レバレッジ取引できる仮想通貨取引所おすすめ人気ランキング2022年7月最新

結論!仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめです!
コインチェック
  • 最短1日で口座開設可能!
  • 仮想通貨は500円から買える
  • 取扱通貨数は18種類!色々なコインが買える
  • アプリのダウンロード数No.1
  • 口座開設・取引所手数料が無料

\今すぐ無料で口座開設する/

無料で口座開設する

※解約はいつでもできます

仮想通貨取引でもレバレッジ取引ができることを知らない人は少なくありません。

仮想通貨取引レバレッジ取引も一長一短ではありますが、特性を活かすことができれば大きな利益に繋がる可能性があります。

しかし仮想通貨やレバレッジ取引について詳しく知らないまま取引をしてしまうのは非常に危険です。

今回は仮想通貨取引でのレバレッジ取引について詳しく解説していきますので参考にしてください。

目次

仮想通貨のレバレッジ取引ができる仮想通貨取引所

仮想通貨のレバレッジ取引を行える仮想通貨取引所はそれほど多くはありません。

今回は仮想通貨取引所の中でも一定以上の取引実績があり、おすすめと言える仮想通貨取引所を紹介していきます。

bitFlyer(ビットフライヤー)

  • 7年以上ハッキング0件
  • ビットコインの取引量が国内有数
  • 2倍のレバレッジをかけることが可能
  • 14種の仮想通貨に対応
  • 高性能な取引ツールで複数の注文方法を活用できる

bitFlyerは大手の仮想通貨取引所で、特にビットコインの取引量が多いことで有名です。

仮想通貨と言えばビットコインというほど、もはや仮想通貨の代名詞ともいえるビットコインは時価総額が最も高い仮想通貨です。

そのため取引総額も莫大な額になっており注目の銘柄でもあります。

そのビットコインの取引量が多いため利用者も多くなっているのが特徴です。

セキュリティの高さも魅力の一つです。

DMM Bitcoin

  • 365日問い合わせに対応
  • 14種類の仮想通貨でレバレッジ取引可能
  • 2倍のレバレッジをかけることが可能
  • クイック入金なら入金手数料無料
  • スマホ用アプリ、PC用ツールがそれぞれ利用可能

DMM Bitcoinはゲームや動画コンテンツなどで知名度のあるDMM.comグループが運営している仮想通貨取引所です。

レバレッジ取引可能な仮想通貨の数が非常に多いため人気があります。

またモナコイン(MONA)がレバレッジ取引できるのは国内ではDMM Bitcoinだけです。

困った時のサポートも365日対応しており、LINEでの問い合わせにも対応しています。

各種手数料が無料になっているものが多いというのもメリットです。

デジタルコンテンツに特化している企業が運営している仮想通貨取引所ということもあり、セキュリティ上の心配をすることなく取引が可能です。

GMOコイン

  • 24時間いつでも最短10分で取引開始
  • 17種類の仮想通貨を取り扱っている
  • 2倍のレバレッジをかけることが可能
  • APIにも対応
  • 東証一部上場企業のグループ会社

GMOコインはGMOインターネット株式会社のグループ企業です。

東証一部上場企業のノウハウを活かした管理体制が魅力の一つといえます。

口座開設は準備さえできていれば24時間いつでも最短10分で取引可能であるため人気があります。

スピーディに口座を開設することができる上に一部上場企業で培われたセキュリティもあり、安心して仮想通貨取引を行うことができます。

「つみたて暗号資産」「ステーキング」など他にはあまりないサービスもあるので場合によっては他の仮想通貨取引所よりも有益なこともあります。

またAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)に対応しているため、プログラムを使った自動取引を行いやすいという特徴もあります。

仮想通貨のレバレッジ取引の仕組み

仮想通貨取引のレバレッジ取引は「仮想通貨という取引銘柄」「レバレッジ取引という方法」で取引を行うものです。

レバレッジ取引自体がハイリスクハイリターンな部分があるため、実際に取引を行うのなら両方の仕組みをよく理解している必要があります。

仮想通貨とは

仮想通貨と言われるとビットコインが思い浮かべる人が多いでしょう。

実際にビットコインは仮想通貨の一つではありますが、具体的に仮想通貨とは何かと聞かれてこらえられる人は多くありません。

簡単に言ってしまえば、仮想通貨はデジタル通貨や暗号資産などと呼ばれるデータとしてのみやり取りが行われる通貨のことです。

実在する貨幣との違い

実際の通貨であれば硬貨や紙幣などがそれぞれ数種あり、特定の国で実際に運用されています。

俗に言う「お金」に該当するものです。

実際に日本に住んでいてお金といえば円を指し、硬貨や紙幣を使って日常生活を営んでいます。

しかし仮想通貨は貨幣が存在しません

仮想通貨を所有していればデータ上で残高を確認することはできますが、実体がないため自分の手に持つことはできないお金です。

身近なところではsuicaなどにチャージしたお金と考えるとイメージしやすいでしょう。

チャージしていればいつでもいくらあるかを確認することができますが、実際に貨幣として手に持つことはできません。

仮想通貨は安全?

実体がないため手元に置き続けることができない性質から資産として持っていることに不安を感じる人も少なくはありません

しかし場合によっては実体のある資産よりも仮想通貨の方が安全ともいえるでしょう。

ビットコインなどの仮想通貨はブロックチェーン技術という新しい技術が使われています。

これは取引の記録をインターネットを使って相互に保存することで、改ざんのできない保障されたデータを保持できるというシステムです。

お互いにデータを所有し、監視し合っているため不正を行うことは不可能に近いといえます。

仮想通貨のメリット

仮想通貨は投資に向いた商材であるといえます。

株取引であれば取引される時間が決まっており、いつでも売買が可能という訳ではありません。

しかし仮想通貨であれば24時間いつでも取引が可能という点で大きく勝っています。

また外貨と似たような性質を持っていますが、多くの仮想通貨は特定の国でないと使えないという制限がないために自由度が高いのもメリットです。

また貨幣価値が下がってきている国からすれば自国の貨幣をより信用の高い資産に換えたいと考えます。

この際に外貨に換えるという手が一般的でしたが、その外貨を扱っている国の資産価値もまた上下することがあります。

その点で仮想通貨は特定の国の影響をあまり受けることがないという性質から、信用と安全性が高い通貨として人気が上がってきています。

そのため値上がりが続く傾向があり投資対象としても注目を浴び続けています

レバレッジ取引とは

仮想通貨とは切り離して考えて、レバレッジ取引という取引方法があります。

レバレッジ(Leverage)は日本語にすれば「てこの原理」が近いです。

少ない力をうまく働かせてより大きなものを動かすという意味ですが、投資で言われるレバレッジ取引は少し意味合いが違います

投資用語としてのレバレッジ取引

株取引などの投資で言われるレバレッジ取引は少ない額の自己資本で本来の数倍の金額の取引を行うことを指します

例えば自己資本100万円で取引を行えば、普通であれば100万円分の取引しかできません。

しかしレバレッジが2倍であればその2倍の200万円までの取引が可能になります。

このように実際の自己資本よりも多い額の取引を行えるのがレバレッジ取引です。

レバレッジ取引のメリット

細かな手数料などを抜きで考えて、自己資本100万円でレバレッジなしで20万円の利益が出る取引だったとした場合、単純に2倍にして自己資本200万円で取引をすれば約40万円の利益です。

同様の条件でレバレッジ2倍のレバレッジ取引が可能であれば自己資本100万円で200万円分までの取引が可能になり、自己資本100万円のまま約40万円の利益を得ることができます

少ない自己資本であってもレバレッジ倍率までの取引が可能になることでハイリターンな取引を行うことができるのがレバレッジ取引のメリットです。

しかし、同時にハイリスクな取引でもあります。

レバレッジ取引のデメリット

レバレッジが2倍の場合、利益も約2倍になりますが損失が出てしまう場合その損失も約2倍になってしまいます。

レバレッジの倍率と元々の損失額によっては自己資本を超える損失となってしまう可能性があるのはレバレッジ取引の大きなデメリットです。

レバレッジ取引自体が投資初心者におすすめされていない理由はまさにこれに尽きます

ハイリスクハイリターンな取引方法

少ない自己資本であってもその数倍の額相当の取引を行うことで利益も損失も大きくなるのがレバレッジ取引です。

ハイリスクハイリターンであることは常に意識しておきましょう。

ロスカットなどの様々なルールで自己資本がマイナスになるのを避けるような仕組みが取られているケースは多いですが、損失が大きくなりやすいため例えマイナスにならなくても資本金を失ってしまう可能性があります

そのため十分な資産管理ができる投資中級者から上級者におすすめされている取引方法です。

仮想通貨のレバレッジ取引を行うメリット

仮想通貨取引とレバレッジ取引のそれぞれの特徴に関しては解決しましたが、仮想通貨という投資銘柄でレバレッジ取引を行うことによって発生するメリットがあります。

仮想通貨とレバレッジ取引は比較的相性が良いと言える投資銘柄と投資方法であるため、そのメリットはしっかりと把握しておきましょう。

利益が出る幅が大きくなる

レバレッジ取引は先ほど解説したように実際の自己資本以上の金額の取引を行うことが可能になります。

そのため利益が出ればレバレッジの倍率が高いほど利益も大きくなっていきます

損失になればその損失も大きくなりますが、利益を出せる取引であればメリットが大きい方法です。

仮想通貨取引の場合は値段が上昇傾向にあるといえます。

そのため利益を出せる可能性が高くなり、レバレッジ取引の長所を更に活かせるというのが特徴です。

実際仮想通貨取引所でレバレッジ取引を行っているところは多くありませんが、この方法で利益を効率よく出せる可能性があります。

取引の自由度が高い

仮想通貨の取引は基本的に24時間行うことができます

取引所や金融機関が稼働していない場合を除けばほぼいつでも取引ができるというのは大きなメリットです。

株式の取引であれば平日しか操作できないことが多く、仕事があると売買自体が不可能な人も少なくありません。

それに対して仮想通貨取引所で取引ができるというのは非常に自由度が高いと言えるでしょう。

また時間を問わずレバレッジ取引が可能なため365日いつでも大きなチャンスがあるともいえます。

リスクはリスクでしっかりと把握すべきですが、メリットの大きさも考慮すべきです。

ボラリティの大きさ

仮想通貨取引の大きな特徴の一つにボラリティの大きさがあります。

ボラリティとは値動きの幅のことで、比較的短いスパンで値段の変動が大きく出ることが多いほどボラリティが大きいと言います

一般的に値動きの幅はそのまま利益や損失に直結するため、ボラリティが小さい銘柄は損失が出ても大きくなりにくいですが利益が出ても大きくなりにくいです。

ボラリティが大きいほど短時間で大きな利益に繋がりやすいと言えるでしょう。

レバレッジ取引は自己資本以上の金額の取引ができるため、大きな利益が見込める場合はその利益を更に大きくすることができます

買いと売りの両方から取引

仮想通貨のレバレッジ取引では売り注文から取引が可能です。

本来投資は自分の持っている銘柄の値段が上がれば売却して利益となるのが基本です。

しかし、売り注文からの場合はその逆で価格が下がった場合に利益を得ることができます

どのような状態であっても値段に変動がでれば利益に結び付けることができるのは仮想通貨のレバレッジ取引の特徴です。

もちろん他のレバレッジ取引と同様に利益を出せるということはその分損失が出てしまう可能性もあります。

仮想通貨を担保にした取引が可能な場合もある

仮想通貨取引所によっては仮想通貨を担保にして他の仮想通貨に投資することができます。

ある仮想通貨Aを持っている状態で、それを売却して現金化したあとに別の仮想通貨Bを購入して再び売却して利益を得たとします。

この場合、仮想通貨Aと仮想通貨Bの両方を売却した2回の取引がそれぞれ課税対象となります。

しかし仮想通貨Aを持っている状態で売却せず、仮想通貨Aを担保にして仮想通貨Bを購入し売却したらどうでしょうか。

この場合仮想通貨Aは売却した訳ではないので課税対象にならず仮想通貨Bの売却のみが課税対象となります。

このような取引の場合もレバレッジ取引で利益を大きくできる可能性があるのは仮想通貨のレバレッジ取引ならではの特徴といえます。

仮想通貨の将来性

仮想通貨はボラリティが大きいことは解説した通りですが、仮想通貨自体が投資対象としてまだ伸びしろがある投資銘柄です。

仮想通貨が法定通貨になった国も存在するほどです。

suicaにチャージしたお金でコンビニエンスストアで買い物をするように、仮想通貨で日常の買い物ができるような決済方法も日々増えてきています。

良いニュースだけではありませんが、仮想通貨自体が大きく注目を集めているため何かニュースがあればそれだけでも影響が出やすい銘柄といえます。

また仮想通貨はそれぞれ発行枚数の上限が定められており、その限定性からも価格が上がる傾向にあります。

仮想通貨を使った新しい仕組みが生まれればまた価値が上がる可能性が高いでしょう。

そういった背景からも仮想通貨をレバレッジ取引することにはメリットがあります

仮想通貨のレバレッジ取引を行う際のデメリット

仮想通貨のレバレッジ取引について解説してきましたが、得られる利益を大きくしやすいのが仮想通貨のレバレッジ取引における最大の特徴です。

しかし、併せて解説してきたように損失が出る場合はその損失も大きくなりやすいというデメリットもあります。

それらを踏まえて仮想通貨のレバレッジ取引における注意点をしっかりと把握しておきましょう。

仮想通貨取引所の口座が必要

仮想通貨は仮想通貨取引を行っている取引所で口座を作らなければいけません

口座を作ること自体は簡単なケースも多くて、中には15分もかからずに口座を作れる取引所もあります。

実際大きな手間になることは少ないのでデメリットと言うほどでもないかもしれません

仮想通貨の取引所は年々増えており様々な独自サービスや特徴で差別化が図られています。

口座を作る際の必要書類は取引所によっても違いますが、基本的には下記に挙げたものは必須です。

  • スマートフォン
  • eメールアドレス
  • 本人確認書類
  • 銀行口座

少し詳しく解説していきます。

スマートフォン

仮想通貨取引では不正ログインなどの対策のために二段階認証が必須で、そのためには固定電話ではなく携帯電話の電話番号が必要になります。

二段階認証の際にはSMSでパスコードが発行される場合も多いのでタブレットなどではなくスマートフォンが必須になります。

また、次に解説するeメールアドレスも考えると、スマートフォン自体にeメールアドレスを設定できるスマートフォンが理想的です。

取引の操作自体をスマートフォンで行える取引所も増えてきていますので、一般的なスマートフォンを所持していれば口座開設から取引までほとんどスマートフォン1台で完結するケースも多いです。

eメールアドレス

スマートフォンの中には独自にeメールアドレスを設定できないものもあります。

大手キャリアなどであれば大体の場合はeメールアドレスの設定ができるので問題ありません

スマートフォンでeメールアドレスが設定できない場合はパソコンのeメールアドレスでも大丈夫です。

ただし、セキュリティ上の問題もありますので家族で共有しているパソコンなどでの使用は避けた方が無難でしょう。

設定によってはロスカットの通知などがeメールで届く場合もありますので、できるだけ時間を問わず確認することができるeメールアドレスの方が向いているといえます。

本人確認書類

本人確認書類として求められるものは取引所によって異なります。

ネット上で口座開設まで完結する申し込み方式であれば、自動車の運転免許証を求められるのが一般的です。

免許証の両面と、写真などに加工がされていないか確認するために免許証を斜め上から撮った写真などで確認されます。

結婚や引っ越しで苗字や住所が変わってしまっている場合は口座開設前に警察署で運転免許証記載事項変更届を提出して記載してもらいましょう

パスポートマイナンバーカードなどの場合も変更があった際はあらかじめ変更の届け出をしておくとスムーズに本人確認ができるでしょう。

ネット上で完結する本人確認の場合はこれらの本人確認書類についている写真と、現在の自分を撮影した画像データを照合して本人確認とされるケースが多いです。

そのため本人確認書類の写真と現在の髪型などが大きく違う場合はすぐに審査が下りない可能性もあります。

銀行口座

銀行口座は取引所によっては指定の銀行口座を求められる場合があります

大手銀行は大体該当しているので心配ありませんが、特定の銀行口座のみと限定されている取引所もあるため取引所の口座開設前に必ず確認しておきましょう。

口座を作ろうと思うと2週間前後かかるのが一般的です。

またネット上ですべて取引を行うことからネットバンキングの設定も同時に行っておきましょう。

すでに口座を持っていてもネットバンキングの設定がされていない場合は追加で設定しておくと便利です。

これも仮想通貨取引所によっては必須になっている場合があります。

レバレッジ取引は投資中級者以上におすすめ

レバレッジ取引についてもここまでで解説した通りです。

繰り返しますが、レバレッジ取引はハイリスクハイリターンな投資方法です。

そのためよく理解していない状態で手を出してしまうのは大変危険です。

仮想通貨取引所でもレバレッジ取引は「初心者にはおすすめできない」「投資上級者向け」などと記載されているケースが多いです。

ロスカットなどの安全装置でマイナスにはならなかったとしても自己資本が減ってしまえば投資を続けることは困難になります。

まして仮想通貨の取引は投資信託などと違い自分ですべて管理して取引を行います。

仮想通貨の投資に慣れておらず不安があるうちは基礎知識をつけることに集中しましょう。

証拠金維持率を常に意識しておく

レバレッジ取引では証拠金維持率を常に意識することが大切と言われています。

証拠金維持率について少し詳しく解説していきます。

証拠金維持率とは

証拠金維持率純資産を必要証拠金で割った割合のことで、証拠金を担保にして取引を行うレバレッジ取引では非常に重要な数値です。

100万円の証拠金を持っている状態で取引を行い10万円の利益を得て純資産が110万円になった場合、純資産が110万円に対して必要だった証拠金が100万円だったのでこの場合は証拠金維持率は110%となります。

逆に同じ条件で損失を10万円出してしまい純資産が90万円になった場合は証拠金維持率が90%です。

式は下記の通りになります。

証拠金維持率=取引終了時の純資産÷証拠金×100(%)

このような式で表すことができます。

ロスカットに影響する

証拠金維持率はロスカットの仕組みに大きく影響するため、できるだけ高い割合で持ち続けることが重要です。

安全のためではありますが、ロスカットの仕組みによって証拠金以下にならないように強制決済されるパターンだとこのあと上がる見込みがあっても強制的に決済されて終了してしまいます。

仮想通貨のレバレッジ取引がしっかりと資産管理ができる投資中級者以上におすすめというのは証拠金維持率も含めてコントロールできるかどうかというのが一つのポイントでもあります。

強制決済を避けるには証拠金を追加で入金するという方法もありますが、必ずプラスになるとは限りませんので注意が必要です。

余剰金での取引を心掛ける

仮想通貨のレバレッジ取引は基本的に余剰金での取引にしておきましょう

投資全般に言えることですが、生活費を投資に使うというのは絶対に避けるべきです。

レバレッジ取引では何度も解説している通り、損失も大きくなりやすいというデメリットがあります。

あくまで投資中級者以上の人が余剰金を使ってハイリスクであってもハイリターンな取引を望む時に使うのがレバレッジ取引と割り切った方が安全です。

仮想通貨の取引は特にボラリティが大きいが特徴でもあり、よりハイリスクハイリターンな傾向があります。

その点をしっかりと把握した上で仮想通貨のレバレッジ取引を行いましょう。

損切の判断基準を明確にする

投資用語の中に「損切り」という言葉があります。

当然ではありますが投資をしていると必ず利益が出る訳ではありません

自分が投資した銘柄が値下がりしてしまうと価格が戻るまたは利益が出るラインまで待ちたくなってしまうというのは投資をしている多くの人に経験があることだと思います。

しかし多少の損をしてでも売却してしまい、別の銘柄で利益を出すという考え方もあります。

自分が投資した銘柄の価格が戻るまでの間はその分の資産で取引ができませんし、戻る保証もありません。

価格の変動は投資の常ですので、自分の中でどの程度の損失を出したら諦めて他の銘柄に投資するという基準を定めておくことが推奨されています。

価格が下がった銘柄にはそれなりの理由があり、元に戻ったり逆に上がるのには時間を要するケースが多いです。

自分の決めた損切りラインに達してしまったら、気持ちを切り替えて別の銘柄への投資に切り替えるようしましょう。

上手な損切りをして別銘柄で早めに利益を上げることができれば結果的にプラスになることも少なくはありません

仮想通貨のレバレッジ取引でおさえておきたいポイント

仮想通貨をレバレッジ取引で投資する場合、ここは必ずおさえておくべきというポイントといえるものがいくつかあります。

投資全体に言えるものも多いですが、仮想通貨やレバレッジ取引ならではのポイントもあるためチェックしておきましょう。

アンテナを張って情報収集する

これは投資全体に言えることではありますが、常にアンテナを張って様々な情報収集を行いましょう

仮想通貨は非常に価格の変動が激しい投資対象です。

ちょっとしたことでも値段の変動に影響を及ぼします。

信用できる情報源を確保したり、自分で調査することも重要です。

また仮想通貨は国境を超えて取引できることもあり、世界情勢の影響も受けやすい投資対象です。

様々なニュースに向けてアンテナを張り巡らせましょう

仮想通貨取引所の取引銘柄に注目

仮想通貨取引所によって扱っている仮想通貨の銘柄や銘柄数は大きく異なります

仮想通貨には特定の仮想通貨と同じような価格が変動が起きる銘柄もありますが、まったく逆の動きをする銘柄もあります。

仮想通貨でレバレッジ取引を行うにしてもある程度対応銘柄が多い取引所の方が利益が出る銘柄を選びやすいと言えるでしょう。

仮想通貨の取り扱い銘柄が多くてもレバレッジ取引ができない仮想通貨取引所もあるため、取引所についても詳しく調べておく必要があります。

その上でできるだけ銘柄数が多い仮想通貨取引所を選ぶようにしましょう。

レバレッジ手数料に注意

仮想通貨のレバレッジ取引というケースで特に注意すべきなのはレバレッジ手数料の発生タイミングです。

24時間取引できるのが仮想通貨取引の利点であり、その上でレバレッジ取引を行うことでより大きな利益を出せるのが特徴ではあります。

しかし、仮想通貨取引の場合はレバレッジ手数料が1日が終わるタイミングであるロールオーバーの時点でポジションを所持していると発生する仕様になっています。

レバレッジ取引でなければかからない手数料ですが、仮想通貨の場合はロールオーバーのタイミングに気を付ける必要があります。

またこの場合のレバレッジ手数料は1回払えば終わりという訳ではなく、ロールオーバーのタイミングを迎えるたびに発生し続けます

ポジションを所持し続けていれば発生し続けるという点には十分注意しておきましょう。

常にリスクを意識する

ここまでしつこいほど解説してきたように仮想通貨のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンなものと言っても過言ではありません。

そのためリスクを常に意識して最小限に抑えて、損失が出てしまっても割り切って損切りをすることが重要です。

リスク管理ができる人であれば一時的に損失を出しても別の銘柄で利益を重ねることもできる可能性があります。

常にリスクを意識して、生活や資産運用に大きな影響を出さない程度に留めるようしましょう。

まとめ

今回は仮想通貨でレバレッジ取引を行う際のメリットやデメリット注目しておくべきポイントなどを詳しく解説しました。

仮想通貨とレバレッジ取引の長所を組み合わせることでより大きな利益を作ることが可能になるのが仮想通貨のレバレッジ取引ですが、損失が出る場合は逆に大きな損失となってしまう可能性があります。

しっかりとリスクを理解した上で資産管理を行える投資中級者や上級者向けの投資方法といえるでしょう。

この記事を参考に、2つの特徴を把握した上で仮想通貨のレバレッジ取引を行ってみましょう。

結論!仮想通貨を購入するならコインチェックがおすすめです!
コインチェック
  • 最短1日で口座開設可能!
  • 仮想通貨は500円から買える
  • 取扱通貨数は18種類!色々なコインが買える
  • アプリのダウンロード数No.1
  • 口座開設・取引所手数料が無料

\今すぐ無料で口座開設する/

無料で口座開設する

※解約はいつでもできます

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる