消費者金融おすすめ人気ランキング2024年5月最新【徹底比較レビュー】

日本国内には、JICC(日本信用情報機構)に登録されている消費者金融が800社以上もあります。

それぞれの会社が、特色を持ちサービス内容などに違いがあります。

会社によっては、金利はもちろん借入上限額や即日融資可能など様々な特徴で差を出しています。

しかし、色々な会社があるため自分にはどの会社のサービスを利用すればいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、数多くある消費者金融の中から選りすぐりをピックアップしていきます。

また、消費者金融の選び方も詳しく解説していくのでぜひ参考にしてください。

目次

消費者金融カードローンのおすすめ22選

アイフル

アイフルはテレビCMで見たことがある人も多いのではないでしょうか。アイフルは大手の消費者金融で、即日融資や無利息期間など特色があります。

Webでの申し込みなら、最短20分で融資が可能になり、また基本的に申込時に電話による連絡が来ません。

ただし、審査自体が行われる時間は「9~21時」となっているので、即日で借り入れたい人はできるだけ早い時間に申し込みを済ませるようにしましょう。

また、初日の契約日の翌日から「最大30日間」は無利息期間を設けているので、利息を抑えて借入も可能です。

自分が融資可能かどうか、公式サイトで「1秒診断」が受けられるので、気になってる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

1秒診断は本審査には影響を与えないので、信用情報として記載されることもありません。

なおアイフルでは専用のスマホアプリを提供しています。このスマホアプリを使えば、スマホだけで申込から借入、そして返済まで完結できます。

そのためローンカードも必要ないので郵便物が来ないか気になる人も安心です。

なおスマホアプリには指紋による生体認証ログインを採用しているのでセキュリティ上もしっかりしています。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円まで(用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要)
融資スピード 最短20分(WEB申込・申込状況によってはご希望に添えないことも)
申し込み年齢 20~69歳以下の方

アイフル公式サイト

プロミス

プロミスは、最短20分で借入可能な消費者金融です。審査スピード大変早く、申込から借入までWebで完結できるので、来店の必要もありません。

さらに書類やローンカードといった郵送物もないので、家族や周りの人に知られてしまう心配もないです。申し込み後はアプリを使っての利用になるので、返済や増額申請もすべてスマホでOK!

借入だけでなく返済も原則24時間いつでも利用でき、利用残高や返済期日もアプリでいつでも確認できるので、計画的な利用にも活かせます。

また、プロミスでは毎月の返済やアプリへのログインで「Vポイント」という独自のポイントを付与しています。

Vポイントをためると、買い物や景品交換に使えるものです。なお、Vポイントの申し込みをした人には「500ポイント」をプレゼント。さらに初めて契約をした人にも500ポイントを付与しています。(2022年2月21日以降にはじめてプロミスと契約し、ご契約手続完了日から60日以内にVポイントの申込手続を完了した人を対象)

なおプロミスでも30日間の無利息期間を設けています。無利息期間の起算日は「初回借入の翌日から」となっているので、契約をしただけで借り入れをしていない場合は、無利息期間が発生しないので安心。

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
利用限度額 1万円~500万円まで
融資スピード 最短20分
申し込み年齢 18歳以上74歳以下の方

プロミス公式サイト

※申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類の提出が必須。
高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)と収入が年金のみの方は申込できません。

SMBCモビット

SMBCモビットは、10秒で簡易査定が受けられる消費者金融です。ネットを使えば24時間いつでも申込ができ、申込の後すぐに簡易査定結果がでます。

本審査完了まで最短30分となっているので、当日に融資を受けたい人にもおすすめ。

消費者金融を使うときに気になる「在籍確認」ですが、Web完結での申し込みなら「職場への電話連絡」をなしにすることもできます。

全国のコンビニや銀行に提携ATMがおよそ120,000台あるので、自宅や会社の近くなど、生活圏で利用しやすいATMを使うこともできます。

またSMBCモビットでは、返済をすることで「Tポイント(返済額の利息額200円につき1ポイント)」がたまるサービスを提供しています。たまったTポイントはカードローンの返済にも充てられます。

SMBCモビットが提供している公式スマホアプリでは、借入や返済以外にも、増額審査申込やTポイントサービス手続き、返済方法変更や返済時振替口座の変更など様々な設定や申し込み・申請がどが完結できます。

カードや郵送物なしで利用できる便利なカードローンということですね。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円まで
融資スピード 最短即日(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
申し込み年齢 20歳以上74歳以下
(収入が年金のみの方はお申込いただけません)

SMBCモビット公式サイト
※三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行いずれかの本人口座を持っている、
社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)または組合保険証を提出できる

アコム

アコムは、カードランキング3部門でNo.1の実績を持つカードローンです。

即日融資可能で、Webのみで申し込みから借入・返済まで行えます。3秒スピード診断を使えば、借入可能かどうかがすぐにわかるので、検討している人はぜひ活用してみてください。

スマホやパソコンなどを使ってWebで申し込みをすれば妻帯20分で融資が受けられます。そのため、即日融資を希望する人にもおすすめ。

アコムでは公式スマホアプリ「myac」を提供しており、必要書類をアプリ上で提出できるので、郵送したり窓口に行く必要がありません。

またアコムは30日間無利息期間を設けています。条件はアコムでの契約が初めての人となっており、「契約日の翌日」から30日間となっています。

そのため無利息期間を効率よく使うなら、借入と契約が同日のほうがいいでしょう。

インターネットバンキングを利用した返済のほかにコンビニや提携ATMでも借入・返済もできるので、柔軟な利用ができるのもポイント。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
融資額 1万円~800万円
融資時間 最短20分
対象年齢 20歳~72歳

アコム公式サイト
※インターネット調査 調査期間:2022年12月1日~5日 調査概要:「カードローン」10サイトを対象にしたサイト比較イメージ調査

レイク

レイクはWebによる申し込みであれば最短60分での融資も可能となっています。また、借入額が5万円までの人の場合、最大180日間の無利息期間が設けられているのが大きなポイント。

同じくWeb申込限定ですが、5万円を超えて借入をする人には、初めて利用する人に限り60日間の無利息期間が利用できます。

無利息期間中に完済できれば借りた元本だけ返済すればいいので、少しでも利息を抑えて借りたい人にもおすすめのカードローンといえるでしょう。

なお、レイクには実店舗がなくインターネットか電話による受付しかないのでご注意ください。

ただし電話でオペレーターによる対応を希望することはできるので、もし分からないことがあれば電話で聞くのがおすすめ。

即日で融資を希望する人は、21時までに申し込みを完了させておきましょう。遅くなると翌営業日に審査が回されてしまうので即日振込ができなくなってしまうことも。

金利(実質年率) 4.5%~18.0%
利用限度額 1万円~500万円まで
融資スピード Webで最短60分融資も可能
申し込み年齢 20~70歳以下の方

レイク公式サイト

ファミペイローン

ファミペイローンは、ファミマが提供しているカードローンです。アプリ内だけで申込から返済まで完結できるので、とても便利です。

申込時に書類を郵送する必要もなく、審査結果や返済日などすべてのやり取りをアプリ内で行います。

借入は1,000円単位と少額利用も可能なので、少しお金が足りない!というときに頼りになります。

なお返済は指定の返済日に自動引き落としされるほか、好きなタイミングで銀行口座からファミマの店頭で返済することもできます。

アプリではカードローンサービス以外にもファミマで使えるクーポンの取得やキャンペーン情報なども掲載されているので、普段からファミマを利用している人にとって使いやすいでしょう。

なお、銀行口座への振り込みは1か月の間に10回までは手数料無料となっているので、11回目以降は手数料が発生してしまう点に注意しましょう。

振込先への着金のタイミングは利用している金融機関によって異なります。

金利(実質年率) 0.8%~18.0%
利用限度額 1万円~300万円
融資スピード 最短即日
申し込み年齢 満20~70歳

ファミペイローン公式サイト

オリックスマネー

オリックスマネーは、スマホやパソコンからなら24時間365日いつでも申込ができます。もちろん入会金や年会費は不要です。

Webで申し込みから借入・返済が完結できるので、家族や周囲の人にバレずに利用できるのもポイント。アプリを使えば、本人確認もオンライン上でできるので郵送物が送られる心配もありません。

審査には最短60分で完了するので、即日で利用したい人にもおすすめ。ただし申込の曜日や時間帯によっては審査が翌日になることもあるので、当日で融資を受けたい人は早めに申込を済ませるようにしましょう。

数々の会員限定特典も用意されており、オリックスレンタカーは基本料金が優待価格で利用できるほか、カーシェアの入会時にICカードの発行手数料が無料・月額基本料が2か月無料・2,200円分の時間料金無料が2か月分など色々あります。(2023年11月時点)

公式サイト上には返済シミュレーション機能もあるので、いくら借りたらいくらくらいの返済額になるのかがすぐにわかります。

返済計画も立てやすいので、初めてカードローンを利用する人も安心ですね。

金利(実質年率) 2.9%~17.8%
利用限度額 10万円~800万円
融資スピード 最短60分
申し込み年齢 20~69歳以下の方

オリックスマネー公式サイト

au PAY スマートローン

au PAY スマートローンは、スマホやパソコンで融資が受けられるカードローンです。au IDを持っていればスムーズに申込ができます。

利用限度額も100万円までとなっているので、少額だけ借りたい・借りすぎは不安という人も安心です。申込の際もau IDの情報を反映させるシステムなので入力項目が少ないのも特徴。スムーズに申込が完了します。

またスマホやパソコンを使って関越するので、カードや郵送物が送られてくることはありません。

返済の際も、セブン銀行スマホATMを使っていつでも借入・返済ができます。

さらに、このカードローンは、au PAY残高にすぐにチャージできるので、出先でもどこでもすぐに利用できます。

au PAY プリペイドカードやau PAYで使うことでPontaポイントも貯められるのでお得な使い方ができるのもポイント。

金利(実質年率) 2.9%~18.0%
利用限度額  1万円 〜 100万円
融資スピード 最短即日
申し込み年齢 満20歳以上70歳以下の方

au PAYスマートローン公式サイト

LINEポケットマネー

LINEポケットマネーは、アプリLINE上で申し込みから借入、返済まで完結できるカードローンです。審査時間は最短10分ととてもスピーディなので、即日融資を希望する人にもおすすめ。

2つのプランが用意され借入金額に応じて金利範囲が異なります。またLINEポケットマネーで初めて契約し、「スタンダードプラン」を選んだ人の場合、新規で契約した日から「30日間」の利息をLINE Pay残高でキャッシュバックしてくれるという独自のサービスもあります。

カードローンにつきものの「審査」ですが、LINEポケットマネーは独自の審査基準を設けています。

まずはスコアリングサービス「LINEスコア」による審査も個人信用情報機関での情報以外にも見ているという点。

LINEスコアとはユーザーの日常生活の行動や支払い履歴といったものから返済能力を総合的に判断し算出したスコアのことを指します。

審査の時に15個の質問に答えるだけでLINE各種サービスの利用状況が定期的にLINEスコアへ反映される仕組みになっています。

一般的な信用情報や収入証明書だけでは判定が難しい普段の行動・お金の使い方についてAIが分析してくれるというのがLINEの強みです。

なおLINEスコアとLINEポケットマネーの審査数値については非公開となっています。

金利(実質年率) スタンダードプラン:3.0%~18.0%

マイペースプラン:18.0%

利用限度額 3万円~300万円
融資スピード 最短10分
申し込み年齢 新規契約時の年齢が満20歳から65歳まで

契約中の場合、満69歳まで

LINEポケットマネー公式サイト

dスマホローン

dスマホローンは、ドコモが提供しているカードローンです。スマホで完結できるので、郵送物が自宅に送られてくる心配がありません。

dアカウントを持っていれば、新しくIDやパスワードを作成する必要もないので申込もスムーズです。ドコモ回線に契約していなくても申込できます。

17時までに申し込みが完了していれば、最短即日で審査が完了するのですぐに融資を受けたい人にもおすすめ。

必要な時に必要な分だけ、1,000円から借入ができるので借りすぎてしまって利息が高くついてしまうこともありません。

さらに利用状況に応じて最大年率3.0%の金利優遇措置が受けられます。

またd払いを使っている人にもおすすめです。d払い残高にすぐにチャージできるので、借りたお金をそのままd払いできるのもメリット。もちろん通常のお買い物と同じようにdポイントも貯められるのでお得です。

セブン銀行ATMからスマホで引き出しにも対応しており、24時間365日利用可能です。

金利(実質年率) 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)
基準金利 3.9%~17.9%(実質年率)
利用限度額 1万円以上300万円以内(1万円単位)
融資スピード 最短即日
申し込み年齢 新規契約時の年齢が満20歳から65歳まで

契約中の場合、満69歳まで

dスマホローン公式サイト

メルペイスマートマネー

メルペイスマートマネーは、メルカリが提供しているカードローンです。アプリ内で申し込みから借入、返済もできるので普段からメルカリを使っている人にもおすすめです。

借入の限度額も30万円となっているので、借りすぎる心配もありません。次に給料日まであと少し生活費が足りない・急な出費で手持ちがないという人にとって使い勝手がいいのではないでしょうか。

メルカリユーザーの場合、審査で優遇される可能性があることや消費者金融カードローンと比較して低い金利が適用される可能性があるという点がメリットではないでしょうか。

もちろん利用頻度や金額によっても異なりますが、メルカリヘビーユーザーのほうが有利になるかもしれません。

なお、「メルペイスマート払い」とは違うサービスなので注意しましょう。このサービスは当月の購入代金を翌月以降に清算できるサービスのことです。いわゆる掛け払いというものです。

金利(実質年率) 3.0%~15.0%
利用限度額 1,000円〜30万円
融資スピード 1~2日
申し込み年齢 満20歳~70歳まで

メルペイスマートマネー公式サイト

アロー

アローは愛知県名古屋市に事務所のある中小の消費者金融です。アローで提供しているカードローンは「フリープラン」です。そのほかに複数の借り入れをまとめられる「借り換えローン」も用意されています。

名古屋市に事務所がありますが、利用自体は全国どの地域からでもOKです。

最短45分で審査完了し、専用アプリを使って申し込めば郵送物は発生しません。

なお営業時間は土日・祝日を除いて9:30~18:00までとなっているので、審査も18時以降には終わってしまいます。

アプリでも24時間申込自体は受け付けていますが、審査は終わっているのでなるべく早く融資を受けたい人は18時までに申し込むようにしましょう。

返済日は、5日・10日・15日・20日・25日・月末と用意されているので、返済しやすいタイミングに柔軟に対応しています。なお返済日が休日の場合は翌営業日になります。

金利(実質年率) 15.00%~19.94%
利用限度額 200万円まで
融資スピード 最短即日振込可能
申し込み年齢 25歳~65歳まで

アロー公式サイト

フタバローン

フタバローンは昭和38年創業、50年以上の歴史を持つ消費者金融です。本社は東京にありますが店舗がないので、申込はインターネットと電話になります。

フタバローンでは、手のように初めての利用であれば30日間の無利息期間を設けています。

さらに平日の16時までに申し込みから審査まで完了していれば即日での融資も受けられます。

借入限度額は50万円となっているので、大型の融資を希望する人よりも、少額融資希望者に向いている会社といえます。

公式サイトには、簡単な項目を入力するだけで借り入れ可能かチェックしてくれる「3問診断」があるので、利用する前に確認してみましょう。

なお、フタバローンでは、消費者金融で他社借入が4社以内までであれば対応してもらえると公表しています。

すでに他社で借入をしている人でも、申し込めるということです。ただし総量規制を超えての借入は法律上不可能となっているので注意してください。

金利(実質年率) 1~10万円未満  14.959%~19.945%

10~50万円       14.959%~17.950%

利用限度額 1万円~50万円
融資スピード 最短即日(平日16時までの審査完了が条件)
申し込み年齢 20歳以上73歳以下

フタバ公式サイト

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスは、専業主婦や働く女性向けのサービスを提供しています。電話での対応オペレーターも女性なので初めての人でも安心です。

配偶者貸付」制度も利用できるので、専業主婦の人が旦那さんの収入で審査が受けられるのもポイント。ただし、配偶者の同意が必要となる点だけ注意しましょう。

ベルーナノーティスは初めての契約の人が条件ですが、14日間の無利息期間を設けています。さらに条件をクリアすれば何度でも無利息キャッシングができるというのがほかのカードローンではない点でしょう。(※完済後、前回無利息キャッシング適用の借入日から3ヵ月経過した再度の借入に適用)

また無利息期間の起算日は、「借入日の翌日」からとなっているので、契約をしてもまだ借入しなければカウントされません。

そして80歳まで申込ができるのもベルーナノーティスならではの特徴ではないでしょうか。一般的にカードローンは、60代や70歳までと年齢制限が設けられています。

Webからの申し込みなら即日審査・最短即日融資も可能なので、スピーディな利用も可能です。

金利(実質年率) 4.5%~18.0%
利用限度額 1万円~ 300万円
融資スピード 最短即日
申し込み年齢 20~80歳まで

ベルーナノーティス公式サイト

中央リテール

中央リテールは東京都に本社を持つ中小の消費者金融です。一般的なカードローンとは異なり、「おまとめローン」に特化しているのが珍しいです。

そのため、すでに複数の会社から借入をしている人におすすめです。毎月の返済日管理が大変・利息を少しでもまとめたいという人にぴったりではないでしょうか。

オンライン申込をしてから審査まで最短2時間、融資まで最短1日となっているのでスピーディな借入が可能です。

返済期間も、最長10年、回数にして120回分ととても長く、コツコツと無理なく返済していくこともできます。

窓口担当者は国家資格取得者(賃金業務取扱主任者)なので、難しいお金のこともわかりやすく・正確にアドバイスしてくれます。

公式サイトには借入可能かのクイック診断ができるほか、返済シミュレーションページもあるのでぜひ活用してください。

金利(実質年率) 8.2%~13.0%
利用限度額 無担保おまとめローン:最高500万円

不動産担保ローン:最高3,000万円

融資スピード 無担保おまとめローン:融資まで最短1日

不動産担保ローン:融資まで最短4日

申し込み年齢

中央リテール公式サイト

いつも

いつもは、審査・融資までのスピードが速い中小の消費者金融です。スマホやパソコンからWebで24時間365日いつでもOKです。審査も最短45分、即日融資も可能です。

公式では早ければおよそ10分で審査結果がわかり、20分くらいあとに口座に振り込みが完了するとしています。

できるだけ早く融資を受けたい人は、申込の前に運転免許証などの本人確認書類を用意しておくといいでしょう。

また、いつもでは、最大60日間の無利息期間「itsumoゼロ」を設けています。

いつもでの契約が初めての人で60万円以上の契約をした人が条件となっています。

大体の会社では30日間としているところ、その倍の60日間というのはなかなかないでしょう。

フリーローンのほかにおまとめローンやビジネスローン、不動産担保ローンなどの商品もあるので、用途に応じて融資が受けられます。

金利(実質年率) 4.8%~18.0%
利用限度額 1万円~500万円
融資スピード 最短45分
申し込み年齢 20歳以上、65歳以下

いつも公式サイト

セントラル

セントラルは、Webによる申し込みなら自宅でも外出先でも契約ができます。平日の14時までに申し込みが完了していれば即日融資も可能なので、すぐにお金を用意したい人にもおすすめです。

借入額も1万円から1,000円単位で選べるので、不測の事態にも細かい金額で借りられるので安心です。返済も全国のセブン銀行ATMで使えるので、自宅や職場など近くのセブンイレブンを使う人にも使い勝手がいいでしょう。

申込方法はWeb以外に自動契約機やコンビニ・来店・郵送などいろいろ用意されています。

またセントラルでは、女性専用のカードローンサービス「マイレディス」も用意されており、対応してくれるスタッフも女性となっているので安心です。

金利(実質年率) 4.8%~18.0%
利用限度額 1万円~300万円
融資スピード 最短即日
申し込み年齢 20歳以上

セントラル公式サイト

フクホー

フクホーは、大阪の本社を持つフリーローンと借り換えローンの2種類を提供している消費者金融です。大手の消費者金融と違った審査基準を設けているので、もし大手の消費者金融会社の審査で落ちてしまったとしても、申込ができるかもしれません。

公式サイトでも過去に債務整理をした場合でも現状を考慮して審査をするとしています。(引用:よくある質問

申込がん済んだ後に、自宅に契約書類が郵送されますセブンイレブンのマルチコピー機を使えば、その場で郵便物が受け取れます。家族や周囲の人にバレたくないとい人にも安心できますね。

Webによる申し込みの場合、審査は最短30分ですが契約書類のやり取りは郵送となっています。そのため融資までは2~3日かかってしまいます。

しかし大阪の難波にあるフクホー店舗で申し込めば即日融資も可能となっています。店舗に直接行ける人は検討してみてはいかがでしょうか。

金利(実質年率)  7.30%~18.00%
利用限度額 5万円~200万円
融資スピード 最短即日融資)コンビニ契約の場合)
申し込み年齢 20歳以上65歳まで

フクホー公式サイト

キャッシングMOFF(旧キャッシングエニー)

キャッシングMOFFは、2つのフリーローンを提供している消費者金融です。1つはビッグローンと、もう1つが1dayダイレクトです。

ビッグのほうが融資金額が最大300万円となっており、1dayダイレクトは100万円までとなっています。

Webからの申し込みであれば、審査に最短30分即日融資も可能です。

キャッシングMOFFでは、フリーローン以外にもおまとめローンを用意しています。総量規制を超えていても対応してもらえるため、返済日を1つにまとめたい・利息を圧縮したいという人にもおすすめです。

最長10年の返済期間を設定できるので、コツコツと着実に返済したい人にもぴったりではないでしょうか。

金利(実質年率) 5.0%~20.0%
利用限度額 1フリーローン/ビッグ:1万円~100万円

1dayダイレクト:1万円~100万円

融資スピード 最短即日
申し込み年齢 満20歳以上

キャッシングMOFF公式サイト

エイワ

エイワは、50万円までの融資に対応している中小の消費者金融です。少額融資を希望する人におすすめです。なお、融資を受ける際には来店が必要となるので、非対応エリアである福井県、島根県、鳥取県、高知県、沖縄県にお住まいの人は申込できないので注意しましょう。

来店での融資を決めている理由としては、返済プランなどをはじめ丁寧・親切な対応をモットーとしているからです。

大手とは異なる独自の審査基準を設けているので、大手の消費者金融の審査で落ちてしまった人も、もう一度申込にチャレンジできます。

女性専用のローンである「レディースローン」があるので、主婦の方でも気軽に申し込めます。さらに学生やパート・アルバイトの人も安定した収入があれば申込できます。

返済においても毎月同じ金額となっているので、返済プランが立てやすく、コツコツ返済したい人にもおすすめです。

金利(実質年率) 10万円未満 19.9436%

10万円以上 17.9507%

利用限度額 1〜50万円
融資スピード
申し込み年齢 20歳以上の方から79歳まで

エイワ公式サイト

ダイレクトワン

ダイレクトワンは、スルガ銀行グループが提供するサービスですが、銀行カードローンではなく消費者金融です。

インターネットでの申し込みなら審査・借入契約まで完結できるのがポイント。ただしローンカードや会員規約は郵送されてくるので注意しましょう。

審査スピードも、ダイレクトワンの店頭窓口での来店に限り即日融資も可能です。ただし、ダイレクトワンの店舗はスルガ銀行ではない点にだけ注意しましょう。

また中小の消費者金融では珍しい、55日間の無利息期間を設けているのもポイント。ただし初めて利用する人に限ります。

ダイレクトワンの窓口は東京都、神奈川県、静岡県、山梨県、愛知県に15店舗あります。

毎月の最低返済額も4,000円からと少額なので月々の返済額を抑えてコツコツ返したい人にもおすすめです。

金利(実質年率) 4.9%〜18.0%
利用限度額 最高300万円
融資スピード 最短即日融資可能(店頭窓口での申し込み)
申し込み年齢 20歳から69歳まで

ダイレクトワン公式サイト

AZ株式会社

AZ株式会社は京都の本社を持つ消費者金融です。審査は最短30分、即日融資にも対応しています。振込手数料も0円となっています。

京都にある会社ですが、インターネットからの申し込みであれば全国どこでも利用できます。

なお当日融資を希望する場合は、平日の18時までに、土曜日なら16時までに申し込みを済ませておきましょう。

中小の消費者金融で、土曜日にも審査を行っているのは珍しいです。

AZ株式会社ではフリーローン以外にも、おまとめローンや不動産担保ローン、学生ローンといった商品も取り扱っています。用途に応じてピッタリなローンが選べるということですね。

金利(実質年率) 7.0%~18.0%
利用限度額 1万円~200万円
融資スピード 最短即日
申し込み年齢 20歳以上

AZ株式会社公式サイト

銀行カードローンのおすすめ9選

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行が提供するサービスです。名前の通り、楽天銀行口座をはじめ楽天会員におすすめなサービスが用意されています。

条件を達成するとポイントが付与され、さらに会員ランクに応じて審査の優遇措置が取られるなど独自の審査基準を持っています。

月々の返済は最低2,000円から選べるので無理のない返済プランが立てられます。またボーナスや臨時収入といった余裕があるときに追加返済も可能。

申込書の記入は一切必要なく、インターネットのみで申し込みから借入まで完結できます。身分証明書などの必要書類も専用アプリにアップロードするだけ。

返済もコンビニにある提携ATMで利用でき、手数料も0円となっています。ただし一部利用できない時間帯や手数料が発生するATMがあるのでチェックしておきましょう。

もちろん楽天銀行の口座を持っていなくても借入はできますが、楽天銀行を返済口座に指定することで楽天ポイントが貯められます。

満20歳以上ならパートやアルバイトの人でも申込ができるので、学生の方や主婦の方も安心できます。

金利(実質年率) 1.9%~14.5%
利用限度額 最大800万円まで
融資スピード 最短翌日
申し込み年齢 以下の全ての条件を満たす方

満年齢20歳以上62歳以下の方(パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下)

日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)

お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方

楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方 (ただし楽天銀行が認めた場合は不要)

楽天銀行スーパーローン公式サイト

バンクイック

バンクイックは大手メガバンクである三菱UFJ銀行が提供しているサービスです。銀行が提供するサービスなだけあって、金利(実質年率)が1.8%~となっているのもポイント。

なお実際に適用される金利は「利用限度額」によってことなるので事前に確認しておきましょう。

一般的に借入額が大きなるなるほど金利が下がっていく傾向にあります。そのため、大きな金額を借りる場合には、少しでも金利が抑えられる可能性が見込めるバンクイックも検討してみてはいかがでしょうか。

また、全国にある三菱UFJ銀行ATMで借入できます。三菱UFJ銀行やセブン銀行のATM手数料が0円となっているので、返済以外に発生するコストを抑えることもできます。

ATM以外での借り入れでは、三菱UFJ銀行の普通口座を持っていれば無料で振り込みキャッシングが利用できます。

即日融資を受けたい場合は、平日0時~14時に依頼をするといいでしょう。土日・祝日であっても申込自体はできますが、翌営業日以降に振り込まれます。

金利(実質年率) 1.8%~14.6%
利用限度額 10万円~500万円まで
融資スピード 最短翌営業日
申し込み年齢 20~65歳以下の方

バンクイック公式サイト

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは、横浜銀行が提供するサービスです。神奈川県や東京都内・群馬県の前橋市・高崎市・桐生市にお住まいの人や勤務先がある人向けになっています。

Webからであれば24時間いつでも申込ができ、審査は翌営業日以降となっています。なお契約と同時に融資が受けられるのでとてもスピーディです。

地方銀行ながら、インターネットでの申し込みにも対応しており、審査スピードも速いので、すぐに融資を受けたい人にもおすすめです。

そして神奈川・東京のATM約14,000台で利用できるのもポイント。提携コンビニATMであれば、全国でも利用できます。

ただし横浜銀行のATM、コンビ二等のATM(セブン銀行・ローソン銀行・イーネット・イオン銀行)以外のATMを利用する場合は、ATMの利用手数料や時間外手数料が発生してしまいます。

またスマホアプリの「はまぎん365」をダウンロードすると、アプリから借り入れ・返済・利用状況の確認ができてとても便利。

ちなみに、横浜銀行の口座を持っていなくても申込自体は可能ですが、契約手続きをするまでに口座を開設しなくてはいけません。

その口座開設までには数週間の時間が必要になるので、注意しましょう。

金利(実質年率) 1.5%~14.6%
利用限度額 10万円~1,000万円まで
融資スピード 最短即日
申し込み年齢 20~69歳以下の方

横浜銀行カードローン公式サイト

千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンは、千葉銀行の普通口座を持っている人向けのカードローンです。特徴的なのが、3種類のカードローンがあること。

  • クイックパワー(アドバンス)
  • プレミアムクラス
  • マイワレット

中でも一番一般的なのが「クイックパワー(アドバンス)」です。パートやアルバイトの人でも、収入を安定して得ている人であれば申し込めるカードローンです。

このプランでは増額申請も用意されています。申し込み条件もクイックパワー(アドバンス)と同じです。

月々の返済も2,000円からと少額でも可能なので、無理のない返済プランが立てられます。

さらにプレミアクラスの場合は、年3.8%~5.5%となっています。同じ勤務先に3年以上勤務していることや本人居住の住宅を保有している、千葉銀行で住宅ローンを借りている人などが対象です。

千葉銀行の住宅ローンを借りている人であれば、年0.2%の金利の引き下げがあるところもポイント。

少額借り入れを希望する人には「マイワレット」がおすすめ。

公式サイトには4つの項目を入力するだけで借入可能か分かるので、条件に当てはまる人はチェックしてみましょう。

金利(実質年率) 1.4%~14.8%
利用限度額 10万円~800万円
融資スピード
申し込み年齢 満20歳以上満65歳未満

千葉銀行カードローン公式サイト

三井住友カードローン

三井住友カードローンは、三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくてもWeb上で申し込みができるカードローンです。

もちろん、三井住友銀行の普通預金口座を持っている人は24時間Webで完結できるほか、他行よりも入力内容が少ないのでスムーズな申込ができます。

さらにすでに手元にある三井住友銀行のキャッシュカードを使っての借入もできるのがポイント。

カードローンの利用を検討している人で、三井住友銀行の口座をお持ちの場合にもおすすめです。

またWeb完結できるので、本人確認を含めてすべてインターネットでできます。

返済日は5日・15日・25日・月末の4種類が用意されており、自分の給料日など支払いしやすいタイミングで選べます。

毎月の返済額も最低2,000円から可能なので、無理なく返済を続けられるのも魅力です。もちろん余裕があるときは「臨時返済」を使っていつもより多めに返済をして、早い完済を狙えます。

三井住友カードローンでは、全国のコンビニに提携ATMがあるので、借入や返済が回数に制限なく手数料無料でできます。

なお三井住友銀行のATMを使えば時間外手数料も無料となっています。

金利(実質年率) 1.5%~14.5%
利用限度額 10万円~800万円
融資スピード 最当日
申し込み年齢 20~69歳以下の方

三井住友カード カードローン公式サイト

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンはWebなら24時間いつでも申込できるカードローンです。銀行ならではなので、最低金利が2.0%となっているのもポイント。

一般的に、カードローンには専用のローンカードが発行されますが、みずほ銀行カードローンの場合はみずほ銀行の普通預金口座のキャッシュカードを使ってそのままローンカードとしても使えます。

そのため、みずほ銀行の口座を持っている人は新しくカードを作る必要がなく、家族や周囲の人にカードローンの利用がバレにくいです。

みずほ銀行ATM以外にも全国の提携コンビニATMで借入・返済が手数料無料で利用できます。

そのほか専用アプリ「みずほダイレクト」を使えばアプリ上で返済ができるのでとても便利です。

金利(実質年率) 2.0%~14.0%
利用限度額 10万円~800万円まで
融資スピード 最短翌営業日
申込年齢 20~66歳未満の方

みずほ銀行カードローン公式サイト

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローンは、名前の通りりそな銀行が提供しているカードローンです。

申込から契約まで、アプリかWebのみで完結できるので、来店の必要がありません。(場合によっては来店が必要なことも)

りそな銀行の口座を持っている人はもちろん口座がなくてもWeb上で審査申込が可能です。

利用限度額は最高800万円と高いので、大きい融資を希望する人にもおすすめできます。

また「自動融資機能」があるのも注目すべき点です。これは口座振替の残高が不足しているときにカードローンから自動的に口座に融資される機能となっています。

クレジットカードの代金や公共料金、さらに急な出費に対応することもできるので安心。ATMで引き出す時も残高が足りない分だけ融資が受けられます。

なお、カードローンの利用や通常の銀行取引で「りそなクラブポイント」というものが貯められます。ポイントはTポイントやWAONポイントなどに交換したり、りそな銀行での投資に使ったりと様々な使い方ができます。

さらにステータスに応じて振込手数料やATM利用手数料が無料になったりといった優遇が受けられるのもポイント!

金利(実質年率) 3.5%~13.5%
利用限度額 10万円~800万円
融資スピード 1週間以内に審査結果通知
申し込み年齢 満20歳以上66歳未満

りそな銀行カードローン公式サイト

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、年会費・入会金・コンビニATM手数料が無料のカードローンです。毎月の返済や借入も、1,000円からと少額でOKなのも魅力。

返済方法も豊富で、ATM/他金融機関口座引き落としのほかに、イオン銀行口座引き落としから選べます。

全国どこでも場所を選ばらずに利用できるというのがイオン銀行カードローンの強みでしょう。

なおイオン銀行口座なら自動引き落としなので、他銀行へのATM入出金手数料などかからないのでお得です。自動引き落としなので、口座に返済額以上あれば忘れるという心配もありません。

イオン銀行カードローンは、パートやアルバイト、そして年金受給者の方でも申込できます。そのため、審査難易度がどの金融機関より極端に高いということはなさそうです。

少額で少しでも利息を抑えて借りたいという人にもおすすめではないでしょうか。

金利(実質年率) 3.8%~13.8%
利用限度額 10万円~最大800万円(10万円単位)
融資スピード 最短5日程度
申し込み年齢 満20歳以上、満65歳未満

イオン銀行カードローン公式サイト

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローンはauじぶん銀行が提供するカードローンです。auユーザーにはお得なサービスを用意しているのが特長です。

「au限定割」では、年0.5%の金利を優遇したり、提携ATMでの利用手数料は無料になるといったものが挙げられます。

なおauじぶん銀行カードローンでは2つのコースを用意しています。それぞれ融資金額が異なり、「誰でもコース」は少額融資を希望している人におすすめ。

毎月の返済額も、1,000円~なので無理のない返済が可能になっています。登録した銀行への振り込み手数料も発生しないので、こまめに返済したい人にも使いやすいのではないでしょうか。

他社からの借り換えにも対応しているので、利息を抑えて総返済額を抑えることも十分狙えます。

口座への入金以外に、「au PAY」へのチャージもできるので、自宅でも職場でも場所を選ばずに使えるのも魅力です。

金利(実質年率) 1.48%~17.5%
利用限度額  誰でもコース:10万円以上800万円以内(10万円単位)

借り換えコース:100万円以上800万円以内(10万円単位)

融資スピード
申し込み年齢 満20歳以上70歳未満

auじぶん銀行カードローン公式サイト

そもそも消費者金融って?

消費者金融は、財務局に登録された金融機関で、主に個人向けに小口融資を行う業者です。

これらの企業は一般に、銀行などの大手金融機関とは異なり、迅速で簡便な審査プロセスや素早い融資が特徴です。

一般的な商品には、カードローンやキャッシングが含まれ、これらは個人が急な資金需要に対応するための手段として提供されています。

消費者金融は高金利であることが一般的であり、借り手は返済能力や契約条件を慎重に検討する必要があります。

財務局の登録は、法令遵守や消費者保護のための一定の基準をクリアしたことを示し、信頼性や安全性の観点からも重要な指標となっています。

つまり「闇金ではない」ということを意味していますよ。

違法な金利や取り立てはない

消費者金融、いわゆる「サラ金」を借りてしまうともう終わり・最後 というイメージを持っている人がいるかもしれませんが、今は規制がしっかりとしているので、消費者金融会社も無理な取り立てや違法な金利を請求することはありません。

消費者金融を含む貸金業者では、利息制限法という法律に基づき貸付額に応じた15%~20%の上限金利を定めています。

また上限金利20%を超える金利は、刑事罰の対象となるので罰せられてしまいます。

消費者は契約前に契約書や利用規約をよく理解し、自身の返済能力を確認することが重要です。

もし問題が生じた場合、消費者は適切な機関に相談し、自らの権利を守ることができます。

消費者金融は透明性と誠実性を重視し、合法的かつ健全な金融サービスを提供することが求められています。

カードローンとキャッシングの違い

カードローンは、現金を借りることに特化しているキャッシング専用のサービスを指します。対してキャッシングはカードに付帯している「キャッシング機能」とカードローンを含めて「現金が借りられる機能」を合わせて称していることもあります。

どちらもカードを使ってお金を借り入れるサービスですが、借入限度額や金利などで違いがあります。

例えばクレジットカードに付帯しているキャッシングよりもカードローンのほうが借入限度額が高く、さらに金利も低く設定されていることなどが挙げられます。

銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融の主な違いは、貸出しの法的基盤です。銀行カードローンは銀行法に基づき、銀行が提供します。一方で、消費者金融は貸金業法に基づき、専門の消費者金融業者が提供します。銀行法は銀行が預金を受け入れる権限と連携し、貸金業法は専ら貸し付け業務に特化しています。

そして銀行法には総量規制のような項目はなく、貸金業法にのみ設けられている条項です。

年収に対する貸付限度額や複数借入時の制限を設け、個人の経済的な負担を抑制しています。これにより、健全な貸し借りの環境を維持し、金融取引におけるリスクをコントロールしています。

具体的には「年収の1/3まで」という決まりがあります。たとえば、年収500万円の人なら、消費者金融で借りられるお金は、最高で年収の1/3の166万円まで借りられるという仕組みです。

ただし、本人の収入状況など複合的な理由で借りられる上限額は変わってきます。

銀行は審査を厳格化している

銀行は2016年に日本弁護士連合会から過剰貸付を指摘を受けて金融庁から立ち入り調査を受けています。

その結果、融資申し込みの際の審査を以前よりも厳しくしています。

銀行は借り手の信用リスクを最小限に抑えるため、収入や信用履歴、借入れ履歴などを徹底的に評価します。

収入の安定性や返済能力、過去の借入れ履歴の有無などが注視され、これらの情報を総合的に考慮して審査が行われます。

この審査の厳格化は、金融機関がリスクを管理し、安定した貸し出しを実現するための取り組みであり、不良債権の発生を防ぎ、金融システムの健全性を維持することを目指しています。

ただし、審査の厳格化が一方で信頼性のある借り手にとっても厳しい条件となることから、借り手は十分な情報を提供し、計画的な資金使いを心がける必要があります。

即日融資に対応していない

銀行は個人向け融資において即日融資を停止しています。

多くの金融機関は即日融資に対応していますが、一部の銀行や貸金業者は即日融資に対応していないことがあります。

これは、審査や手続きに一定の時間がかかるためです。銀行の審査では、警視庁のデータベースへの照会などで時間をかけて慎重に貸付するかどうかを判断していることが背景にあります。

通常、融資を受ける際には、申込から審査、契約手続き、最終的な融資までのプロセスがあり、これを即日で完了させるのは難しい場合があります。

銀行の審査時間は最低でも1週間となっており、融資を受けられるのは最短2週間から1ヶ月以上かかることも少なくありません。

また、一部の金融機関では、営業時間外や土日祝日には即日融資の対応が難しいこともあります。

個々の金融機関によって対応が異なるため、融資を検討する際には事前に各金融機関のサービス内容や対応時間を確認することが重要です。

個人の融資には消極的

銀行は一般的に、消費者金融と比較して個人の融資には慎重な姿勢を取りがちです。

これは、銀行が大規模で継続的な資金を管理し、安定性を維持するための戦略の一環です。

個人融資はリスクが高まる可能性があり、返済の不確実性や経済の変動に敏感であるため、銀行は慎重な審査プロセスを導入しています。

収入や信用履歴、借入れ履歴などが詳細に調査され、これに基づいて融資の可否や条件が決定されます。

また、銀行は企業向けの融資などでの取引規模が大きく、利益も見込みやすいため、個人融資に対しては比較的慎重なスタンスをとることがあります。

このような銀行の慎重な姿勢は、金融機関の安定性やリスク管理を図る一環として理解されています。

カードローンの金利の仕組み・金利の計算方法

カードローンの金利は、貸金業者や銀行によって異なります。一般的に、カードローンの金利は年率で表され、借り手が借り入れた資金の利用期間に対して適用されます。

金利は借り手の信用評価や返済能力、貸金業者の政策によって影響を受けます。

金利の割合が大きければ大きいほど、利息として元金に加えて返済する額が大きくなります。

金利から利息を計算する方法

カードローンの金利は通常、残高に対する年利率で計算されます。月々の利息は残高に年利率を適用し、その金額を12(か月)で割ることで算出されます。

従って、残高が大きくなれば利息も増加します。返済計画を立てる際には、金利や返済期間に注目し、総返済額を把握することが重要です。

借り入れ残高×金利÷365日×利用日数=利息

例えば、200万円を金利12%で借り入れし、50日間経過した時点での利息額を計算すると

2000000×0.12÷365×50=約2,465円となります。

多くの消費者金融・銀行カードローン会社では、公式サイトに返済シミュレーションができるので、借りる前に確認してみましょう。

金利の相場

消費者金融会社の金利は多様で、信用度や借入額によって変動します。一般的に、消費者金融の金利は銀行よりもやや高い傾向があります。

銀行
カードローン
メガバンク・銀行、信用金庫などの金融機関からの融資 金利相場:年1.5%〜年15.0%
信販系
カードローン
信販会社やクレジットカードの会社からの融資 金利相場:年4.5%〜年18.0%
消費者金融系カードローン 消費者金融会社からの融資 金利相場:年3.0%〜年18.0%

具体的な金利は各社で異なり、個別のプランやキャンペーンによっても変動します。

また、法律による総量規制があるため、個人の年収に対して一定の割合までしか融資できない制約もあります。

借り手は契約前に契約条件や金利をよく確認し、返済計画を慎重に立てることが重要です。

金利や貸付条件は消費者金融ごとに異なるため、具体的な情報は各社の公式ウェブサイトや資料で確認することが必要です。

消費者金融(カードローン)のメリット

担保なし・保証人なしで借入可能

消費者金融のカードローンは、担保や保証人が不要なため、手続きが迅速で利便性が高いです。

これにより、急な資金需要に対応でき、借り手の負担も軽減されます。信用評価や収入証明書が主要な審査基準となり、審査が比較的柔軟な場合があります。

また、借り手が一定の収入を持っていれば、担保や保証人の手配が不要なため、利用しやすい特長があります。

ただし、金利が高めの場合があるため、契約前に注意深く条件を確認し、返済計画を検討することが大切です。

場所や時間を問わず借り入れ&返済が可能

消費者金融のカードローンは、オンラインやATMを通じて場所や時間を問わず借り入れや返済が可能です。

インターネットを介した申込みやモバイルアプリを利用した手続きにより、24時間いつでも融資の申し込みができ、ATMや銀行口座を通じて返済も行えます。

これにより、急な支出や緊急の資金需要に迅速に対応でき、利便性が向上します。

物理的な来店が不要なため、忙しい生活や遠隔地にいる場合でも利用が容易で、返済計画を柔軟に調整できるのが特長です。

契約限度額の範囲内であれば何度でも利用可能

消費者金融のカードローンは契約限度額内であれば、何度でも利用が可能です。

一度契約した限度額内で借り入れができ、返済後も再度借り入れが可能なため、柔軟性があります。

これはリボルビング型クレジットと呼ばれ、利用者が都合に応じて繰り返し融資を受けることができる仕組みです。

急な支出や資金需要が生じた場合、限度額内であれば即座に融資を受けることができ、使途も自由度が高いのが特長です。

ただし、借り過ぎには注意が必要で、返済計画を確実に立てることが大切です。

入会費・年会費無料で契約できる

消費者金融のカードローンは、一部の商品では入会費や年会費が無料で契約できる利点があります。

そのため契約手続きにかかる初期費用が発生せず、利用者が負担するコストを最小限に抑えられます。

年会費・入会費が無料での契約は、利用者にとって手軽で魅力的な選択となり、追加の負担なく融資を利用できるため、急な資金ニーズに迅速に対応できます。

ただし、金利や返済条件には留意し、計画的かつ責任ある利用が重要です。

使いみちが自由

消費者金融のカードローンは、借りた資金の使いみちが自由であるというメリットがあります。

追加の説明や理由を必要とせず、利用者は借りたお金を自分の希望する用途に自由に使うことができます。

急な支出や突発的な経済的なニーズに対応する柔軟性があり、例えば医療費、教育費、旅行費など、様々な目的に資金を充てることが可能です。

ただし、借り入れ額には上限があり、計画的で責任ある利用が重要です。

消費者金融(カードローン)のデメリット

金利が高め

消費者金融のデメリットは、一般的に銀行よりも金利が高めです。高金利が負担を増し、返済総額が膨らむ可能性があります。

銀行カードローンは最大金利が15%程度であることに対し、消費者金融の場合は最大金利が18%程度になっているところが多いです。

したがって、契約前に金利や返済計画をよく確認し、慎重な利用が必要です。

年収の3分の1までしか借りることができない

消費者金融のデメリットは、総量規制が年収の3分の1までの借り入れを限定することです。

この制約は、個人の年収に対して借り入れ額が制限されるため、大規模な融資が難しくなります。

総量規制は借り手を保護するための規定であり、過剰な債務を回避し、返済能力を考慮して借り入れを制限します。

このため、急な大きな支出に対応するには他の手段や計画が必要であり、慎重な借り入れが求められます。

返済が滞ってしまうと信用情報に傷がついてしまう

消費者金融のデメリットの一つは、返済が滞ると信用情報に悪影響が及ぶことです。

返済の遅れや滞納が発生すると、これが信用情報機関に登録され、信用スコアが低下します。

低い信用スコアは今後の借り入れに悪影響を与え、金融機関からの融資が難しくなります。

また、他の借入先やクレジットカードの審査でも不利な条件が提示される可能性があります。

返済の滞りが長期間続くと、債務整理や個人再生などの手続きが必要となり、信用回復には時間がかかることもあります。

消費者金融を利用する際には、返済計画を慎重に立て、返済能力を確保することが重要です。

住宅ローンの審査に影響を与えることも

消費者金融の借り入れが多くなると、住宅ローンの審査に悪影響が及ぶ可能性があります。

住宅ローンの審査では、返済能力などがが注視されます。

消費者金融からの多重債務や滞納の履歴があると、信用情報に悪い記録が残り、住宅ローンの審査が難しくなります。

金融機関は長期的な借り入れに対してリスクを慎重に評価し、信頼性のある債務者であるかどうかを確認します。

消費者金融の借り入れが増えると、月々の返済負担が増大し、これが住宅ローンの返済能力に悪影響を及ぼす可能性があります。

従って、住宅購入を検討する際には、債務を適切に管理し、信用情報を健全な状態に保つことが重要です。

カードローンの利用手順

申し込み

カードローンの申し込み方法は大きく5つ程度あります。もちろん消費者金融会社によって設けられている方法は異なるので、必ず事前に確認しましょう。

  • web申し込み
  • 電話申し込み
  • 郵送申し込み
  • 店頭窓口申し込み
  • 自動契約機

上記の中でも最も簡単な方法はWebによる申し込みでしょう。

Web申込は、カードローンをオンラインで申し込む手順です。金融機関のウェブサイトで簡単な情報を入力し、必要な書類をアップロードして申込書を提出します。

審査後、結果がすぐに通知され、契約成立ならば指定口座に融資が行われます。

これにより、自宅や外出先など、いつでもどこでも手続きができ、利用者にとって迅速かつ便利な方法です。

なお、郵送による申し込みを選んだ場合は自宅や勤務先に消費者金融会社から郵送物が届くことが多いです。

もし家族や職場の人に借入がバレたくない人は郵送以外の方法を選んだほうがいいでしょう。

借り入れ

借り入れの手順では、契約成立後に実際にカードローンを利用します。借入れが必要な時にATMやネットバンキングを通じて、事前に設定された利用限度内で融資を受けることができます。

主な借り入れ方法は以下の通りです。

  • 口座振込
  • 店舗
  • 自社ATMや提携ATM
  • アプリのスマホATM

返済プランに基づき、指定口座に融資が入り、利用者は必要な資金を引き出すことができます。

なお最短即日での融資に対応している会社の場合、「最短〇〇分」と書かれてあることがあるので、確認しましょう。

もちろん申込状況によっては、その時間を過ぎてしまう場合があるので、あくまでも目安程度に考えておきましょう。

この段階では、利便性と迅速な資金調達がカードローンの特長となり、計画的かつ責任ある利用が求められます。

利用後は定められた返済期日に返済が必要であり、適切な返済計画を実行することが重要です。

返済

返済の手順では、借入れた資金を返済するプロセスが含まれます。

返済方法 特徴
口座引き落とし 自動的に返済される
インターネット返済 24時間好きなタイミングで返済可能
ATM 原則24時間利用可能
店頭 担当者に返済手続きの要確認をしてもらえる

通常、指定口座に給与が入る日や契約時に設定された返済日に、自動引き落としや振り込みによって返済が行われます。

利用者は口座に十分な残高を保ち、返済計画通りに返済を確実に行います。

一部のカードローンでは、利用者が任意で返済額を増やしたり、繰り上げ返済を行ったりすることができ、これにより利息負担を軽減することができます。

返済期限に気を付け、計画的で責任ある返済が大切です。

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法についてもう少し詳しく解説していきます。

ネット

ネット返済は、カードローンの便利な返済手段で、オンラインを通じて行われます。

利用者は指定のウェブサイトやモバイルアプリを利用して、いつでもどこでも簡単に返済を行えます。

必要な情報を入力し、指定口座から自動引き落としや振り込みによって返済が行われます。

これにより、手続きが迅速で、紙の書類や郵送物が不要なため、利便性が向上します。ネット返済は利用者にとって簡便で効率的な方法となっています。

口座引き落とし

口座引き落としは、カードローンの返済方法で、指定した銀行口座から自動的に返済額が引き落とされる仕組みです。

契約時に指定した返済日に、利息や元本が自動的に借入元の口座から引かれます。

この方法は利用者に手動で返済の手続きをする必要がなく、返済日になると自動的に行われるため、返済漏れのリスクを低減します。

利便性が高く、返済計画の実行を簡素化する点が特長です。

提携ATM

提携ATMを利用した返済は、カードローンの便利な返済方法の一つです。

契約した金融機関が提携しているATMを利用して、返済額を現金で支払うか、口座から引き落とすことができます。

これにより、利用者は自分の都合に合わせてATMを利用し、迅速かつ簡単に返済ができます。

提携ATMは銀行やコンビニエンスストアに設置されており、利便性が高いため、多様な場所で返済が可能です。

店頭窓口

店頭窓口での返済は、カードローンの手続きの一環で、契約した金融機関の店舗や提携店で行われます。

返済期日になると、利用者は指定の店舗に足を運び、窓口で担当者に返済額を支払います。

直接対話できるため質問があればすぐに解決でき、領収書の発行や取引の確認も容易です。

店頭窓口は対面サービスを提供し、利用者にとって安心感とコミュニケーションの機会を提供します。

初めてのカードローンを利用する人にとっておすすめではないでしょうか。

自分にあった消費者金融(カードローン)の選び方

金利

金利比較の重要性は、返済計画や借入総額に大きな影響を及ぼします。低金利を選ぶことで、月々の返済額が軽減され、長期的には総返済額が削減される可能性が高まります

そのため、借入金額が同じでも、金利が異なれば支払う利息が異なります。そのため、金利の差が総返済額に関係してくることを忘れないように!

そのほか低金利だけでなく、手数料や保証料、その他の費用も考慮する必要があります。

これらの追加コストが高いと、実質的な返済負担が増加します。金利だけでなく、総合的な費用を比較することで、最終的な選択がより合理的になります。

さらに、会社の信頼性や柔軟性も考慮すべきです。信頼性のある会社は、契約条件の変更や相談に対して柔軟に対応し、返済の負担を軽減することにもつながります。

返済方式や返済方法

返済方式と返済方法は、借入契約において決定される要点です。返済方式には、一括返済や分割返済、元利均等返済などがあり、これらは借入者が返済スケジュールを計画する上で重要な役割を果たします。

一括返済は一度に全額を返済する方法で、分割返済は定期的に一定額を支払う方法です。

元利均等返済は、元本と利息が均等に分かれる返済方法で、月々の返済額が安定します。

また、返済方法には銀行振込や口座引落しなどがあり、これらの選択は利便性やスケジュールに大きな影響を与えます。

借入者は自身の経済状況や返済計画に合わせて、最適な方式と方法を選ぶべきです。柔軟性や手数料、利息の変動なども考慮し、慎重な検討が必要です。

審査の速さ

審査の速さ、急な資金ニーズに直面する際に極めて重要です。

当たり前ですが審査スピードが速いほどは、借入者が素早く資金調達できることになるので、急務の支出や緊急の状況に対処するのに役立ちます。

審査の速さは、借り手が迅速に資金を手に入れ、必要な対応を即座に行うことを可能にする点で評価されます。

しかし、審査の迅速さだけでなく、適切な情報提供も同様に重要です。正確で十分な情報が提供されることで、審査プロセスが円滑に進み、借入者がスムーズに資金を得られるようになります。

審査速度と情報の正確性は、個々の金融機関や貸金業者を比較検討する上での要点であり、緊急時の頼りになるかどうかの判断にもつながるでしょう。

使いやすさ

申込や借入返済の使いやすさは、継続した利用や申し込みへのハードルを下げるなど重要なポイントになります。

例えば公式サイトの申し込みフォームやモバイルアプリのシンプルな設計、分かりやすい手続きは、利用者が円滑かつ迅速に申し込みや借入手続きを完了できることを意味します。

消費者金融では以下のような方法で申し込みができます。

  • インターネット
  • 電話
  • 自動契約機
  • 郵送

また、WebやATMからであれば24時間・365日いつでも利用できるところもあるので、「今すぐに融資を受けたい」というニーズをかなえてくれるところも探せます。

これらの使いやすさを見極めたうえで利用することは、時間を節約しスムーズに利用できるということです。

さらに、柔軟な返済オプションや自動引き落としの機能に関してみ要チェックです。

返済日を選べる・返済方法が豊富といったポイントは、個々の状況に合わせた支払いスケジュールを確立する上で重要です。

また、自動引き落としは返済の忘れを防ぎ、定期的かつ確実に返済を行う手間を軽減します。

使いやすいシステムは顧客が安心して融資を受け、返済を行うためにも見逃せない点となります。

無利息期間の有無

無利息期間の有無は、融資商品を選定する上での重要なポイントです。無利息期間がある場合、一定期間内の借入金に対して利息が発生しないため、返済負担が軽減されます。

これは急な支出や緊急の資金需要に対して有益であり、一定の余裕を持って返済計画を進めることができます。

ただし、無利息期間には条件や制約が存在し、その長さも異なります。また、条件を満たさない場合には高い利息が発生する可能性があるため、契約内容を十分に理解することが不可欠です。

借入目的や返済計画に合わせて、無利息期間の利用を検討し、最適な商品を選択することが賢明です。

短期的な資金調達においては特に、無利息期間の存在は経済的なメリットを提供する重要な要素となります。

なお、無利息期間の起算日は「契約をしてから」なのか「借り入れを始めてから」なのか異なるので、無利息期間を受ける際には条件などを詳しくチェックしておきましょう!

最短即日でお金を借りる方法

最短即日融資のカードローンに申し込む

最短即日でお金を借りるには、最短即日融資のカードローンが適しています。

カード
ローン
審査時間 融資までの
時間
アイフル 最短20分 最短20分
プロミス 最短20分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
最短20分
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
アコム 最短20分 最短20分
SMBC
モビット
最短30分 最短即日
レイク
最短60分 最短60分

ウェブサイトやモバイルアプリを通じてオンラインで申し込み、審査通過後に指定口座に融資が行われます。

素早く手続き完了し、緊急の資金ニーズにスピーディに対応可能。

しかし、金利や契約条件も検討が必要で、計画的で責任ある借り入れが肝要です。

限度額を50万円以下にすれば収入証明書不要

最短即日でお金を借りるためには、限度額を50万円以下に設定すれば、収入証明書が不要となることがあります。

通常、小額の融資では簡易な審査が行われ、収入証明書が不要となります。

この方法を選択すると、手続きが迅速に進み、急な資金ニーズに迅速に対応できる一方で、借り入れ額や金利には慎重に注意する必要があります。

申し込み後はコールセンターに連絡

最短即日でお金を借りる際、申し込み後はコールセンターが利用者に連絡を行います。審査や契約の進捗状況を確認し、必要な情報や確認事項をスムーズに処理するための手続きです。

各消費者金融カードローンの電話受付時間は下記の通りです。

アイフル
「お急ぎ対応」
9:00~21:00
SMBCモビット
「最速ルート」
9:00~21:00
プロミス 9:00~21:00
レイク 9:00~21:00
※日曜日のみ9:00〜19:00

このプロセスにより、迅速かつ円滑な対応が可能で、利用者は任意の疑問や要望に直接対応できるため、スムーズな契約締結と即日融資につながります。

時間帯ではお昼・夕方以降、時期では週の前半・月末が込みやすくなっている傾向にあるので、この時間をさけて申し込むのもいいでしょう。

周囲の人にバレないでカードローンを利用する

電話の在籍確認なしのカードローンに申し込む

電話の在籍確認なしのカードローンを利用する方法は、ネットを活用し、電話連絡を避けることができる消費者金融会社を選ぶことです。

これらのプロバイダはオンラインでの審査や申込みに焦点を当て、電話での在籍確認を省略します。

個人情報の入力や審査はウェブ上で行われ、迅速かつ効率的に契約が進みます。

ただし、こうしたサービスの金利や契約条件は慎重に確認が必要であり、返済計画を立てる際にも十分な注意が必要です。

バレずにカードローンを利用する際にも、計画的な借り入れをすることは忘れずに!

原則郵送物なしのカードローンを利用する

周囲に気付かれずにカードローンを利用するには、原則郵送物がないカードローンを選ぶことが重要です。

契約書や請求書を郵送せず、代わりに電子メールやオンラインアカウントで取引情報を提供します。

郵送物がないため、借り手は個人情報を守りながら利用でき、周囲にバレる心配が軽減されます。

ただし、オンラインでの取引においてはセキュリティに気を付ける必要があります。

また、契約条件や金利などを慎重に確認し、計画的かつ責任ある借り入れを心がけることが重要です。

アプリからWeb完結で申し込む

周囲に気づかれずにカードローンを利用するには、アプリからのWeb完結申し込みが非常に有効です。これは、スマートフォンやタブレットを利用して専用アプリから手続きを行う方法であり、その利点は複数あります。

まず、専用アプリを通じた申し込みは非常に簡便で迅速です。アプリをダウンロードし、必要事項を入力するだけで、審査から融資までのプロセスがスムーズに進行します。

これにより、手続きに時間をかけずに急にお金が必要になったときでも迅速に対応できます。

さらに、この方法では郵送物がないため、契約書や請求書などが自宅に送付される心配がありません。電話確認も少ないため、個人情報の保護が一層強化され、プライバシーがより安全に守られます。

ただし、利用者は金利や契約条件について慎重に確認し、自身の返済能力に合った計画的で責任ある借り入れを心がけることは忘れてはいけません。

アプリを利用する際にもセキュリティに留意し、安全に利用するように心掛けましょう。

消費者金融で審査甘い・緩いところはある?

消費者金融業界では一般的に、とりわけ審査が極めて甘いところは存在しません。

なぜなら、貸金業法や金融庁の規制に基づき、審査を適正に行うことが求められているためです。

適切な審査は借り手と貸し手のリスク管理を担保し、責任ある融資を実現します。

一部の消費者金融は審査基準において比較的柔軟で、他社よりも幅広い条件で融資を行うことがあります。

とはいえ、これも過度な借り入れや収入のない個人に対しては行われず、個々の信用スコアや収入などは依然として審査に影響します。

結局、借り手は慎重かつ計画的に借り入れを検討し、信頼性の高い貸し手を選択するべきです。

もしも審査が緩い業者があるとすれば、それは違法業者の可能性が高いので利用しないように!

カードローンの金利を抑える方法

借入金額が大きい人は上限金利を重視

借入金額が多い場合、消費者金融のカードローンを利用する際には、上限金利の重要性が増します。

銀行カードローン 上限金利(年率)
みずほ銀行
カードローン
14.00%
三井住友銀行
カードローン
14.50%
楽天銀行
スーパーローン
14.50%
横浜銀行
カードローン
14.60%
三菱UFJ銀行
バンクイック
14.60%
千葉銀行
カードローン
14.80%
オリックス銀行
カードローン
14.80%
auじぶん銀行
カードローン
17.50%

異なる消費者金融会社では上限金利が異なり、低い上限金利を提供している会社を選択することで、借り入れに伴う利息負担を最小限に抑えられます。

また、返済期間も検討し、短期間での完済を目指すことで、全体の利息額を削減できます。

ただし、借入額が増えるほど計画的な返済が不可欠であり、返済能力や生活費の充実度を考慮することが重要です。

総合的な検討を通じて、金利の低い消費者金融のカードローンを選び、返済計画を着実に実行することが鍵となります。

短期間の借入なら無利息期間を活用

カードローンの金利を抑える方法の一つは、短期間の借入れの際に無利息期間を活用することです。

一部のカードローン会社は新規契約時に特典として一定期間無利息で借りられるサービスを提供しています。

プロミス 30日間
アコム 最大30日間
レイク 最大180日間
アイフル 30日間
ダイレクトワン 55日間
ベルーナノーティス 14日間

この期間内に借り入れをし、期限内に全額を返済すれば、利息が発生せずに済みます。

期間を過ぎた場合でもその後から利息がかかるので、短期間での借入の場合はお得になることも。

無利息期間を利用することで、短期の資金調達において利息負担を軽減でき、効果的な節約が可能です。

ただし、契約内容や期間を十分に理解し、計画的な返済を行うことが肝要です。

返済期間を短くすれば金利を抑えられる

カードローンの金利を抑えるための方法の一つは、返済期間を短くすることです。

短期間での返済は、借り入れ期間が短いために発生する利息が低くなり、結果として総返済額が削減されます。

長期間にわたる返済では金利による負担が増加するため、できるだけ早期に完済することが金利の抑制に繋がります。

返済期間を短くする際には、自身の返済能力を考慮し、無理のない計画を立てることが重要です。

計画的かつ効果的な返済スケジュールを検討することで、金利を最小限に抑えることができます。

借り換えローンを活用

カードローンの金利を抑える手段として、借り換えローンを活用することがあります。

これは、他の金融機関やカードローン会社から借り入れている残高を、低い金利で提供される新たなカードローンで一本化する手法です。

借り換えにより、低金利のローンに切り替えることで月々の返済額を減少させ、総返済額を削減できます。

ただし、手数料や契約条件なども考慮し、借り換えが実際に得策かどうかを検討することが重要です。

計画的な借り換えを行うことで、金利の負担を軽減できる可能性があります

借り換えローンを使うメリット

総返済額を減らせる

借り換えローンを活用する最大のメリットは、総返済額の削減です。これは新しいローンの金利が、現行の債務よりも低い場合に実現します。

低金利で借り換えることで、毎月の返済額が軽減され、返済期間中に支払う総額が大幅に減少します。

また、複数の債務を一本化することで、返済計画が簡素化され、返済の見通しが明確になります。

これにより、適切な家計管理が可能となり、無理のない返済が実現します。

ただし、借り換えには手数料や諸費用がかかることがありますので、慎重な検討と計算が必要です。

全体のコストと利便性を総合的に考慮し、最適な選択をすることが重要です。

月々の返済額を減らせる

借り換えローンの大きなメリットは、月々の返済額を減らすことが期待できます。

これは、新しいローンの金利が現行の債務の金利よりも低い場合に実現します。低金利で借り換えることで、毎月の返済額が軽減され、家計の負担が軽くなります。

この結果、生活費や他の必要な支出に余裕ができ、返済プランを遵守しやすくなります。

さらに、複数の債務を一本化することで、利用するローンが一つにまとまり、返済計画がシンプルになります。

ただし、借り換えには手数料や諸費用がかかる場合があり、これらのコストも考慮に入れながら、月々の返済負担の軽減と全体の経済的メリットをバランスよく検討することが重要です。

利用限度額を増やせる

借り換えローンを利用する際のメリットの一つは、利用限度額の増加です。

通常、新しいローン契約において、借り換え先の金融機関が提供する利用限度額が、現在契約している会社の限度額よりも大きい場合もあります。

借り換えを行うことで、より多くの資金の借入が可能となります。(もちろん返済できる範囲で借りることが大切ですが)

利用限度額の増加は、急な支出や将来の資金需要に備える際に有益です。

新たなローン契約において、信用評価や収入状況が改善されていれば、金融機関はより大きな限度額を提供する可能性が高まります。

その結果、生活の変化や急な出費に柔軟に対応でき、資金使途の選択肢も広がります。

ただし、増額された限度額を慎重に管理し、計画的に利用することが重要です。

返済手段が広がる

借り換えローンを利用する際のメリットの一つは、返済手段の広がりです。

通常、借り換えを行うと、新しいローン契約に伴って返済オプションや条件が見直されます。

そのため、柔軟な返済計画を策定でき、個々の返済ニーズに合わせた返済手段が提供されることがあります。

例えば、月々の返済額を調整するためのフリープランや、追加返済や繰り上げ返済が可能なオプションが増えることがあります。

また、返済日の変更や一時的な支払い猶予など、柔軟な返済条件が提供されることで、借り手が自身の経済状況に合わせて効果的な返済プランを実現できます。

これにより、急な支出や予期せぬ変化にも臨機応変に対応でき、無理のない返済が可能となります。

ただし、借り換えに伴う契約条件の確認が重要であり、適切なプランを選択することが計画的な資金管理につながります。

おまとめローンの活用も検討する

借り換えローンとの違いは?

借り換えローンとは、既に借り入れている会社(A)から新しい会社(B)に契約を乗り換えるという借り方のことです。

対しておまとめローンとは2社以上の会社から借りている場合に、1つの会社にまとめて契約を結ぶ借り方のことを指します。

大きいくくりでいえば、借り換えローンの中におまとめローンという方法があるというイメージです。

そのほかに、消費者金融会社でのサービスを「おまとめローン」、銀行カードローンの場合「借り換え」という認識をされていることも。

会社のジャンルによっても呼び方が違うことがありますが、基本的には返済をしやすくするためにほかのローン会社と契約することを言います。

おまとめローンを利用するときに注意すること

ローン申込時には審査が実施される

おまとめローンを利用する際に注意すべき重要なポイントは、ローン申込時に行われる審査です。

おまとめローンも通常のローンと同様に、信用情報や収入状況などを元にした審査が行われます。そのため、以下の点に留意することが重要です。

まず、審査は個人の経済的な信用を評価するものであり、信用情報機関からの情報や収入証明書の提出などが求められることがあります。

そのため良好な信用履歴や安定した収入があるかといったことが審査通過のために必須といえるでしょう。

また、審査の結果によっては利用可能な金額や金利が異なるため、複数の金融機関やローン商品を比較し、自身の返済能力やライフスタイルに合った選択をすることが大切です。

審査通過後も返済計画を慎重に考え、無理のない範囲でローンを利用することが重要です。

返済期間が長くなる可能性がある

おまとめローンを利用する際、注意すべきポイントの一つは返済期間の延長です。

複数の債務をまとめて一本化することで、月々の返済額を減らすことができる一方で、新たなローン契約に伴って返済期間が長くなる可能性があります。

返済期間が長くなることで、総返済額が増加し、最終的な返済額が元本に比べて多くなることがあります。

これは利息が長期間にわたり発生するためです。

もし長期間の返済が必要な場合、総返済額を把握し、将来のライフプランに合った計画を立てることが大切です。

借り換えやまとめローンの際には、金利や返済期間などの条件をよく確認し、自身の経済状況に合った返済計画を検討することが重要です。

慎重な計画と適切な利用が、ローンを有効に活用するポイントとなりますね!

おまとめローンでは追加借入ができない

おまとめローンを利用する際に留意すべきなのは、通常、おまとめローンでは追加借入が難しい点です。

おまとめローンは、複数の債務を一本化するために設計されており、一度契約が成立すると新たな借り入れが制限されることがあります。

この特性は、元々の目的である複数の借入れを効率的に管理するためです。新しい借入れが必要な場合、通常の個別のローン契約が適している可能性があります。

追加借入れが難しいため、将来的な資金ニーズも考慮してローンの選択を検討することが重要です。

おまとめローンを検討する際には、将来の予測を含めて計画的に借入れ先や条件を比較し、自身のライフスタイルや資金繰りに合った選択を行うことが良い資産管理の一環となります。

消費者金融会社(カードローン)の審査基準

信用情報

カードローンの審査では、信用情報が重要な要素として考慮されます。

信用情報には過去の債務履歴や滞納の有無、クレジットカードの利用状況などが含まれます。

良好な信用履歴を持つと審査が有利に進み、逆に滞納や信用不良があると審査が厳しくなります。

クレジットスコアが高ければ低金利や高額融資も期待できます。定期的に信用情報を確認し、誤りがないか確認することも重要です。

審査基準をクリアするためには、良好な信用履歴を維持し、返済計画を慎重に考えることが必要です。

安定した収入

カードローンの審査において、「安定した収入」は重要な基準です。

安定した収入があることで、返済能力が確保され、貸し手は借り手が融資を適切に返済できるかを判断します。

審査では、収入の源泉や雇用形態、収入の安定性が注視されます。

正規の雇用や長期的な収入の安定があれば審査が通りやすくなります。自営業者や契約社員の場合でも、安定した収入を証明できる書類が求められることがあります。

収入の安定性を示すためには、雇用契約書や給与明細、確定申告書などを提出することが効果的です。

なお少額でも収入があれば、審査に通る可能性は高いと推測できるでしょう。専業主婦の方は「配偶者貸付」が利用できます。

属性

カードローンの審査において「属性」とは、個々の借り手に関する特定の属性や情報を指します。

これには、年齢、収入、雇用形態、居住地などが含まれます。審査では、これらの属性を総合的に評価し、信用に足りるだけの人物かどうかを判断します。

一般的なカードローン会社で求められる属性情報は以下の通りです。

  • 年齢
  • 職業・勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 家族構成
  • 家賃
  • 居住年数

例えば、安定した収入や長期の雇用歴は信用を高める要因となります。

また、居住地の安定性や過去の借入れ履歴も考慮されます。

これらの属性情報は、借り手が融資を返済できるかどうかを予測する材料として用いられ、信用スコアの向上や審査の合格に影響を与えます。

正確かつ適切な属性情報の提供が、良好な審査結果を得るために重要です。

他社からの借り入れ状況

他社からの借り入れ状況はカードローン審査の重要な要素です。すでに他の金融機関から多額の借り入れがあると、新たな融資に対するリスクが増加します。

審査では借り入れ額や返済履歴が確認され、過度な負債を抱えている場合は審査が厳しくなる可能性があります。

適切な借り入れ額と計画的な返済履歴があると、審査が通りやすくなります。

借り入れ状況を正確に記載し、計画的な借り入れを心掛けることが審査をスムーズに進めるポイントです。

消費者金融の融資審査に落ちてしまう理由

他社でも借り入れしている

まず理由としても多いのが、すでに2社以上の金融機関で借り入れをしているケースです。

この後説明する「総量規制」に引っかかってなければ、他社での借り入れは関係ないと思うかもしれませんが、実は金額や状況によっては他社での借り入れが理由で審査に落ちてしまうことも。

中でも気を付けるべきポイントは、返済を滞った事実になります。返済の滞った経験のある方は、個人信用情報機関に滞った事実が記録されているかもしれません。

総量規制に引っかかっている

他社で借り入れもしていないのに審査に落ちてしまったのはおかしい、というケースもあります。

この場合は「総量規制」が原因かもしれません。

他社の借入総額が年収の1/3以上に達している可能性が高いからです。

貸金業法の総量規制では年収の1/3以上の貸付を禁止しています。

この法律を遵守しなければ、貸金業者は罰則を受けることでしょう。

つまり、総量規制の対象者は消費者金融の審査に通過することは絶対にありません。

虚偽の申告をした

当たり前のことですが、借り入れ申し込みの際に「嘘をつく」ことはご法度です。

もちろん、意図的に嘘をつこうとしたわけではない場合でも要注意です。

申し込みの際に記載・入力した情報に間違いがないかどうかという点を確認することが大切です。

特に多くの人が気にしがちな「収入が少ない」ことですが、実は収入の多さは最も重要なポイントではありません。

収入が少ないことよりも、見栄を張って実際に稼いでいる以上の年収を書いてしまったり、身分を偽ったりするのもNGです。

年収が低くても、正直に本当のことを書いたほうが審査に通る可能性は高いです。

特に、年齢詐称は大きなマイナス評価となり、後から正確な数字を申告しても、審査落ちにされる可能性があります。

過去に金融事故を起こした

消費者金融は、信用情報機関に登録しており、そこから利用者たちの信用情報を常に閲覧できるようにしています。

信用情報は、利用したローンやクレジットカードの契約、借入状況、支払い状況などを記録している物で、その中にはさらに金融事故を起こした履歴が記載されています。

それらを審査の際には参照して、お金を貸し出していいかどうかを検討しているのですが、金融事故に関しては、発見されるだけで一発アウトになるものがほとんどです。

そのような金融事故の事故情報に当たるものは以下の四つになります。

まずは長期延滞です。多少の延滞であれば、一度や二度程度なら大した事故情報にはなりませんが、2か月から3ヶ月以上の滞納であったり、何度も何度も延滞を行ったりすると、長期延滞として記録が残ってしまいます。

次に「債務整理」に関する情報です。

借金を帳消しにする自己破産や、返済額を大幅に減少する個人再生などは、金融機関の視点からすると貸し倒れのリスクが高いとみなします。

のような債務整理の方法の中には一度行うだけでブラックリスト入りするものもありますし、ブラックリストから除外された後であっても、借入が難しくなるようなときもあります。

ブラックリストに入っている間は、ほぼ消費者金融での審査落ちになると思って間違いありません。

3つ目は「強制解約」です。強制解約とは、利用者が長期間返済を延滞している場合や、何らかの契約違反が原因で金融機関側から強制的に契約を解除されるというものです。

この場合解約された金融機関はもちろん、信用情報にも記載されてしまうためほかの金融機関でもこの情報は入手可能です。

それにより、要チェックユーザーとしてリストに登録されていることも。

最後に「代位弁済」というものも含まれます。これは保証会社が返済を本人に代わって建て替えたことを意味します。

代理に返済してもらった人というのは「返済能力がない」ということを意味するので、当然信用情報にもその情報は残ります。

以上のブラックリスト入りした条件は、条件によって記載される期間が異なります。1~5年、平均して5年間は情報が残ると思っていいでしょう。

収入がない・仕事をしていない

当然ではあると思いますが、収入がなく仕事をしていない場合、カードローン審査に通らないことがあります。

貸し手は返済能力を評価し、収入がないと返済が困難と判断されるためです。

安定した収入や雇用状態がない場合は、返済の保証が難しくなります。審査に通るためには、正規の雇用契約や収入を証明できる書類が必要です。

自営業者やフリーランスの場合も確定申告書などで収入を証明する必要があります。

収入がない状態では返済が難しいため、計画的な借り入れや返済計画の策定が求められます。

バイト・派遣社員などの非正規雇用

非正規雇用(バイト、派遣社員など)の場合、カードローン審査に通らない可能性が高まります。

貸し手は安定した収入を求め、非正規雇用の場合、雇用の不安定性がリスクと見なされることがあります。

定期的な収入や雇用契約の安定性を示す書類が提出できない場合、審査が厳しくなります。

しかし、一部の消費者金融会社は非正規雇用者向けの商品も提供しているため、雇用形態だけでなく、返済能力や信用履歴にも注意を払い、慎重な計画を立てることが審査通過の鍵です。

勤続年数が短い

勤続年数が短い場合、カードローンの審査に通らないことがあります。貸し手は長期的な雇用安定性を重視し、勤続年数が短いと雇用の不安定性が懸念されるからです。

通常、安定感のある勤続年数が長いほど審査が有利に進みます。

しかし、一部の消費者金融会社は勤続年数が短い場合でも柔軟な審査を行っていることがあります。

申込者は他の信頼性を示す情報や収入証明書を提出し、信頼性をアピールすることが大切です。

カードローンの審査に通らない理由を調べる方法

自分がなぜカードローンの審査に通らないのか思い当たるところがない」とお悩みの人もいるのではないでしようか。

そんな時は、審査に通らない理由をある程度調べることが可能です。

CICJICC全国銀行個人信用情報センターといった「信用情報機関」で情報の開示請求の手続きを踏めば、カードローン以外にもすべてのお金に関する記録が調べられます。

開示請求をすることで分かることは以下の3つです。

  • 名前、電話番号などの個人情報
  • 利用金額や残高などの利用情報
  • 支払い延滞といった利用に関する情報

開示請求は、スマホやパソコンからでき、個人情報・パスワードの入力と手数料が必要です。

信用情報機関は個人の信用履歴を管理しており、自身の情報を確認できます。

報告書を確認することで、過去の債務履歴や滞納情報、クレジットスコアなどが理解でき、審査に通らなかった理由が明らかになります。

これにより、問題の特定や修正が可能で、今後の審査に向けて改善策を考えることができます。

消費者金融のカードローン審査に通りやすくなるコツ

別のカードローン会社に申し込む

複数のカードローン会社に申し込むことで、審査通過の可能性が広がります。異なる消費者金融会社・カードローン会社の審査は独立して行われ、一つで通らなくても他での審査結果に影響しません。

同時に複数の申し込みを行うことで、選択肢が拡がり、条件の良いカードローンを選びやすくなります。

しかし、注意が必要で、同時に多くの申し込みを行うと信用履歴に悪影響を及ぼす可能性があるため、計画的かつ適度な範囲で行うことが重要です。

最低でも「半年ほど」の期間をあけてからにしてください。

自身の信用情報を確認し、条件や金利を比較検討した上で、複数の会社に申し込むことで、審査通過の可能性を高めることができます。

個人情報は正確に入力する

カードローン審査に通りやすくなるための重要なコツの一つは、個人情報を正確かつ丁寧に入力することです。

提出する情報が正確であることは審査の信頼性向上につながります。

名前や住所、電話番号、職業などの基本情報は特に注意が必要です。

誤った情報やタイプミスがあると、信頼性が低くなり、審査通過の障害になります。

また、収入や雇用情報も正確に記載することで、返済能力を示しやすくなります。

慎重な情報入力は円滑な審査を促進し、希望するカードローンを取得する際に役立ちます。

在籍確認の電話に出る

カードローン審査に通りやすくなるために重要な一環として、在籍確認の電話に敏速に対応することが挙げられます。

貸し手は提供された情報の正確性を確認するため、在籍確認を行います。

この電話に素早くかつ丁寧に対応することは、信頼性を高め、審査過程を円滑に進める鍵となります。

電話に迅速に出ることで、申込者の誠実さや信用度が向上し、貸し手はスムーズかつ迅速な審査を行えると判断します。

また、電話に出られない場合は、迅速な折り返しや別の連絡手段を提供することで、円滑なコミュニケーションをすることで審査通過の可能性を高めます。

審査する人もまた人間ですからね。常識的な返答ができるかどうかもポイントになるでしょう。

希望金額を下げる

カードローン審査に通りやすくなる秘訣の一つは、希望する融資金額を適切に設定することです。

融資希望額が高すぎると、貸し手は返済能力に疑念を抱く可能性があります。したがって、必要最低限の生活費や急な支出をカバーする程度の金額を申し込むことが賢明です。

計画的で適切な借り入れは、貸し手に安定感を与え、審査を通過しやすくなります。

また、自身の収入や支出を正確に把握し、将来の返済計画を考慮した上で、必要な額を設定することが重要です。

希望融資額を検討する際には、無理のない範囲で借り入れを計画し、返済の負担を最小限に抑えることが審査通過への道です。

他社からの借入を減らす

カードローン審査をスムーズに通過するための一つのコツは、他社からの借入を減らすことです。

複数の借り入れがあると、返済能力に対する不安が生じ、新たな融資に対するリスクが増加します。

そのため、可能であれば他社からの借入を整理し、未完済の借り入れを減少させることで、貸し手に安定感を与え、審査を有利に進めることができます。

また、借り入れの履歴や返済状況を整理しておくことで、信用履歴が良好になり、新たな融資に向けた信頼性が高まります。

勤務先への在籍確認なしでカードローンを利用する方法

電話連絡なしのカードローンに申し込む

在籍確認なしでカードローンを利用するためには、電話連絡が不要な会社に申し込むことがポイントです。

これには、一部のカードローン会社がWeb完結での申し込みを受け付け、書類提出やオンライン審査によって在籍確認を行う仕組みがあります。

これにより、電話での確認が不要となり、申込者のプライバシーが守られます。

ただし、注意が必要で、この方法を利用する際には各会社が提示する条件や審査基準を確認し、必要な情報を正確に提供することが重要です。

コールセンターに連絡する

在籍確認なしでカードローンを利用する際に、電話連絡が不要なカード会社に申し込んでも、場合によってはコールセンターからの連絡があるかもしれません。

この場合、事前にカード会社に連絡して在籍確認が電話でなくメールや書類で行えるように交渉することが重要です。

電話連絡を避けるため、柔軟な対応をお願いし、必要な手続きをスムーズに進めることが求められます。会社によって異なりますが、以下のような書類の提出が必要になります。

  • 社員証
  • 雇用契約書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 社会保険証(社名あり)

つまり、申込者が本当に申告した会社に所属していることが証明できればいいということです。

なおパート・アルバイトの場合は、社員証・社会保険証がない場合もあるので、「給与明細書」を持っておくと良いでしょう。

しかし、各カード会社の方針には個別の違いがあるため、事前にしっかり確認し、円滑な申込みを心掛けましょう。

融資額を少額に設定する

在籍確認なしでカードローンを利用するための方法の一つは、融資額を少額に設定することです。

少額の融資額は貸し手にとってもリスクが低く、返済能力を示しやすくなります。

申し込む際には、急な支出や緊急の資金需要に対応できる範囲で借り入れ額を設定しましょう。この方法は、審査通過のハードルを下げ、在籍確認の免除をより容易にする一因となります。

ただし、必要な金額を確保できるよう注意深く計画し、無理のない返済プランを考えることが重要です。

カードローン在籍確認のタイミングや内容

在籍確認のタイミング

カードローン審査における在籍確認の流れは以下のようになります。

  1. 申し込み
  2. 年収や信用情報の調査
  3. 在籍確認
  4. 利用開始

在籍確認は、審査の過程としてカードローンに申込み手続きをおこなってから審査完了前に行われるのが一般的。

審査の途中で、借り手の勤務先や所在地を確認するために、カード会社や消費者金融が電話で連絡を試みることがあります。

通常、審査が進行中に在籍確認が行われ、これにより提供された情報の正確性や借り手の信用性を確認します。

在籍確認は申込者が提供した情報が正確であるかどうかを確認するための手段であり、審査通過の一環です。

申込者本人が電話対応する必要はない

カードローンの在籍確認では、申込者本人が電話対応する必要はない場合があります。

一部の会社は、代わりに電話で確認する際にコールセンターに連絡することがあります。しかし、事前に会社の方針を確認し、在籍確認に関する手続きが電話対応なしで進むように調整することも可能です。

書類提出やメールでの確認など、様々な方法がありますが、重要なのはプロバイダとのコミュニケーションを円滑に行い、審査プロセスをスムーズに進めることです。

どうしても審査が通らない場合の方法

クレジットカードのキャッシング

審査が通らない場合、クレジットカードのキャッシングを利用する方法として、他の金融商品を検討することがあります。

ただ、キャッシング枠がなかったり、そもそもクレジットカードを持っていなかったりすると、審査を受けなければならないので注意してください。

質屋に高価な商品を持ち込む

審査が通らない場合、質屋に高価な商品を持ち込むことが一つの手段です。審査が不要で、持ち込んだ品物を担保に現金を借りる仕組みです。

高価な時計、宝石、ブランド品などを質草に預け、一定期間内に返済すれば品物は返されます。

ただし、質屋は利息が発生するため、返済計画を慎重に考え、必要ならば他の選択肢も検討することが重要です。

ゆうちょ銀行の定額貯金を担保に融資

審査が通らない場合、ゆうちょ銀行の定額貯金を担保に融資を検討することがあります。

定額貯金を設定し、それを担保にして融資を受けることで、信用情報や収入に制約のある場合でも借り入れが可能です。

ただし、ゆうちょ銀行によっては担保融資の制度が異なるため、事前に条件や手続きを確認し、返済計画を慎重に考えることが重要です。

貸付回数に制限はないですが、預け入れたお金の90%までが上限となっているので限度額には注意しましょう。

国の制度を頼る

審査が通らない場合、国の制度を頼る方法として、生活保護や福祉制度を検討することがあります。

これらの制度は、生計が困難な状況にある人々に対して経済的な支援を提供しています。

自治体により条件や手続きが異なるため、審査通過が難しい場合は、相談窓口や役所で相談し、適切な支援を受けることが重要です。

生活保護や福祉制度は緊急時の経済的なサポートを提供し、生活の安定を図る一助となります。

消費者金融についてよくある質問

消費者金融系カードローンとは?

消費者金融とは、一般の個人に対して融資を行っている業者のことです。以前は「サラ金」と呼ばれたこともあります。

申込みや審査が比較的スムーズで、対象者には短期的な資金ニーズに対応できる柔軟性があります。

通常、カードを利用して借り入れや返済が行われ、返済プランや金利などが事前に明確に示される特徴があります。

しかし、金利が比較的高いことや適用される法律が銀行とは異なるため、利用する際には契約内容を慎重に確認することが必要です。

消費者金融は危ない?

消費者金融の利用について「危ない」というイメージがついているのは「グレーゾーン金利」の問題が背景にあります。

「グレーゾーン金利問題」とは、法定金利を上回りつつも、貸金業法の規制を逃れる手法で高金利な融資を行う問題を指します。

以前、利息制限法の上限金利(20.0%)を超える金利で融資をしても、出資法の上限金利(29.2%)を超えなければ、刑事罰の対象外となっているため、多くの消費者金融会社が上限金利である29.2%に近い利率を貸していました。

そういった背景から、貸金業法が改正されグレーゾーン金利が廃止され、現在は最大20.00%までとなっています。

貸金業法では、法定金利の上限を設定しており、これを超える金利での融資は違法です。

しかし現在は法律で金利の上限が決められているので、それ以上の金利を要求する消費者金融会社は存在しません。

審査なしで融資が受けられる?

結論からいえば、審査を受けないでお金を借りることはできません。すべての貸金業者は申込者に対して「審査」を行うことが義務付けられているからです。

そのため、もし「審査なしですぐに融資可能」と宣伝している金融会社を見かけた場合、それは「闇金」と呼ばれる違法業者の可能性が極めて高いです。

また「審査が甘い・緩い」という言葉も法律では禁止されているので、この文言を使っている業者も利用してはいけません。

カードローンの審査に落ちたらもう借りられない?

審査に落ちたからといって、申し込んだ会社に二度と申込ができないというわけではないです。再度申し込むことは可能ですが、時間を空けずに申し込んでもほぼ確実に審査に通ることはないでしょう。

もし審査落ちした場合は、その会社への再度申込は最低でも半年程度は開けておきましょう。

なぜなら、信用情報機関に申し込んだという記録自体が半年間は残ってしまうからです。

半年までの間に、年収などの属性を再度見直してもう一度申し込んでも大丈夫かを検討しましょう。

もし検討しても落ちた理由が思い当たらない場合は、信用情報機関へ情報開示を請求してみましょう。

まとめ

消費者金融おすすめを紹介していきました。大手~中小など、日本には様々な消費者金融がサービスを提供しています。

会社によってはWebですべて完結できるものから、無利息期間を用意しているところなど、会社によって特色が異なります。

返済方法も豊富なところや、郵送物なし・ポイントが貯められるカードローンもあるので自分にあった会社を見つけることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

当サイト人気No1!初めて借りるならプロミス!
当サイト人気No1!初めて借りるならプロミス!