基本情報

仮想通貨取引をすでに行っている人であればご存知かもしれませんが、仮想通貨取引には仮想通貨取引所と仮想通貨販売所があります。

多くの場合で取引所と販売所を併せ持っていますが、中には取引所がない場合もありますので注意が必要です。

取引所と販売所の違いについては後の項で詳しく解説します。

ここでは仮想通貨を取り扱っている取引所を中心に紹介していきます。

bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)は仮想通貨取引所を検索すると必ずと言っていいほどおすすめに表示される仮想通貨取引所です。

比較的知名度のないマイナーな仮想通貨の取り扱いもあり、メインの取引所として活用しているユーザーも少なくありません

出金手数料が比較的割高になっているのがネックですが、銘柄数も多く、あまり大きなデメリットにはなりません。

レバレッジ取引も可能なのもポイントです。

取引手数料 販売所:スプレッドのみ
取引所:0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込:無料
クイック入金:無料(住信SBIネット銀行の場合)
出金手数料 220~770円
送金手数料 0.0004BTC

GMOコイン

GMOコインは取引に関わる手数料以外がかからないため低コストで取引が可能な仮想通貨取引所です。

公式ページでは「最短10分でお取引開始」という案内も作られており、準備さえできていれば口座開設がスピーディなのも魅力の一つです。

取引形式やサービスも豊富で多くの人が満足できる環境が整えられています。

最低出金額が他社と比べると高めに設定されている点には注意が必要です。

取引手数料 販売所:スプレッドのみ
取引所:Maker-0.01% Taker0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料

Coincheck

Coincheck(コインチェック)は宣伝に非常に力を入れている仮想通貨取引所です。

ユーザー数の多さと、取引手数料無料というところがポイントです。

取り扱い銘柄数の多さも特徴で、初心者から上級者まで利用できる取引所といえます。

販売所形式の取引も可能ですがレバレッジ取引ができない点には注意が必要です。

取引手数料 販売所:スプレッドのみ
取引所:無料
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
出金手数料 407円
送金手数料 変動制

SBI VCトレード

手数料で考えた場合、SBI VCトレードはコストがかかりにくい取引所といえます。

取引所形式の場合は住信SBIネット銀行の口座であれば取引コストがほとんどかからずに取引が可能です

販売所形式の場合はスプレッドが狭く設定されているのも長所といえます。

気を付けておくポイントとしては毎日午前6時から7時までの取引が不可能なところです。

取引手数料 販売所:スプレッドのみ
取引所:無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料(住信SBIネット銀行)
送金手数料 無料

Coinbase

Coinbase(コインベース)2021年夏に日本でのサービスを開始したばかりの仮想通貨販売所です。

取引所としてのサービスは行っていません

注目すべき点はスプレッド込みの手数料で、実際スプレッドは5%を超えているところが多いのに対してコインベースでは手数料も込みで約2%となっています。

注意点としては日本でのサービスが始まったばかりということもあり、5銘柄のみしか対応していないというところです。

取引手数料 1.99%(スプレッド込み)
※2万円以下の場合は別途設定
入金手数料 無料
出金手数料 110~330円
送金手数料 無料(期間限定)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは取引所ではなく販売所です。

手数料に着目して選ぶ場合、ほとんどの手数料が無料のため目に止まりやすい仮想通貨交換業者です。

レバレッジ取引可能な銘柄数が多いのも特徴で、他の仮想通貨交換業者と差別化されています。

トラブルが起きた場合はLINEでの問い合わせが可能ということもあって使いやすい仮想通貨販売所です。

取引手数料 スプレッドのみ
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金手数料 無料

仮想通貨取引所と販売所の比較

仮想通貨の売買において仮想通貨取引所と販売所を混同している人は少なくありません

仮想通貨取引所と販売所を両方のサービスを行っているところが多いこともあり、実際にはさほど困ることはないでしょう。

違いをしっかりと把握おくことでより効率的に資産を運用できる場合もありますので、違いについても詳しく解説していきます。

仮想通貨取引所とは

仮想通貨取引所は仮想通貨の売買を希望している人同士で取引をするサービスの形式です。

自分の仮想通貨を売却したい人が売り注文を出し、それを見た購入を希望している人が買い注文を出し、価格などの条件がまとまれば取引が完了します。

上記の用に個人間での取引を行う形式になっているのが特徴です。

取引所形式のメリット

メリットとしては直接取引することもあり、取引所形式の方が手数料などが安く済むパターンが多いことでしょう。

実際多くの取引所では手数料の設定がかなり低くなっています

取引所と販売所の仕組みがよくわからない人からすると手数料だけを見て取引所の方が良いと考えがちです。

しかし、注意すべき点もあるため注意点もしっかりと把握した上で判断を行いましょう

取引所形式の注意点

取引にかかるコストを低く済ませることができるというメリットがある一方で、注文の詳細設定を自分で決めるため必ずしも取引ができるとは限りません

あくまで買い注文と売り注文がうまくマッチングすれば取引が成立するものなので、あまりにも高く売りたいという売り注文や、できるだけ安く買いたいという買い注文が成立する可能性は低いでしょう。

取引ができなければ利益を得ることもできません

価格の変動をしっかりと見据えて売買が成立する範囲の注文を出さないと取引成立自体が難しいというのが取引所形式の注意点です。

また取引所形式の場合は取扱銘柄が販売所形式よりも少ない傾向にあります。

そのため、場合によっては販売所形式を使わざるを得ないという状況もありえます。

仮想通貨販売所とは

仮想通貨販売所は非常にシンプルです。

仮想通貨の販売所(取引業者)が間に入って仮想通貨の販売を行う形式のことです。

仮想通貨を売りたい人は販売所(取引業者)に販売し、買いたい人は取引業者から購入します。

仮想通貨販売所のメリット

誰が売るか、誰から買うかなど関係なく販売所を相手に売買するため手順もシンプルですぐに売買が可能です。

また取扱銘柄も多いので様々な仮想通貨の売買を行うことが可能です。

手数料に関しては、文字通りの「手数料」という項目では無料になっている手数料も多いです。

基本的に複雑な処理や操作が必要なく売買が可能なので一般的にはまず販売所形式の取引から始めるのがおすすめされています。

仮想通貨販売所の注意点

販売所形式の注意点としては、先ほど「手数料」は無料になっているものが多いことを解説しましたがスプレッド(手数料のようなもの)が設定されています。

無料の手数料が多くてもスプレッドの幅によっては取引にかかるコストが高まってしまう場合もあります。

スプレッドに関しては次の項で詳しく解説します。

手数料無料が多いという部分だけで販売所が絶対にお得と思い込まないようしましょう。

取引所と販売所ならどちらが良いのか?

2つの特徴を解説してきましたが、どちらが必ずしも良いという訳ではありません

販売所形式も取引所形式も一長一短なところがあります。

販売所形式のメリットである銘柄数が多いことと安定して購入できるという点は非常に良いポイントですが、スプレッドが広いと取引のコストが高くなってしまい利益が出しにくくなります

取引所形式の場合は自分で設定して希望通りの注文が出せますが必ずしも取引が成立するとは限りません

また販売所であって、取引所のサービスを行っていない業者は少なくありません。

逆に取引所だけであって販売所としてのサービスを行っていない業者もあるため自分が取引を行いたいと考えている銘柄によって切り替えていく必要があります。

手数料やスプレッドは完全に固定ではなく状況によって変わってくるものでもあります。

仮想通貨の情報を収集、分析することも重要ですが取引所や販売所の動向についても情報収集を欠かさずに行いましょう。

仮想通貨取引で発生する手数料やスプレッドとは

仮想通貨取引には手数料が発生します。

この手数料は取引所によって違いが大きく、取引所を選ぶ際のポイントの一つにもなっています。

手数料の種類は多いのでどこで発生する手数料なのかもしっかりと把握しておきましょう。

取引手数料

取引手数料は仮想通貨取引における最も重要な手数料です。

基本的にはどのような仮想通貨取引であっても取引をするたびに発生するため、常に意識すべき手数料です。

仮想通貨取引所の中にはこの取引手数料が無料になっているところも存在します

一番重要ではありますが、取引手数料だけに着目せず他の手数料などを含めた取引コストを意識しましょう

入金手数料

仮想通貨を購入しようと考えた場合に日本国内であれば一般的には日本円を入金する必要があります

この際の入金にかかる手数料が入金手数料です。

銀行振込や金融機関のサービスを利用したクイック入金コンビニ入金など様々な入金方法があります。

これらの入金方法によっても入金手数料は異なることがあります。

場合によっては無料となる入金方法もありますので、できるだけ無料になる方法での入金を心掛けた方が良いでしょう。

どうしても入金手数料が発生してしまう場合は、回数を抑えられるように工夫しましょう。

出金手数料

出金手数料は仮想通貨で得た利益などを日本円として出金する際にかかる手数料です。

こちらの場合は出金額によって手数料が変動するケース手数料が固定のケース完全に無料のケースなどがあります。

無料であれば特に気にする必要はありません。

手数料が発生する場合は入金手数料と同様にできるだけ回数を減らすなどの発生機会を減らすよう心がけておくことが大事です。

送金手数料

送金手数料は所持来ている仮想通貨を現在の仮想通貨取引所から別の取引所に送信する場合にかかる手数料です。

一つの取引所で取引を続けている場合は問題ありませんが、手数料やその取引所での取引量は変化し続けます

そのため所持している仮想通貨を別の取引所に移動するケースは頻繁に起こりえます

手数料の額は仮想通貨によって異なるのが一般的です。

送金手数料の額も意識して取引銘柄を考慮しましょう。

スプレッド

仮想通貨取引について調べていると「スプレッド」という単語を目にすることがあると思います。

調べてみても専門用語が多くてよくわからないという人は少なくないでしょう。

ここではスプレッドについて詳しく解説していきます。

スプレッドとは

そもそもスプレッド(spread)は直訳すれば「塗り物」や「広がる」という意味で、仮想通貨取引などの場合は売り値と買い値の差の広がりを表すものです。

基本的には下記の通りで計算します。

スプレッド=購入価格 – 売却価格

仮想通貨の販売所を確認すると、仮想通貨ごとに売却価格と購入価格が記載されています。

例えば購入価格が100万円で売却価格が95万円である場合購入してすぐに売却してしまえばスプレッドがあるため5万円の損益です。

しかし仮想通貨の価格は常に変動を続けているため、仮想通貨の価格が下がっているときに購入して値上がりした際に売却が基本になります。

同販売所で購入しようと思った時の価格が110万円に上がった場合、スプレッドが同じなら売却価格は105万円程度になっているでしょう。

100万円で購入してここで売却すれば105万円になって5万円の利益が出ます。

スプレッドの幅がもし5万円よりも小さく3万円程度だとしたらこの際の売却価格は107万円程度になり利益の額も上がるはずです。

このためスプレッドの幅が狭い業者で取引をした方が利益を得やすいと言えます。

スプレッドの幅は業者によって大きく異なりスプレッド以外の手数料も同じように異なります

自分が取引をしたい銘柄を考えた際にどれくらいの手数料がかかるのか、スプレッドはどうかも含めてできるだけ利益が上げられるところで取引を行いましょう。

手数料が安い仮想通貨取引を行う

仮想通貨取引の手数料は前の項で解説した通り、取引所によってかなり変わってきます

手数料が安いに越したことはないので取引所を選ぶ際のポイントにもなりますが、自分で気を付けることで手数料を抑えることができる場合もあります。

手数料を抑えるための方法をいくつか紹介していきますので参考にしてください。

各種手数料が安い仮想通貨取引所を選ぶ

一番単純なのができるだけ公式サイトに記載されている手数料が安く設定されている取引所を選ぶことです。

知名度が低い仮想通貨の場合は取引所によっては取り扱いがないため手数料で選ぶということが難しい場合もありますが、ビットコインやイーサリアムなどであればほとんどの取引所で取引が可能です。

そうなってくればやはり手数料が抑えめになっている取引所を選ぶというのは一つのポイントです。

手数料がかからなくなる銀行口座を用意する

主に入金手数料が該当しますが、取引所によっては指定の銀行口座からの入金であれば手数料がかからないという仕組みになっている場合があります。

単純にこのような指定口座を持っていれば手数料を気にせず取引が可能です。

これは取引所によって異なるため、でるだけ多くの口座を使用可能にしておいた方が良いでしょう。

銀行によっては口座に預けてある金額によってメリットが発生する場合もあります。

指定の口座を使用するメリットがあるような銀行も合わせて検討しておくとよりお得な取引が可能になります。

スプレッドの狭さで選ぶ

スプレッドは主に販売所での話になりますが、前の項で解説した通りスプレッドが狭いほど利益を得やすいと言えます。

そのため販売所ごとのスプレッドの狭さは仮想通貨取引を考える際の基準の一つになります。

できるだけスプレッドが狭いところを選ぶようにしましょう。

入出金の回数を減らす

入金手数料、出金手数料は無料の取引所もありますが、どこであってもすべてが無料という訳ではありません

また入出金の手数料がかかる代わりに取引手数料が無料というパターンもあります。

こうした場合、できるだけ入出金を行う回数を減らすことで利益を上げやすくすることが可能です。

それだけ動かす金額が大きくなるので慎重に行う必要はありますが、あまり細かく動かしすぎると手数料がかさむのは仮想通貨取引においてありがちな注意点です。

できるだけ回数を抑えるようにしましょう。

販売所形式を利用する

手数料という項目だけで考えれば仮想通貨販売所での売買は手数料無料になっている項目が多い取引方法です。

スプレッドが実際の手数料に該当しますが、できるだけスプレッドが狭い販売所を利用することで実質的な手数料をかなり抑えることができます

今回は取引所をメインに紹介していますが、販売所での売買も視野に入れましょう。

手数料以外で仮想通貨取引所を選ぶポイント

手数料は仮想通貨取引において大きなポイントになりますが、手数料以外での仮想通貨取引所を選ぶポイントはいくつかあります。

手数料とそれ以外の特徴などを比較して自分に合う取引所を選ぶ方が良いでしょう。

ここでは手数料以外のチェックしておくべきポイントを紹介していきます。

取引所と販売所があるかどうか

取引所形式と販売所形式の違いに関しては前の項で解説しましたが、どちらかが一方的に優れているという訳ではありません

そのため一つの業者が取引所と販売所を併せ持っている方が利益の出る取引を行える機会が増えるでしょう。

また送金手数料の兼ね合いもあるので手持ちの仮想通貨を何度も移動させるのは思った以上にコストがかかってしまいます

両方のサービスを行っており、できるだけ手数料やスプレッドが狭いところを選んでメインの取引場所と決めてしまった方が利益が出しやすい可能性があります。

どちらか片方しかない場合はそれを補って余りあるメリットがある場合もありますので、一概には言えませんがどちらの形式でも売買ができる方が便利です。

流通量の多さ

いくら手数料が安くても売買できる量が少なければそもそも利益を出せない可能性すらあります。

各取引所の「○○(仮想通貨名)の流通量が業界№1」という宣伝を見たことがある人も少なくはないでしょう。

自分が取引したい仮想通貨の流通量が多いほど取引機会も多くなる傾向にあります。

そのため、ユーザー数や取引数なども意識して取引所を選らびましょう

ユーザー数の多さ

流通量の多さとほぼ同じですが、ユーザー数が多いほど取引は活性化します。

特に取引所はユーザー間での取引になりますので、ユーザー数が取引が成立するかどうかに直結してきます

詳細人数までは公開されていないケースが多いですが、成立した取引件数などは各業者が公開しているデータがあるので参照しておくと良いでしょう

ユーザー数が多いというのは利益が出しやすかったり、取引がしやすかったりというメリットの多さと直結している場合もあります。

口コミ情報なども含めてチェックしておくと取引所を選ぶ際には役立ちます。

流動性の高さ

流動性の高さは銘柄選びのポイントになります。

できるだけ流動性が高い仮想通貨の取引が良いとされており、その仮想通貨の取引をスムーズに行える取引所を選ぶのが無難です。

流動性が高いほど価格の変動が安定していると言えます。

逆に流動性が低いと急上昇や下降を引き起こし、思わぬ損失を出す可能性が高まります

取扱銘柄数

取り扱っている仮想通貨の銘柄数も重要です。

少ない所では数種しか扱っていないところもあり、逆に多い所では20種を超える銘柄数に対応している場合もあります。

また取引所形式は販売所形式よりも扱われる銘柄数が少ない傾向にあります。

多いほど良いという訳ではありませんが、特定の仮想通貨だけを取引するよりも複数の銘柄を扱った方が損失を出しにくいというのが一般的です。

自分が取引を行いたい仮想通貨が取り扱われているかどうか、またその仮想通貨を含め複数の銘柄の取引も可能かどうかも取引所選びでは重要なポイントです。

管理体制

仮想通貨は実体を持たないデータ上の存在です。

ブロックチェーン技術が使われており、簡単に改ざんすることはできませんがハッキング被害が全くない訳ではありません

海外では数百億円単位の仮想通貨が流出してしまうというトラブルも起きており、ハッキングなどに対するセキュリティの高さも重要視されています。

管理体制に関しては各社が自公式サイトでどのような対策を行っているか、ある程度は記載されています。

できるだけ管理体制が信用できる業者を選びましょう。

アプリやツールの充実具合

仮想通貨取引は基本的に各社の専用ツールやアプリを使って取引を行います

そのため専用アプリの使いやすさなども取引所を選ぶ基準の一つです。

また直接取引を行うアプリ以外にも情報収集用のアプリや、自分の運用情報を分析できるアプリが用意されている場合もあります。

このようなアプリが充実していると自分自身の資産管理もスムーズになるので、アプリやツール類が充実している業者を選ぶというのも一つの手です。

おすすめの仮想通貨銘柄

仮想通貨の種類は6,000種を超えており、そのすべてを把握している人というのはほとんど存在しないでしょう。

一般的に取引できる仮想通貨という意味ではだいぶ数が減りますがそれでも数十種もの仮想通貨がメジャーな仮想通貨として取引されています

その中でも金融庁に登録されている仮想通貨交換業者の間で取引が行われており、安全性や信頼性が高いと言える仮想通貨が43種類あります。

その中でも代表的な仮想通貨の一例を下記にまとめます。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッ シュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメ ン)
  • QTUM(クアンタム)

これらの仮想通貨は日本国内の多くの取引所で取引が可能になっており、メジャーな仮想通貨といえばこれらが該当します。

ビットコインイーサリアムなどの誰もが聞いたことある銘柄は流動性が高く、流通量も多いため比較的おすすめされています。

できるだけ信頼性の高い仮想通貨で取引を行うのが良いでしょう。

なぜ仮想通貨取引がおすすめなのか

仮想通貨は魅力的な投資対象の一つとして様々なところで紹介されていますが、どうして仮想通貨がこれだけ注目されているかをしっかりと把握している人は決して多くありません。

仮想通貨の性質や、投資対象としての特徴などもしっかりと把握しておくことで価格の変動などへの予測の精度も変わってきます。

仮想通貨取引がおすすめである主な理由を紹介していきますので参考にしてください。

ボラリティが大きい

不動産や株などと比較して仮想通貨はボラリティが大きいと言われています。

ボラリティは価格変動を表す言葉で、ボラリティが多きいほど価格変動が大きいことを表します。

価格が安定しないのはデメリットに感じる人もいるかもしれませんが、仮想通貨は価格が変動しやすいことを利用して利益を出すというパターンがほとんどです。

そのためボラリティが大きいと短期間で利益を出せる可能性が高まります

不動産の場合は資産という意味で安定していた方が好ましいですが、取引で利益を出すという観点では仮想通貨の方に分があります

下落相場でも儲かる可能性がある

仮想通貨の特徴として、空売りという取引方法があります。

株などの場合は所持している株を売却することで利益を出すため、基本的には下落相場であれば損失に繋がります

しかし、仮想通貨の空売りは仮想通貨を保有していなくても仮想通貨を売る取引を始められるという特徴があります。

所持していない仮想通貨を売り安くなった後に買い戻すというパターンです。

そのため下落相場でも利益を出せる可能性があるというメリットを持っています。

種類が多い

仮想通貨の種類は6,000種を軽く超えています

そのほとんどは日本国内はおろか、取引さえ困難なマイナーなコインです。

しかしメジャーな仮想通貨だけでも30種以上あります。

仮想通貨の中には特定の仮想通貨と連動して価格が上昇するものもありますが、逆に反比例するように下落するものもあります。

それらをまとめて仮想通貨取引所で取引することができるため、リスクを分散しながらも常に利益を出せる可能性があるのがメリットです。

世界中から注目が集まっている投資対象

仮想通貨がらみのニュースは徐々に目に入る機会が増えています

日本ではまだ盛んとは言い難い投資対象ですが、海外では一大市場となっています。

これから国内の仮想通貨取引所はまだ増える可能性があり、対応銘柄なども増加していく可能性が非常に高いといえます。

世界各国で徐々に広まり続けていることもあり、仮想通貨の相場自体は上昇傾向を続けています

メタバースとの関係性

仮想通貨と同じようにメタバースという言葉を耳にする機会も増えていると思います。

Facebookが社名をMeta Platformsに変更したというニュースが世界中で報道されて以降、日に日にメタバースに関するニュースも増えています

メタバースという仮想空間での取引には仮想通貨が使われることが多くこれから普及していく新しい世界で使える通貨という側面もあって仮想通貨も注目されています

まとめ

今回は仮想通貨取引所の手数料や、それ以外のサービスなどを含めてチェックすべきポイントなどを紹介しました。

仮想通貨の取引所は年々増加の傾向にあり仮想通貨へ投資する人も同じく増加の傾向にあります。

その中で利益を上げて行こうと思うと取引手数料は比較的大きなポイントとなります。

しかし手数料だけで取引所を選んでしまうのは早計です。

様々な視点からメリットとデメリットと考慮し、自分の投資スタイルに合った仮想通貨取引所を探してみましょう。

結論!仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめです!
コインチェック
  • 最短1日で口座開設可能!
  • 仮想通貨は500円から買える
  • 取扱通貨数は18種類!色々なコインが買える
  • アプリのダウンロード数No.1
  • 口座開設・取引所手数料が無料

\今すぐ無料で口座開設する/

無料で口座開設する

※解約はいつでもできます

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる