エイダコインの買い方・購入方法や仕組み・特徴まで徹底解説【2024年6月最新】

(※一部プロモーションを含みます)

【結論】口コミで分かった編集部おすすめ取引所

結論!当サイトが口コミをリサーチした結果、みんなから支持を得ている転職エージェントは次の2つだと判明しました!

どの取引所に登録しようか悩んでいる方は、コインチェックとFTXの2つだけは登録することをおすすめします!

  • 最短1日で口座開設可能!
  • 仮想通貨は500円から買える
  • 取扱通貨数は27種類!色々なコインが買える
  • アプリのダウンロード数No.1
  • 口座開設・取引所手数料が無料

結論!始めて仮想通貨を購入するならアプリの使いやすさ抜群のコインチェックがおすすめです!

\仮想通貨が500円から買える!/

※今買わないと買い時を逃して損してしまうかも...

bitpoint

  • スマホで簡単に仮想通貨の取引ができる
  • 手数料が無料
  • SBIグループが運営しておりセキュリティ面で安心感

bitpointはSBIグループが運営しており、十分なセキュリティ対策が整っている取引所だと言えます。

\仮想通貨が500円から買える!/

※今買わないと買い時を逃して損してしまうかも...

よく読まれる記事

カルダノ・エイダコイン(ADA)は、暗号資産取引所BITPOINTが2021年の8月25日に、日本で初めて扱われたことで有名になりました。

2021年9月13日には大型アップグレード「アロンゾ」が実装され大きな話題となりました。

そこでエイダコインの買い方や始め方、将来性について知りたいという人も多いのではないでしょうか。

ここではエイダコインについて詳しく紹介していきます。

目次

エイダコインとは

エイダコインは「Cardano」で利用する仮想通貨です。

ブロックチェーン技術が取り入れられており公平性、安全性が高い点が特徴です。

後ほど詳しく記載しますが、従来のオンラインカジノではユーザー側にとって不利になる可能性もあり、公平性に欠けるケースもありました。

エイダコイン(ADA)は独自の技術により、こういった問題を解決することを可能にしています。

またエイダコイン(ADA)は開発が進められており、オンラインカジノCardanoでの利用目的を越え、様々な業界において将来性があると言われています。

日本で取り扱いスタート

エイダコイン(ADA)はこれまで日本の仮想通貨取引所では購入することができませんでした。

しかし、BITPOINT(ビットポイント)で日本初のADA(エイダコイン)の取り扱いが予定されています。

エイダコインがリスティングされた理由としては、国内外からの人気が高く、大きな取引高が見込めるためです。

また、SDGsの観点において、エイダコイン が目指す場所は優れています。

取り扱い開始日時は、2021年8月下旬頃です。

エイダコイン(ADA)を保有して、ネットワークに参加するだけで、報酬を得ることができるステーキングのシステムが構築されています。

大型アップデート「Vasil」を実装予定

エイダコインは大型アップデートの「Vasil」の実行を予定しています。

Vasilは2022年6月29日に実装が予定されており、ネットワーク処理性能の拡大やスマートコントラクト言語の改善に繋がると言われています。

また、ブロックサイズの拡大により、多くのデータがブロックへの保存ができるようになる見通しです。

アップデートに対する期待値は高く、実装されればエイダコインの需要も増すのではないかという声も多いです。

当初は、6月29日のアップデートが予定されていましたが、7つものバグを指摘されたことから、4週間の延期が決定しています。(参考:エイダ(ADA)、大型アップグレード「Vasil」が延期に)

オンラインカジノ「Cardano」で使用可能な仮想通貨

エイダコイン(ADA)は、オンラインカジノ「Cardano」で使用可能な仮想通貨です。

オンラインカジノとは、インターネット上に展開されるカジノサービスを指します。

また「Cardano(カルダノ)」は、スイスにある「カルダノ財団」が運営者のプラットフォームの名称です。

元々エイダコイン(ADA)は、そんなオンラインカジノの一つ「Cardano」で利用することを目的として生み出された仮想通貨でした。

現在はそのブロックチェーン技術を様々な分野で活用し、法定通貨に代わる通貨を目指した開発が進められています。

チャールズ・ホプキンソン氏の参画

エイダコイン(ADA)は、天才数学者チャールズ・ホプキンソンによって開発されました。

チャールズ・ホプキンソン氏は暗号通貨の第一人者としても呼び声高く、イーサリアムの開発に携わったことでも有名な人物です。

ビル・ゲイツも認めたとされているホプキンソン氏が開発に参画していることでも、エイダコインの信頼性や注目度は上がると言えます。

エイダコインのメリット・魅力

ステーキングにより、通貨を持つことで報酬を入手可能

エイダコイン(ADA)は、仮想通貨を保有するだけで報酬を得ることもできます。

ステーキングでは、ある仮想通貨を保有することで、ユーザーはその仮想通貨のブロックチェーンを維持する役割を担います。

エイダコイン(ADA)ではこのようなステーキングシステムを2020年7月のアップデートから開始しました。

国内では、CoinTradeが2022年7月からエイダコインのステーキングサービスの提供を開始しています。現時点で想定されている年間の利回りは約5%前後とされています。

スマートコントラクトを実装

エイダコインはスマートコントラクトが実装された仮想通貨です。

スマートコントラクトといえば、イーサリアムに実装されている機能で有名ですが、エイダコインのスマートコントラクトは「Plutus(プルータス)」という独自のものです。

「Plutus」を取り入れたことで、イーサリアムよりもセキュリティが強く、機能性の高い仮想通貨になると期待されています。

スマートコントラクトは契約を自動化するものですが、「Plutus」は契約のみでなく、個人情報の記録も行ってくれます。

合意システム「PoS」の採用

エイダコイン(ADA)は合意システム「PoS」を採用しています。

PoS(Proof of Stake)とは、コインの保有量や保有期間に応じて報酬を受け取れるアルゴリズム(仕組み)のことをいいます。

従来はPoW(Proof of Work)といって、膨大な量の計算をいち早く処理した人に報酬が与えられるアルゴリズムが主流でした。

エイダコインでは、アルゴリズムをPoW方式からPoS方式に変更することを予定しています。

膨大な仕事量が必要とされるPoW方式では、それだけ膨大な電力を消費してしまうことが問題でした。

それに対しPoS方式はコインを保有するだけでいいので、電力の消費を大幅に削減することができ、環境への負荷を軽減することができます。

また公平性に関しても、PoS方式はPoWより優れているといわれています。

さらにエイダコイン(ADA)では、取引の処理の効率が良くスピーディなことでも有名です。

エイダコイン(ADA)は、取引などのデータ処理を複数の階層に分けることにより処理の高速化を可能にしました。

エイダコイン(ADA)のこういった特徴は、今後も医療や金融、教育など様々な場面へと幅を広げていくことが予想されています。

エイダコイン(ADA)を購入できる国内取引所

カルダノ・エイダコイン(ADA)は海外だけでなく、国内の仮想通貨取引所でも取り扱っています。国内でADAを購入できるおすすめは3つの取引所です。

  • BITPOIN
  • GMOコイン
  • Coincheck

まだ口座を開設していない方は、それぞれの特徴を把握して使いやすそうなほうでADAを購入しましょう。

BITPOIN

BITPOINTはETH・BCH・LTCの取引量が国内No.1の仮想通貨取引所です。現物取引にかかる手数料がすべて無料であり、余計なコストをかけずに取引を行えます。

さまざまな取引方法を提供しているため、ADAのレンディングやステーキングを選択できるのも魅力です

取引所名称 BITPOIN
取扱通貨種類 14種類
取引手数料 無料
安全性/セキュリティ コールドウォレット/マルチシグ/二段階認証/SSL
登録までの時間 不明
レバレッジ取引 なし
貸仮想通貨(レンディング) あり
暗号資産交換業者登録番号 関東財務局長第00009号
公式HP https://www.bitpoint.co.jp/

GMOコイン

GMOコインは、インターネットプロバイダで有名な「GMOグループ」が運営する取引所です。2年連続でオリコン顧客満足度No.1を獲得しており、初めての方でも安心して利用できます。

またカルダノ・エイダコイン(ADA)をはじめ、22種類の銘柄を取り扱っているので、メインとして使いたい方におすすめです。

取引所名称 GMOコイン
取扱通貨種類 22種類
取引手数料 無料
安全性/セキュリティ コールドウォレット/マルチシグ/二段階認証/SSL
登録までの時間 10分
レバレッジ取引 あり(最大2倍)
貸仮想通貨(レンディング) あり
暗号資産交換業者登録番号 関東財務局長第00006号
公式HP https://coin.z.com/jp/

Coincheck

取り扱っている仮想通貨の銘柄数が国内でも多い取引所なので、数多くのコイン取引に対応しています。

取引所の取引手数料が無料となっており、気軽に取引を行うことができます。

500円くらいからビットコインをはじめとした仮想通貨を取引できるので、少額から仮想通貨を触れることも可能となっています。

取り扱い銘柄 取引所
(5銘柄)
BTC/ETH/FCT/MONA/PLT
販売所
(18銘柄)
BTC/ETH/ETC/LSK/XRP/XEM

/LTC/BCH/MONA/XLM/QTUM

/BAT/IOST/ENJ/OMG/PLT

/SAND/DOT

取引手数料(税込) 取引所 メイカー手数料:0.000%
テイカー手数料:0.000%
販売所 無料(スプレッド:0.1〜5.0%)
入金手数料(税込) 銀行振込(日本円):無料(各銀行の振込手数料あり)
コンビニ入金:770円~1,018円
クイック入金:770円~入金金額×0.11% + 495 円
出金手数料(税込) 407円
対応する取引
(現物取引以外)
レバレッジ取引 非対応
積立 対応

エイダコインの買い方:BITPoint

ここからはエイダコインを取引するためにBITPOINTを例に手順を紹介します。

手順としては以下になります。

公式ページから申し込みをする

公式ページにいくと「かんたん口座登録はこちら」というボタンがあるのでそちらをクリックします。

クリックした後はメールアドレス登録、内容確認の順で情報を入力します。

最後のメールアドレス登録完了まで行くと本人確認書類の提出が必要になります。

個人情報の登録と本人確認書類を提出する

口座開設するためには次に個人情報の登録と本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認書類に必要な書類は以下の通りです。

  • 日本国籍の方:運転免許証またはマイナンバーカード(写真付き)のどれか一点
  • 外国国籍の方:在留カード(在留期間が1年以上のもの)   

本人確認書類の提出が終わると審査に入り、審査に通れば登録したメールアドレスに口座開設完了のメールが届きます。

書類は登録した住所へ発送されますので受け取って確認しましょう。

また、スムーズに口座開設を完了するために、本人確認書類はあらかじめ準備しておくのがベストです。

口座開設が完了したら仮想通貨を購入する

以上の順番で口座開設が完了したら取引サイトにログインして実際に仮想通貨を取引しましょう。

なおBITPOINTでは、カルダノ・エイダコインの日本取扱開始を記念して、2021年9月8日までカルダノ・エイダコインの購入金額の10%分をプレゼントするキャンペーンを行っていました。

今後も何かしらのキャンペーンが行われる可能性があるので、登録しておいていつでもキャンペーン情報を得られるようにしておきましょう。

エイダコインの買い方:GMOコイン

口座を開設

パソコンからでも申し込みは可能ですが、アプリが便利です。

  • iPhone「暗号資産ウォレット GMOコイン」
  • Android「ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ウォレット GMOコイン」

なお口座開設には、本人確認書類が必要です。あらかじめ用意して進めるとスムーズに申し込みができます。

「本人情報」を入力・登録する

メールアドレスとパスワード、電話番号の登録が完了すると、本人確認情報の登録画面が表示されます。画面に従って氏名や住所を登録します。

本人確認書類の記載内容と相違があると、登録情報の修正や書類の再提出を求められます。必ず本人確認書類と一致するように入力しましょう。

以下はよくある入力ミスの例です。

  • 集合住宅の建物名や部屋番号の抜け漏れ
  • 番地の入力ミス
  • 転居後の住所が記載されていない

本人確認書類を2つの方法のいずれかで提出

GMOコインで本人確認書類を提出する方法は2種類あります。かんたん本人確認のほうが必要な書類の数が少なく、GMOコインでも推奨されています。

「かんたん本人確認」では、本人確認書類の写真撮影と自撮り撮影を行います。

自分が持っている本人確認書類を選択して撮影します。有効期限切れの書類は受け付けてもらえないので、必ず有効期限内の書類を用意してください。

自撮り撮影では正面からの他、画面で指示された方向に顔を向ける撮影もあります。このときは、かなりゆっくりと顔を動かさないとエラーになります。

また背景に人がいたりカーテンの柄が入ったりすると、認識されないことがあります。できるだけ無地に近い背景で撮影するとスムーズに撮影が進みます。

「画像アップロード」では自撮り撮影はありません。代わりに書類が2種類必要です。利用できる画像の条件は以下のとおりです。

  • 画像のサイズ:5MB以内
  • 画像の形式:jpg、png、gifのいずれか

iPhoneで撮影した画像はheic形式で保存されていることがあります。アップロードする際に画像の形式やサイズを確認しましょう。

顔写真付きの本人確認書類を持っていない方は「画像アップロード」を利用しましょう。画像アップロードでは、以下の書類から2点の提出が必須です。なお​​外国籍の方の場合、在留カードか特別永住者証明書のいずれか1点が必須です。

書類の種類 かんたん本人確認 画像アップロード
運転免許証
運転経歴証明書
個人番号カード(マイナンバーカード)
住民基本台帳カード(顔写真あり)
在留カード
特別永住者証明書
各種保険証
パスポート
住民票の写し
住民票記載事項証明書
印鑑登録証明書

日本円を入金

GMOコインへの入金方法は「即時入金」と「振込入金」の2種類から選択できます。

即時入金は、インターネットバンキングが必須です。インターネットバンキングを使っていない場合は「振込入金」で入金しましょう。

即時入金の方法

ログインして「日本円入出金」を選択します。次に「即時入金」タブを選択。入金元の金融機関を選択します。

即時入金はGMOあおぞらネット銀行など10行が対応していますが、一部の金融機関はpay-easy(ペイジー)での入金です。Pay-easyで入金した場合、入金額相当の仮想通貨は7日間、外部に送金することができません。

入金額を入力して「入金開始」をタップし、金融機関のWebサイトで振り込み手続きをします。

入金元金融機関のサイトへ遷移するので、遷移先で入金手続きを進めてください。なお振込名義人がGMOコインの口座と同じ名義でないと、入金できません。必ず本人名義で振込を行ってください。

振込入金

GMOコインの振込入金は、ATMなどからの現金による振り込みや、インターネットバンキングで振り込むことも可能です。

ログインして「日本円入出金」を選択、振込入金」タブを開き、表示される振込先へ振り込みます。

なお振込先の口座は、利用者ごとに割り当てられています。GMOコインの口座と同じ名義による振込でないと取引を停止されることもあるので、必ず自分の銀行口座から振り込むようにしましょう。

仮想通貨を購入する

GMOコインでは仮想通貨を購入する方法がいくつかあります。購入できる仮想通貨の種類や買い方が異なるので、自分に合った方法で購入しましょう。

GMOコイン取引所では現物取引とレバレッジ取引が可能

GMOコイン取引所では、以下の2つの取引方法があります。

  1. 現物取引
  2. レバレッジ取引

現物取引とは、自分が持っている資産の分だけ売買ができる方法です。たとえば1万円の日本円残高があれば、ビットコインを1万円まで購入できます。

一方、レバレッジ取引は現物取引と異なり、自分の持っている資産以上の金額を売買できます。独特のルールが多いため、投資経験者向けといえるでしょう。

またGMOコインでは、現物取引でもレバレッジ取引でも「成行注文」「指値注文」の両方を使うことができます。それぞれの注文の特徴や注文方法は後述します。

GMOコイン取引所で扱っている仮想通貨の銘柄は取引方法で異なる

取引所の現物取引ではビットコインを含む21種類を取り扱っていますが、レバレッジ取引では5種類のみで、エイダコインはレバレッジ取引ができません。

「成行注文」と「指値注文」

取引所で購入する場合には「成行注文」と「指値注文」が選択できます。

「成行注文」は値段を指定せずに、現在価格から1番近い価格で注文で、「指値注文」は値段を指定してその価格になったら取引が行われる注文方法です。

購入価格を安くする・初心者には「指値注文」がおすすめです。

  1. 取引数量(AGA)で買いたい数量を入力
  2. 注文レート(円)で買いたい価格を入力
  3. 売買区分で「買い」を選択

全ての入力を終えたら、「確認画面へ」を押しましょう。

注文が約定すれば、今度は「注文履歴」に掲載されます。慣れてしまえば30秒もかからない簡単な作業です。誤発注を防ぐために、注文の前と行った後に必ず確認(価格や数量、金額など)を行うようにしましょう。

エイダコインの買い方:Coincheck

Coincheck (コインチェック) で口座開設

Coincheckの公式ページに進み「口座開設 (無料) はこちら」をクリックしてください。

アカウントを登録しログインしたら、本人確認書類を提出しましょう。本人確認書類としては、運転免許証・マイナンバーカード・パスポートなどの顔付き身分証明書が利用できます。

本人確認書類を提出し審査が完了次第、取引が可能になります。審査は最短即日〜2日ほどで完了します。 (営業日外や混雑時は時間がかかることがあります。)

仮想通貨(ADA)を購入

Coincheckの「日本円を入金する」という項目を選びます。

「日本円を入金する」を選択すると「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3種類から入金方法を選択できます。こちらの画面は本人確認が完了した後にアンロックされます。

今回は「銀行振込」を例にとって説明をしていきます。「銀行振込」の画面で表示される銀行口座へご自身の金融機関から入金します。

日本の銀行の振り込みは即日反映されないこともあるので、お使いの金融機関の振込環境を確認して余裕をもって入金を行いましょう。

急ぎの方にはコンビニ入金が便利です。休日や銀行の営業時間や営業日に限らず入金ができますが、手数料が高めです。

日本円の入金が反映されたら、左のメニューから「販売所 (購入) 」を選択します。ここではADAを購入しましょう。

  1. ADAを選択します。
  2. ここには購入する ADAの枚数を入力します。
  3. こちらで再度、購入する仮想通貨がエイダコインであることを確認しましょう。
  4. 「合計」に表示される金額を確認し「購入する」ボタンを押します。

これで購入は完了です。着金した仮想通貨は左のメニューの「ウォレット」から確認できます。

着金までに10-30分かかるので、すぐに購入が反映されなくても焦る必要はありません。しかし1時間待っても購入が反映されない場合はCoincheckに問い合わせてみましょう。

エイダコイン (ADA) を購入するタイミング・買い時は?

エイダコイン (ADA) の買い時を見極めるポイントは大きく2つあります。

1つめは、開発段階の進捗です。処理能力、相互運用性、持続可能性を兼ね揃えたブロックチェーンを目指す中で、エイダコイン (ADA) の開発段階は5段階に分かれています。

  • Byron (基礎)
  • Shelley (分散型)
  • Goguen (スマートコントラクト)
  • Basyo (スケーリング)
  • Voltaire (ガバナンス)

2021年に入ってからの高騰は、9月12日に実装が完了する第三段階Goguenへの期待が要素の一つに挙げられるでしょう。

Goguenではスマートコントラクト機能の実装を目指していて、これが実現すればCardanoネットワークがDeFi (分散型金融) のベースブロックチェーンとして幅広く利用されることが期待できます。

エイダコイン (ADA) は第一世代のビットコイン (BTC) 、第二世代のイーサリアム (ETH) に代わる、第三世代のブロックチェーンとなることを目指しています。

今後もアップデートが報告されるタイミングで価格が上昇する可能性が高いでしょう。

2つめは、カルダノのプロジェクトの1つである「EMURGO」の進行です。

EMURGOはCardanoネットワークの構築を支援するために設立されたスタートアップで、関連企業へのコンサル・営業を主な事業としています。

主な実績として、オンラインギフト市場でトップシェアを誇るBidaliとの提携や、デジタル業界の商工会議所デジタルコマース商工議会所への加盟、ステーキング事業を展開するMOONSTAKEとの提携などを行ってきました。

今後もサービス開発に向けての資本提携、事業参入が進んでいけば、カルダノネットワークの拡大に繋がり、エイダコイン (ADA) の価格上昇も期待できるでしょう。

エイダコイン(ADA)の今までと今後の動き

2021年2月:開発アップデート・パートナーシップ締結の影響で価格が10倍

一番大きな変動を見せたのが2021年2月で、価格がおよそ10倍になっていることがわかります。

この背景には開発アップデートとパートナーシップ締結の影響があるとされています。

新たに行われたパートナーシップの締結で、DeFiNFTがカルダノに登場し非常に大きな価格の高騰要因となりました。

  • DeFi…ブロックチェーンの用途を単なる価値の移動から、金融的な物に拡大する
  • NFT…偽造不可な鑑定書・所有証明書付きデジタルデータ

2021年2月〜4月:アップデート・ホスキンソン氏の発言で価格が微増

2021年2月~4月の間にも価格は微増ながら伸び続けていました。

この背景にはカルダノの創立者チャールズ・ホスキンソン氏が仮想通貨に関する発言をしたことで注目を浴び、結果として認知度や注目度が上がったことが背景にあると推測されます。

2021年5月:イーロン・マスクの発言を受け、環境負荷の少ないADAが過去最高額へ

2021年5月に入ってから再度、爆発的な伸びを確認できるかと思います。

この背景にはイーロン・マスクのビットコインを用いたEVの購入受付を一時的に停止する発言が関係しています。

この発言で大半の仮想通貨の価格は急落しましたが、環境負荷が少ないトークンを利用しているADAは注目を浴び、価格が急上昇しました。

2022年9月:60円台と低空飛行を続ける

2022年9月1日にアメリカの人気投資アプリ「ロビンフッド(Robinhood)」で、カルダノ・エイダコイン(ADA)の取り扱いが開始されました。

その影響か一時的に74円台まで上昇しましたが、徐々に価格が下がり60円台の低空飛行を続けています。

ADAの価格が上昇するには大型アップデートなど、大きなインパクトのあるイベントが必要かもしれません。

将来性と今後の見通し

開発段階は5段階中2段階目

カルダノ・エイダコインの開発段階は以下の5段階に分かれています。

  1. BYRON…基礎の部分の開発
  2. SHELLEY…非中央集権化の実現を果たす(←現段階)
  3. GOGUEN…スマートコントラクトの実施
  4. BASHO…スケーリングによるオアフォーマンスの向上
  5. BOLTAIRE…最終段階として統治をテーマとする

現段階ではまだ2段階目のSHELLEYです。

あと3段階ステップがあり、その都度価格が上がることは言うまでもありません

具体的なロードマップはまだ公開されていませんが、気長に待つのが良いです。

技術開発が順調に進んでいる

技術開発は今も順調に進んでおり、「Daedalus3.3.0」がリリースされたことで、有権者登録機能などが実装されました。

ブロックチェーンで、新規トークンやNFTが発行可能になる機能もリリース予定です。

このように技術開発がどんどんと進んでいけば、これからも価格が上昇していく可能性があると言えるでしょう。

2021年9月13日にも大型アップデートである「アロンゾ(Alonzo)」が完了し、大きな話題となっています。

このアップデートによりカルダノにスマートコントラクト機能が追加され、DeFiを主とした分散型アプリ(Dapp)の構築がカルダノ上で可能になりました。

今回のアップデートには、大きな期待が寄せられており今後の動向に注目が集まっています。

今後実装されるアップデートのVasil(バシル)では、ブロックチェーンのスケーリング機能向上につながるとされており、さらに期待が高まっている状況です。

海外投資家は2021年末に10ドル到達が期待できると強気の姿勢

海外の投資家の発言を見ていると、2021年末には10ドル到達が期待できると強気の姿勢を見せています。

もちろん投資商品なので、100%到達すると言った確証はありませんが、プロのトレーダーの見解なので参考にする価値は十分にあるのではないでしょうか。

AdaPay(エイダペイ)などADAの普及がポイント

エイダコインの用途として元々はカジノ由来の物でした。

しかし今後は支払いを簡単に処理できる決済ソリューションとしてAdaPayなども公開されており、カルダノ・エイダコインによる支払いを受け入れられる流れへと移行しつつあります。

このAdaPayを含めたADAの普及が今後の価格を左右すると言っても過言ではありません。

現時点でこの決済ソリューションは、簡単にウェブサイトに導入できるように開発されている他、将来的には貸付サービスやデビットカードの発行も予定されているので、今後さらに利用の幅が拡大していくと期待されています。

新ファンドへの期待感

2022年は仮想通貨市場全体での不安定さから、多くのアルトコインが下落しています。

そんな中エイダコインは、市場が不安定であった3月~4月に一時的な上昇を見せました。

これが、エイダコインの流動性を支援する新ファンドによる期待感も要因の1つと考えていいでしょう。

2022年3月に、エイダコインを支援するADA Yield Fundというファンドが設立され、その規模は120億円にも上ります。

エイダコインに対する永続的な支援が事実上約束されていることから、今後の安定した需要に期待が持たれているのです。

長期保有におすすめ

エイダコインはまだまだ開発途上の仮想通貨のため、今後長期的に見て徐々に伸びていくことが予想されます。

開発段階も2017年7月の段階で2段階まで進み、そこからはあまり開発に関する進捗の兆しが見て取れません。

したがってカルダノ・エイダコインは短期的な投機目的で購入するよりも長期保有に適した仮想通貨と考えていいでしょう。

日本人からの人気が高い

エイダコインは日本国内の仮想通貨取引所での取り扱いがありませんでした。

しかし、複数の仮想通貨取引所や企業が実施している仮想通貨の人気アンケートでは上位にランクインしています。

特に「CoinGenko Japan」の仮想通貨へのアクセス数を調査したランキング(2021年2月6日~2月12日)で、ADAが1位になったことは話題となりました。

そして、ついに2021年8月末には国内仮想通貨取引所であるBITPointでの取扱いが開始されました。

エイダコインのステーキングでは約6%ものリターンを一年で得られると言われており、その好利回りもエイダコイが人気の理由の一つとなっていると言えるでしょう。

加えて、エイダコインの開発者が、イーサリアムの開発にも関わっていた、天才数学者のチャールズ・ホプキンソン氏ということもあって、エイダコインは将来有望のコインだと賞賛する声が多いです。

エイダコイン(ADA)で稼ぐには?

エイダコインは将来的な価格上昇に期待できる仮想通貨なので、長期保有を前提に投資する方が多いでしょう。

ただ、長期保有しているだけだと値上がりを待っている期間は利益が生まれません。そこで、エイダコインを長期保有しながら稼ぐ方法を解説します。

ステーキングで稼ぐ

エイダコインをステーキングすると、GMOコインでは年率3.3%〜4.7%程度の金利収入が得られます。

ステーキングとは、Posを採用している仮想通貨を預けることで金利収入が得られる稼ぎ方のこと。

ステーキングは取引所のステーキング機能を利用すると簡単に始められ、他にはBinanceに預けると年利15%程度の金利収入が受け取れる場合もあります。

ただ、海外取引所は操作が難しく、金融庁からの認可を受けていないため、安全な国内取引所で始めましょう。

セービングで稼ぐ

セービングは保有している仮想通貨を預けると金利収入が受け取れる稼ぎ方です。

同じような仕組みにステーキングがありますが、セービングとステーキングの違いは以下の通りです。

セービング ステーキング
  • 金利が低い
  • いつでも出金できる
  • Posを採用していない仮想通貨でもOK
  • 金利が高い
  • 1度預けると一定期間は引き出せない
  • Posを採用している仮想通貨のみ

どちらを利用して稼げばよいか迷っている方は、1年以上のスパンでエイダコインを売らない場合は「ステーキング」、短期で売る可能性のある場合は「セービング」を利用しましょう。

また、セービングは国内取引所だと利用できず、海外取引所のBinanceを利用する必要があることも考慮しておきましょう。

エイダコイン (ADA) を購入する上での注意点

ロードマップを確認する

エイダコイン (ADA) に投資する前に、まずはエイダコイン (ADA) とは何なのか、今後どのように開発されていくのかを知っておく姿勢が大切です。これらはエイダコイン (ADA) のロードマップ[5]で確認できます。

入金時や出金時にアドレス入力ミスをしないように気をつける

エイダコイン (ADA) を入出金するときは、アドレスの入力ミスに気をつけましょう。間違ったアドレスに送金してしまうと、エイダコイン (ADA) を失ってしまう可能性があります。

仮想通貨を別の取引所やウォレットに移動させるときは、専用のアドレスが必要です。

アドレスは複雑な文字列が長く続いているので、1字1句丁寧にコピーし、所定欄に貼りつける作業を要します。

あくまで余剰資金を投資する

投資の際は余剰資金の範囲内に収めましょう。仮想通貨投資は、どうしても投機性が高いです。有名人のちょっとした発言や国の政策などであっという間に価格が高騰・下落してしまいます。

仮想通貨投資にのめり込み、資金を注ぎ込んだり消費者金融からお金を借りたりして借金を抱えてしまった人も少なくありません。

仮想通貨には将来性がありますが、欲張らず余った資金で投資するようにしてください。

分散投資してリスクヘッジする

仮想通貨に投資するなら、分散投資をおすすめします。なぜなら、集中投資はリスクが高いからです。

エイダコインのみに集中投資していると、エイダコインより優れた通貨が出たり、カルダノ財団が問題を起こしたりした際に、致命的なダメージを負ってしまうでしょう。

しかし、ビットコインやイーサリアム、その他の通貨に分散していれば、ダメージは幾分か抑えられるはずです。

他の銘柄への投資も考える

場合によっては他の銘柄への投資も考えましょうエイダコインは確かに将来性があります。

しかし、他にもっと将来性の高い通貨が現れたり、開発がストップしたりする可能性も否定できません。

エイダコインに投資すべきか判断できないのであれば、まずは他の銘柄への投資も視野に入れてみると良いでしょう。

エイダコインはやばい?怪しい?

エイダコインは将来性の明るい材料が多いですが、巷では「やばい」「あやしい」といわれているところを散見します。その理由とはなぜでしょうか?

事実、エイダコインは過去にICOを行った際に、エイダコインの購入を他の人に勧めると紹介報酬がもらえたり、誇大広告になったりして、エイダコインの価値が適正に付いていませんでした。

ICOは、仮想通貨を発行して購入してもらうことで資金調達をする方法。

また、開発に時間がかかってしまったためにICOからリリースが遅れてしまい、資金が持ち逃げされたのではないかとの疑惑ももたれました。

ただ、現在は透明性を重視したプロジェクトになっており、企業や大学などとも提携しているため信頼性の高いプロジェクトと言えるでしょう。

AdaPayの普及が進まない可能性がある

カルダノは2019年11月にエイダコインを使用して決済できるAdaPayをリリースしています。

AdaPayは対応している加盟店でのみ使用でき、すでに韓国ではコンビニやレストランなど約3万店舗で利用可能です。

ただ、カルダノは2022年8月時点だと価格変動が激しく、決済通貨として使いにくくなる可能性があります。

ランチに行く時点ではエイダコインを1,000円分保有していたのに、会計の時点で800円になっていたらユーザーは不便に感じます。

エイダコインの価格が安定するまではAdaPayの普及が進まず、エイダコインにマイナスイメージが付く可能性があるでしょう。

カルダノのVasilアップデートが遅れる

カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、ハードフォーク「Vasil」アップデートの実施が遅れると発表しました。

Vasilはすでに2度の遅延をしており、今回遅れた原因はテストでバグが見つかったことによる修正です。

ただ、アップデート前にバグを確認して修正するプロジェクトはあまりなく、多くのプロジェクトはバグを検知しないままリリースしています。

専用ウォレット:ダイダロスウォレット

ダイダロスウォレットとは、カルダノ(Cardano/ADA)をパソコン上で安全に保管・管理することができる、デスクトップウォレットです。

2017年にCardanoブロックチェーンの開始とともにリリースされたウォレットで、誰でも自由に参加できる「オープンソースプロジェクト」として公開されています。

対応通貨はカルダノ(Cardano/ADA)のほか、ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)の保管も可能です。

ダイダロスウォレットは、ウォレットが自動的に仮想通貨アドレスを生成する「HDウォレット」であり、全ての秘密鍵を覚える必要がありません。

なおダイダロスウォレットはパソコンで専用の「デスクトップウォレット」であるため、対応している端末は「デスクトップOS」のみです。

対応OSはWindows・Mac・Linuxの3種で、ほぼ全てのデスクトップパソコンで使用できます。

また、ネットワークに接続できるオンラインウォレットのため、仮想通貨やプラットフォームへの直接アクセスが可能です。

導入方法

まず、ダイダロスウォレットの公式ホームページにアクセスし、「ダウンロード」をクリック。

お使いのパソコンのOSを選択して、ダイダロスウォレット本体をダウンロードしましょう。

次にダウンロードしたダイダロスウォレットを開くと、セットアップ画面が表示されるので、各設定を行い「続ける」を選びましょう。

利用規約をよく確認し、同意して「続ける」を選ぶとセットアップ完了となります。

新規ウォレット作成方法

まず、アカウント画面を開いて中央タブメニューの「新規」をクリックしましょう。

ウォレットの名前とパスワードを入力して「Daedalusウォレットを作成する」を選びます。

すると、バックアップのための「復元フレーズ」生成画面に移ります。10秒後に「続ける」クリックできるようになるので、次に進みましょう。

表示されている復元フレーズを書き留めましょう。以降、二度と表示されないので注意してください。

また、書き留めた復元フレーズは誰にも見られないよう厳重に保管しましょう。

書き留めた復元フレーズを入力しましょう。1単語ずつ入力するようにしてください。

注意書きをよく確認してチェックを入れ、「確認する」をクリックします。以上で、新規ウォレット完成となります。

専用ウォレット:ヨロイウォレット

ヨロイウォレットとは、もともとGoogle Chromeの拡張機能の1つとして開発された、エイダコインの専用ウォレットです。

導入方法

まずはじめに、ヨロイウォレットはChromeまたはFirefoxの拡張機能を使用します。ChromeもしくはFirefoxがインストールされていない場合は、事前にインストールして下さい。

Chrome ウェブストアのYoroiまたはFirefoxのADD-ONSにアクセスして「Chromeに追加」もしくは「Firefoxへ追加」をクリック 

Chromeの手順

以降はChromeの手順で進めます。『「Yoroi」を追加しますか?』が表示されたら「拡張機能を追加」をクリック。

『「Yoroi」がChromeに追加されました』が表示され、拡張機能一覧からYoroiを選択して「ピン」アイコンで拡張機能を固定。

ブラウザ上に表示されたヨロイのアイコンをクリックしてヨロイウォレットを立ち上げる。

ヨロイウォレットが立ちあがったら使用する言語で日本語を選択して「次へ」をクリック。

利用規約を確認して、「利用規約に同意します」にチェックを入れて「次へ」をクリックし、表示情報の詳細レベルにて「簡易な表示」もしくは「詳細な表示」のいずれかを選択。

CARDANO支払いURLにて「承諾」をクリックして有効化。

最後にポップアップで『Yoroiが次の許可を求めています』が表示されたら「許可」を押して「完了」をクリック。

ウォレットを新規で作成

「ウォレットを作成する」をクリックし、通貨またはプラットフォームを選択から「Cardano」をクリックして「ウォレットを作成する」をクリック。

ウォレット名(後から変更も可能)を入力し、送金やステークプールの委任の際に利用するパスワードを設定し「ウォレットを作成」をクリック。

復元フレーズの取り扱いに関しての注意事項をよく読み「他人に画面をみられないよう注意してください。」にチェックを入れて「次へ」をクリックする。

誰にも見られないように15語のウォレットの復元フレーズをメモしたら「はい。書き留めました」をクリック。

各単語を正しい順序にタップして復元フレーズを確認し、正確に入力出来たら注意事項をよく読んで、チェックボックスにチェックを入れ「確認」を押す。

これでウォレットの設定が完了です。

まとめ

エイダコインの買い方について紹介しました。最初のうちは2つの取引所でしか購入できませんでしたが、2022年10月はさらに増え続けています。

日本円での取引もできるので、国内通貨取引所でもスムーズに購入できるのがメリットでしょう。

今後の動きにも注目していくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次